冬の革ジャンにはインナーダウンが正解! 革ジャンを真冬に着る術教えます。

革ジャン好きなら誰もが知る事実、それは「冬に革ジャンはあまりに無力だ」ということ。革ジャンは、遮風性はあるが保温性・防寒性はほぼなく(ムートンを除く)、冬になると戦力外通告を出されてしまう悲しい運命にある。しかし、それではあまりに惜しい。そこでここでは、革ジャンの下に着る「防寒インナー」について考察したい。寒さに負けない革ジャンの着方を、みんなでマスターしよう!

【ポイント①】Vゾーンを制する者、防寒インナーを制す!

防寒インナーを選ぶ際、革ジャンの下に着てもモコモコしすぎない薄手かつ保温性の高い、いわゆる“ハイテク素材”を使ったものを選ぶのがベター。その時に注意したいのがV ゾーンだ。革ジャンの胸元からインナーがどう見えるかで、スタイリングの印象が変わってくるぞ。

【Vゾーン浅め】

アウトドアブランドに多いのがV ゾーン浅めタイプ。革ジャンの胸元からは、スウェットかクルーネックのT シャツのようにインナーが覗くことになる。

THE NORTH FACE/WS Zepher Shell Cardigan|防風性、透湿性、撥水性を備えたダウンカーディガン。中綿には遠赤外線効果で自然な暖かさをもたらすクリーンダウン光電子を封入、汚れを除去したダウンが高い保温性を確保する。3 万800 円(ゴールドウィン カスタマーサービスセンター TEL0120-307-560)

【Vゾーン深め】

アメカジブランドなどがリリースするインナーに多いのがこのタイプ。V が深めに作られており、首元がすっきり見えるのが特徴。A-2 などにもおすすめ。

SUGARCANE/NYLON INNER JACKET THINSULATE FIELD|アウターシェルに耐久性・遮風性に優れた高密度ナイロンを使用し、中綿にはシンサレートを使用しているため、軽く薄手ながら高い防寒性を確保。付属のバッグに収納できるパッカブル仕様で持ち運びも便利。1万9580 円(東洋エンタープライズ TEL03-3632-2321)

【ポイント②】インナーを見せたくなければ、襟付きタイプを選ぶべし。

革ジャンの胸元から防寒着なんて見せたくない! というロックな方も多いはず。そんな人には襟付きタイプが超おすすめ。写真のように襟を革ジャンの内側にしまい込めば、さもT シャツ一枚で革ジャンを着ているように見えるぞ。

MOUNTAIN HARDWEAR/Ghost Wisperer/2 Jacket|引き裂き強度の高いリップストップシェルに撥水加工のQ シールドダウンを封入。ポケットに全体を収納できるパッカブル仕様で、携帯性が高いのも魅力。4万700 円(コロンビアスポーツウェアジャパン TEL0120-193-803)

【ポイント③】差し色としてインナーを使え。

アウトドアブランドがリリースする防寒インナーは、カラフルなものが多い。そんな時はインナーを思い切って見せちゃうのもアリ。防寒としてだけではなく、コーデの差し色として使えるのはありがたい。

Rocky Mountain Featherbed/GRAND TETON DOWN LINER VEST FOR JF|700FP ヨーロピアンホワイトダックダウンを使用し、表地にはリップストップナイロンを使用したダウンベスト。ヴィンテージのジャングルファティーグジャケットにも装着可能。3 万3000 円(アール 柳橋 TEL080-7024-4090)

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典「Lightning2022年3月号 Vol.335」)