【リノベーション倉庫⑤】100年以上の歴史を刻む「ザ・リアルマッコイズ」本社。|兵庫・神戸

最終更新日 2021.10.24 公開日 2020.11.12

神戸港にある巨大な倉庫に社屋を構えるザ・リアルマッコイズ。ブランドの世界観を色濃く投影した重厚な内外観は見る人を圧倒する空間を形成していた。ショップと異なりなかなか見る機会のない、本社オフィスのなかを紹介しよう。

オフィスの枠を超えた、仕事と趣味が同居した圧倒的な世界観。

ミリタリーウエアやレザーブランドBUCOなどを手掛ることで知られるザ・リアルマッコイズ。全国にある直営店に足を運んだことがある人ならば、重厚な世界観を作り出していた内装をイメージしやすいだろう。今回紹介する本社オフィスは、その規模を何倍にも広げた圧倒的な空間を作り込んでいた。

リベットが打たれ、褪色した青い塗装が印象的な大きな鉄扉。その脇に設置されたランプも潮風で錆びていて、ファサードからもマッコイズの世界観がにじみ出ていた

神戸港にある倉庫の一角にその建物はある。重い鉄の扉を開けると、そこは別世界。アンティークのインテリアやアートなどが飾られた、驚愕の空間が広がっていた。

右の鉄扉を開けると広がる巨大な空間は、パーティルームとして利用している。コンクリートで作られた左右の棚には、アンティークのテーブルウエアや雑貨など辻本氏のコレクションが陳列される

なにより建物自体にも歴史があり、築年数は約100年。輸入穀物を扱う保税倉庫として大正時代に建てられた建築だという。現在はペンキが塗られてシンプルに見えるが、内装の壁の作りに注目すると杉板の木枠の跡が残り旧い施工方法で作られたことがわかる。

「趣味と仕事に境界線を引かない」という辻本氏の信条が具現化されている応接室。部屋にはオーディオ、カメラ、ヴィンテージのハリバートンといった趣味のアイテムに囲まれる。また壁に並ぶアンディ・ウォーホルを始めアートはすべてオリジナルというから驚き!

「最初は柱しかない広い空間だったんです。歴史的な建物ということで、当時のディテールを残したかったという想いもあったので、空間を仕切るためのコンクリート壁を作っただけ。その分アンティークの家具などを詰め込んで自分好みの空間に仕上げています」

と当時の思い出を語ってくれた代表の辻本仁史氏。本社機能の他にも、ガレージやオーディオルームなど氏の趣味を反映させた空間も設置されている本社オフィス。まさに倉庫だからこそできる使い方を楽しんでいた。

奥に鎮座するオーディオは’50年代JBLハーツフィールドで手前は’60年代 ALTEC。大のオーディオ好きである辻本氏らしいセレクションとなっている
天井裏のスペースには映画館さながらのシアタールームが。JBLやマランツ、ヴィンテージのマークレビンソンといった極上のAVシステムを構築
ガレージにはショートホイールベースの最終型である’67年式ポルシェ911Sを始め、VWタイプ2など旧車が目立つ。奥には現行車両のバイクが置かれる
サーフボードコレクションも圧巻。ジーン・クーパーやスキップ・フライが手掛けたロングボード。この一角だけでもフ ァン垂涎のプロダクツが並ぶ
高い天井へ伸びる螺旋階段。あえて塗装を剥いだベアメタル仕様が歴史ある倉庫の佇まいにマッチ。天井裏のシアタールームにアクセスできる
オフィス入口付近に置かれる辻本氏があつらえた薪ストーブ。上部にはピザが焼ける窯も設計した特別仕様。重厚な雰囲気を演出する一角となっている
オフィスの各部屋に繋がる扉の上には大きなハンティングトロフィが飾られる。この様な広い空間を持つ倉庫だからこそ似合うといえる
別棟の倉庫にあるもう一つの応接室。シンプルなインテリアだけに、家具の一つひとつの存在感が際だつ。まるでショールームのような空間となっている

もはやオフィスという概念を超越した空間で、全てにこだわる姿勢は、まさにザ・リアルマッコイズの世界観を忠実に再現していた。「外国人がここに来ると必ず“AMAZING!”って叫ぶんだよ(笑)」というエピソードにも納得。

▼全国のリノベーション倉庫をチェック!

【リノベーション倉庫①】サイクリストの聖地に生まれ変わった第二次大戦中の海運倉庫|広島・尾道

【リノベーション倉庫①】サイクリストの聖地に生まれ変わった第二次大戦中の海運倉庫|広島・尾道

2020年10月18日

【リノベーション倉庫②】ゴミ集積所の家具や廃材を再利用!ゼロ・ウェイスト宣言を象徴するブルワリー。|徳島・上勝町

【リノベーション倉庫②】ゴミ集積所の家具や廃材を再利用!ゼロ・ウェイスト宣言を象徴するブルワリー。|徳島・上勝町

2020年10月19日

【リノベーション倉庫③】元・除虫菊の保管庫をリノベした、海沿いのトタン倉庫カフェ。|和歌山・有田

【リノベーション倉庫③】元・除虫菊の保管庫をリノベした、海沿いのトタン倉庫カフェ。|和歌山・有田

2020年10月26日

【リノベーション倉庫④】築100年の大阪港赤煉瓦倉庫を同時代のクラシックカーで彩る博物館。|大阪・大阪市

【リノベーション倉庫④】築100年の大阪港赤煉瓦倉庫を同時代のクラシックカーで彩る博物館。|大阪・大阪市

2020年11月05日

【リノベーション倉庫⑥】西海岸風な美容室&自転車屋がコラボした「TAS PARK タスパーク」。|茨城・つくば

【リノベーション倉庫⑥】西海岸風な美容室&自転車屋がコラボした「TAS PARK タスパーク」。|茨城・つくば

2020年11月26日

【リノベーション倉庫⑦】オールドウイスキーが眠るモルトバー「SILENCE BAR」。|香川・丸亀

【リノベーション倉庫⑦】オールドウイスキーが眠るモルトバー「SILENCE BAR」。|香川・丸亀

2020年12月03日

【リノベーション倉庫⑧】約40年前に作られた鉄工所をリノベしたカフェ。|東京・二子玉川

【リノベーション倉庫⑧】約40年前に作られた鉄工所をリノベしたカフェ。|東京・二子玉川

2020年12月17日

【リノベーション倉庫⑨】英国、バイク、レザージャケット……ヴィンテージ感に溢れる巨大倉庫。|富山・富山市

【リノベーション倉庫⑨】英国、バイク、レザージャケット……ヴィンテージ感に溢れる巨大倉庫。|富山・富山市

2020年12月24日

【リノベーション倉庫⑩】北海道にある、木造倉庫を利用した温もりカフェ「タムラ倉庫」|北海道・札幌

【リノベーション倉庫⑩】北海道にある、木造倉庫を利用した温もりカフェ「タムラ倉庫」|北海道・札幌

2020年12月31日

【リノベーション倉庫⑪】大谷石の元倉庫群を改装した、素材感で魅せる大空間モール。|栃木・宇都宮

【リノベーション倉庫⑪】大谷石の元倉庫群を改装した、素材感で魅せる大空間モール。|栃木・宇都宮

2021年01月07日

▼こちらもおすすめ!

世界に名だたる大企業もその始まりは倉庫やガレージだった!

世界に名だたる大企業もその始まりは倉庫やガレージだった!

2020年10月17日

(出典/「Lightning 2018年2月号 Vol.286」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。