BARのマスターに聞くウイスキーを飲む正しい順番とは? 知っておきたいウイスキーの基本。

  • 2023.07.04

お店にはたくさんのウイスキー が並んでいる。どれを飲んだらいいのか迷ってしまうこともあるだろう。でも思いつきでお酒を選ぶのも何か違う気がする。ということで、ジャパニーズウイスキー専門バー「Shot Bar ゾートロープ」のオーナーの堀上敦さんに伺った。

「Shot Bar ゾートロープ」オーナー・堀上敦さん|東京・新宿にあるジャパニーズウイスキー専門バー「ゾートロープ」のオーナー。若い頃はスコッチやバーボンを飲んでいたが、日本のウイ スキーに出会ってその美味しさを知った

飲んだお酒を全部美味しく飲むためには順番が大事。

ウイスキーを飲む順番ってあるんですか?

「順番はありますね。アルコール度数であれば、低いウイスキーから徐々に上げていくことをおすすめします。最初に度の高いものを飲んでしまうと、次に飲むウイスキーの味がわからなくなりますし、その後軽い方へは戻りにくいですよね。あと味も同じです。

よくお寿司やさんに例えるんですけど、最初に大トロや穴子を注文されて、次に『おすすめは?』なんて聞かれたら白身魚とか勧められないじゃないですか。それと同じで、最初に『ピーティ(スモーキ)なウイスキーください』って言われると、次に別のお酒を飲んだときも『スモーキーだね』となるので、おすすめできるものは、やっぱりピーティなものになっちゃいます」

では、一度スモーキー・ハードな方向に行ったけど、元に戻りたい場合はどうしたらいいですか?

「そういうときは、ビールとかハイボールとかで、口の中をリセットしたらどうかと提案しますね。お寿司やさんの“ガリ”のようなものです。あとよく言われるのは、店内のお酒を見て『それなんですか?』と聞かれるので説明すると、『じゃ、次それお願いします』ってなることがあるんですが、いまお客さんが飲んでいるものによっては、『そのお酒の後じゃない方がいいと思いますよ』と説明することもありますね」

せっかく飲むのだからお酒は全部美味しくいただきたい。飲む順番を大切にしながら楽しもう。

【ポイント】アルコール度数

まずアルコール度数の話から。ビールのアルコール度数は39%、ワインが1015%、日本酒が15%前後、焼酎が2030%、そしてウイスキーは4060%と、 ウイスキーは他のお酒よりもアルコール度数が高い。だからなおさらなのだが、アルコール度数が高いものを一番最初に飲んでしまうと、その度数が強すぎてずっと残ってしまい、次に飲むウイスキーの味がわからなくなってしまう。理想はアルコール度数が低い40度から飲んで、徐々に高くしていくのがおすすめだ。

【ポイント②】味や香りのテイスト

ウイスキーの味やテイストもアルコール度数と同じことがいえる。たとえば最初にピーティなものを口にするとと、次にそれよりもソフトで軽いものを口にしたときに、前のピーティな香りや味が残っているので、完全に負けてしまう。順番としては、ライトなものやソフトなウイスキーから飲み始めて、徐々にハードにしていくことで、すべてが美味しく飲める。もしハードなものを口にしたあと、戻りたい場合は、ハイボールやジントニックなどで口の中をリセットするのがおすすめ。

(出典/別冊Lightning Vol.214「ウイスキーブック」

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部