エイジングを楽しむためのヴィンテージRED WING(レッドウィング)講座。

新品のブーツ履き込んで、一からアジを出すのもエイジングの楽しみなら、ヴィンテージブーツでエイジングを楽しむ方法だってある。今回は、日本屈指のヴィンテージブーツ専門店、ホープスモア代表の福嶋さんに、ヴィンテージの中でもレッドウィングに焦点を当てそのエイジングの楽しみ方を教わったぞ。

「ホープスモア」代表・福嶋紀彦さん

ブーツ好きが高じて、2010年に東京・三宿にユーズドブーツ専門店ホープスモアをオープン。ヴィンテージ・レッドウィングの知識の深さはまさに世界有数で、ショップには日本はもとより世界から人が訪れる。

年代によって全く違うデザインを楽しむ。

1984年のこちらのモデルもオロラセットだが、ゴールドの色調が強い。この後、’90年代に向かいにつれ、赤が強くなる

「ホープスモアでは、1990年代のレッドウィングをメインに、3000足近くのストックがあります」と福嶋さん。多くの旧いレッドウィングを見てきただけあり、その知識は相当なもの。

「当時のデッドストックなども扱っていますので、それを買って履き込むのも楽しいですよ。いまでは手に入らないモデルや、いまとは革色や革質の違うモデルもありますから、昔のモデルならではのエイジングが楽しめると思います」

オロラセットは年代でこんなに違う!

「一口にオロラセットと言っても、黄色がかった色味のものや、赤の強いものもあり、バラバラなんです。こんな違いに注目するのも楽しいですよ」と福嶋さん。

ハンティングブーツとして1952年に発売された8インチ丈の♯877の人気を受け、6インチ丈でリリースされたのが♯875。当時のオロラセットはゴールドの色調が強く、そのカラーがアイリッシュセッターの由来ともなるのだが、オロラセットレザーは年代や個体によっても色の振れ幅が大きく、オレンジがかったものや赤茶が強いものまで、様々存在している。難しいことは考えず、自分好みのオロラセットを手にしてみるのもいいかも。

PT91に見る、エンジニアの茶芯の違い

♯2268エンジニア(PT91)の茶芯の違いについてみていきたい。上の2足が’94年の♯2268、下の2足がともに’98年の♯2268。明らかに革質と茶芯の出方が違うのがわかるだろう。福嶋さんによれば、通常、レッドウィングの革はS.B.フット社の革を使うが、’90年代前半には別のタンナー、フィスタ—フォーゲル社の革を使っていたという。上下ともに、左の写真が茶芯の出た状態だが、一口に茶芯と言っても、出方や風合いは全く異なるのだ。

いわゆるPT91前期と言われる時 代の’94年3月の♯2268。この革は フィスタ—フォーゲル社の革の可能性が高い。同社は妊娠・出産をしていない牝牛の革(フェファレザー)の革を使っており、一旦茶に染めてから黒に染めたと思われる。その証拠に右の未使用品のつま先からは、うっすらと茶が覗き、左も擦れて茶が出たというより、表面の黒が退色し、下地の茶が出てきた感じ
こちらはPT後期の刺繍タグが付く’98年の♯2268。これが、一般的に見られるPT91の茶芯。これは、レッドウィングのタンナー、S.B.フット社のもの。こちらはステアハイドを使用しており、光沢感に違いが出るのは、元の革が違うからだと思われる。何が茶芯か、という定義は非常に難しいが、一度茶に染めているフィスタ—フォーゲル社の革は、紛れもなく茶芯である

「茶芯が多いということでPT91は人気ですが、’90年代前半と後半とでは、明らかに革質が違い、芯の出方が違うんです。調べたところによると、どうやら’90年代前半の革はタンナーが違うらしい。ブーツを履くのも楽しいですが、こうした謎を調べるのも楽しいですよ(笑)」

(出典/「Ligthning 2021年12月号 Vol.332」)