「ATTRACTIONS」代表・西崎智成さんに学ぶ! 革の仕上げの違いで変わる革ジャンの魅力。

  • 2022.04.26
  •              

革やなめしの種類、デザインなど、革ジャンを選ぶ条件は様々だが、経年変化に注目するのであれば、レザーの質感には“仕上げ” が大きく影響する。今回は渋なめしのホースハイドに4 種類の仕上げを施したビルトバックのレザーで、それぞれの仕上げの特徴を説明しよう。

「ATTRACTIONS」代表・西崎智成さん

’40 ~’50sの革ジャンをこよなく愛するレザー愛好家。タンナーや加工工場を歩き回り、現場から得た知識をビルトバックのレザーにフィードバックしている。

着込んだ先のレザーの質感を左右する鍵は“仕上げ”にあり。

レザーの経年変化は革ジャンを着る醍醐味のひとつだが、新品の状態では着込んで育った先の表情がイマイチわからないのが革ジャン選びの悩ましいところ。もちろん普段のメンテや着方の影響も大きいので、「この革ならこうなる」と一概には言えないのだが、レザーの仕上げの工程は、経年変化の方向性を決めるひとつの指標になる。つまり、思い描く理想の経年変化像があるならば、仕上げには必ずこだわるべきなのだ。

まず、仕上げと言っても想像しにくいかもしれないが、仕上げは簡単に言うと着色時、または着色後に行われる作業工程で、レザーの表面となる部分に何を使ってレザーをコーティングするかというコト。その工程によって、シボの現れ方や退色のしやすさ、柔らかさなど、様々な個性が生まれるので実は経年変化ラバーにとっては非常に重要なポイント。

一生付き合うことになるかもしれない相棒を手に入れるその前に、理想のレザーの仕上げについて真剣に考えてみよう。

透明感が強く、シボが強調されるカゼインフィニッシュ

卵白のような仕上げ材をトップに使用するカゼインフィニッシュ。ラッカーと同様クリアだが、より自然な質感で、レザーがラッカーに比べて柔らかくなりやすいので、肉厚なレザーのライダースなどでよく採用される。表面の膜の透明度が高いため、レザーの本来の表情を大切にしながらも艶感が強く、シボ感や皺がハッキリと現れやすいのが特徴だ。

BILTBUCK/Horsehide Johnson Riders Jacket|アビエイターやスポーツジャケットから進化を遂げ、ライダースのスタイルが確立された初期のデザインを彷彿とさせる1着。Dポケなし4ポケットのクラシカルなスタイルで、長めの袖ジッパーが袖の上側に付いているので、バイクの外装に干渉する心配が少ないのも見所だ。21万7800円

1940s〜’50sのヴィンテージに多く見られるラッカーフィニッシュ

染料染めの上にクリアのラッカーを吹き付けて仕上げたホースハイド。表面に透明の膜ができるため水に強く、’40s~’50s頃のレザージャケットに多く採用された。膜が厚いため着始めはややハードな着心地で、透明の膜によって銀面の凹凸がキラキラしたような光沢を持つ。擦れやすい部分は染料が剥がれるような荒々しい経年変化が見られる。

BILTBUCK/Grizzly Jacket|1930sの冬季用スポーツジャケットをモチーフとしたグリズリージャケット。上質な毛並みのシープムートンと光沢感が強いラッカーフィニッシュのホースハイドのコントラストが美しい。着込むほどにホースハイド部分は艶が増し、塗料が削れるように変化する豊かな表情を見せてくれる。20万6800円

艶を抑えたしっとりとした質感のオイルフィニッシュ

天然のオイルでトップを仕上げたレザーはしっとりとしてマットな質感になるのがポイント。レザーが柔らかく馴染みが良いので、細かい皺が浮き出て、擦れる部分は光沢が出やすい。マットなため艶感のコントラストが味わいやすいのがオイル仕上げ特有の色気と言える。オイルの種類によって耐久性は様々だが、乾燥しにくいのも魅力である。

BILTBUCK/Horsehide Royal Half Coat|ドレッシーなシルエットがエレガントな空気感を醸し出すハーフコート。シンプルなデザインゆえに着こなしの幅も広く、綺麗めなレザースタイルにもマッチする。油分をたっぷり含むホースハイドの質感は、大人な雰囲気の中にダイナミックな経年変化のポテンシャルを秘めている。20万6800円

本来のレザーの風合いを味わいやすい素上げ

渋なめしのホースハイドに手塗りで染料の着色を施し、その上に仕上げ材を加えない素上げのフィニッシュ。表面に膜となるモノが何もないため、乾燥しやすく退色しやすいという特徴があるが、その分レザーが本来持っている表情を味わいやすい。色味やシボ感など、着込むほどに現れる経年変化をダイレクトに感じられるのが最大の魅力だ。

BILTBUCK/Horsehide Stallion Jacket|ライダース誕生以前のスタイルをイメージしたスポーツジャケット。無駄のないシンプルなスタイルが、素上げのホースハイドの存在感を引き立てている。光の具合で色味の見え方が変化するほど繊細なレザーで、色落ちしやすく、ムラ感のある素上げ特有の質感の変化を楽しめる。18万4800円

【問い合わせ】
アトラクションズ
TEL03-3408-0036
https://attractions.co.jp

情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典「Lightning2022年1月号 Vol.333」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア