【ジャンル別】ミリタリーファッションの定番ブランドの名作アイテム37選【保存版】

  • 2021.11.01 2020.04.25
  •              

いまや当然のようにファッションキーワードとして浮上する“ミリタリー”。国を、生命を守るため、各国が凌ぎを削り生み出したウエアは、至高の機能美を備え、現代においても、もはや一過性でない人気を博している。

今回紹介するアイテムは名作ミリタリーウエアをソースに持つアイテムの数々。街着としてミックスして楽しみたい人にもぜひ押さえておいてほしい定番ブランドの名作プロダクトばかりだ。復刻やリプロダクトではない古着やヴィンテージ、系譜などについては、関連記事もチェックしてみてね。

▼春のおすすめはこちらをチェック!

今春に取り入れたい、傑作ミリタリープロダクツ17選!

今春に取り入れたい、傑作ミリタリープロダクツ17選!

2021年10月18日

【ミリタリージャケット・コート編】

一般的にミリタリージャケットの2大ジャンルとしてあげられるのは「フライトジャケット」と「フィールドジャケット」。そのほか「デッキジャケット」などがある。「フライトジャケット」はパイロットの着用を想定して開発されたもので、活動環境(気温)に合わせさまざまなタイプがある。一方「フィールドジャケット」は地上での活動を想定しており、タウンユースで着回しもできると人気の【M-65】が代表的なところ。

▼押さえておくきたいミリタリージャケットの定番はこちらの記事をチェックしよう!

フライトジャケットからフィールドジャケットまで、ミリタリージャケットの種類を本物を使って徹底解説!

フライトジャケットからフィールドジャケットまで、ミリタリージャケットの種類を本物を使って徹底解説!

2022年11月01日

1.「バズリクソンズ」のフライトジャケット【L-2B】。

BUZZ RICKSON’S/L-2B/¥45,360/東洋エンタープライズ 03-3632-2321

ライトゾーン用フライトジャケットの決定版、【L-2B】。ミルスペックの完成度において他の追随を許さないバズリクソンズによる本モデルは、忠実に再現されたタグや【L-2】シリーズの特徴でもある三角フラップなど完璧な復刻を果たしている。適度な保温性があり、【MA-1】よりも薄手で軽いので、いかにもなミリタリーデザインを冬以外でも身に着けられる。こぎれいなコーディネイトに効かせたい。

▼【L-2】シリーズについて詳しく知りたい方はこちら!

L‐2、L-2A、L-2B……MA‐1と双璧を成すナイロンフライト【L-2シリーズ】とは?

L‐2、L-2A、L-2B……MA‐1と双璧を成すナイロンフライト【L-2シリーズ】とは?

2021年10月24日

2.「アルファインダストリーズ」のフライトジャケット【MA-1】。

ALPHA INDUSTRIES/MA-1/¥19,224/アルファ インダストリーズ 0120-008-503

ミリタリーウエアと言えばこれ、という人も多いのでは。【MA-1】は、’50 年代初頭に登場したフライトジャケット。人の命を守る役割があるフライトジャケットには、その時代の最先端の素材が使用される。レザー、コットンに続きナイロン素材を採用した【MA-1】は、過去のトライアンドエラーを踏まえ、機能的に研ぎ澄まされており、一切の無駄を排除したシンプルなデザインとして表れている。

【MA-1】について詳しく知りたい方はこちら!

フライトジャケットの傑作「MA-1(エムエーワン)」とは? メンズに愛されるワケ。

フライトジャケットの傑作「MA-1(エムエーワン)」とは? メンズに愛されるワケ。

2021年10月24日

3.「アヴィレックス」のフライトジャケット【B-3】。

AVIREX/B-3/¥194,400/AVIREX 新宿店 03-5367-2013

1930年頃、当時空調機器が十分に備わっていなかった米陸軍航空隊の爆撃機搭乗者向けにつくられたジャケット。羊の毛皮を加工したものを使用しているので、その保温性や耐寒性は抜群。首元のチンストラップで襟を留めることで、より保温性を高めることも。これさえあれば、見た目の男らしさはもちろん、冬の寒さに震えがとまらない、なんてみっともないこともなくなるだろう。

【B-3】について詳しく知りたい方はこちら!

B-3を代表とする、極寒地仕様のミリタリー“羊革”ジャケットってどんなジャケット? 中田商店「モーガン メンフィスベル」で探る!

B-3を代表とする、極寒地仕様のミリタリー“羊革”ジャケットってどんなジャケット? 中田商店「モーガン メンフィスベル」で探る!

2022年11月01日

4.「ザ・リアルマッコイズ」のフライトジャケット【A-2】。

THE REAL McCOY’S/A-2/¥216,000/ザ・リアルマッコイズ東京 03-6427-4300

同ブランドスタートのきっかけとなった、フライトジャケットの代表格は、アメリカ陸軍航空隊が着用していた【A-2】だ。こだわりの詰まったディテールを備え、縫製や仕様はそのままにサイジングを修正、より着易くバランスの良い仕上がりに。現代的にリデザインされていると同時に、確かな【A-2】らしさも感じることも出来る究極の一着。品よきダークブラウンはシティユースでの着合わせに悩む心配もご無用。

【A-2】について詳しく知りたい方はこちら!

フライトジャケットを代表する「A-2」の着こなし7つのポイント。似合わない人必見!

フライトジャケットを代表する「A-2」の着こなし7つのポイント。似合わない人必見!

2022年10月13日

5.「ザ・リアルマッコイズ」のフィールドジャケット【M-65】。

THE REAL McCOY’S/M-65 FIELD JACKET/¥64,800/ザ・リアルマッコイズ東京 03-6427-4300

ファッションとしてのミリタリーアイテムで最もメジャーな存在であろう【M-65】。フィールドジャケットの名作は街スタイルにおける絶対的エースだ。ハリのあるコットン100%のボディは、春、秋はもちろん、冬のメインアウターとしてレイヤードにも対応できる。肉厚なワイヤー型アルミジッパーやエポレットなど、それ以降に消えてしまう数々のディテールが人気の第2世代を再現。指定色である「OG107」までも、デッドストックを徹底的に模している。

【M-65】について詳しく知りたい方はこちら!

ベトナム戦争初期にデビューし、長きに渡り活躍した「M-65フィールドジャケット」とは?

ベトナム戦争初期にデビューし、長きに渡り活躍した「M-65フィールドジャケット」とは?

2021年11月01日

6.「ザ・リアルマッコイズ」のモッズコート【M-51】。

THE REAL McCOY’S/M-51/¥75,600/ザ・リアルマッコイズ東京 03-6427-4300

イギリスのユースカルチャーに大きな影響を与えた米軍のミリタリーウエア。’50 年代後半から若者の間で流行したカルチャー「モッズ」のシンボルとなったことから通称“モッズコート”と呼ばれる【M-51】はその筆頭格だ。生地に用いた厚手のサテン特有のハリと光沢感が上質感を醸し、フィッシュテールと呼ばれる特徴的な裾を折りたためば後丈の調節が可能。インナーを調整することで長いシーズン着用できる。

【M-51】について詳しく知りたい方はこちら!

抑えておきたい、フィールドジャケットの名作「M-1951 パーカ」の系譜。

抑えておきたい、フィールドジャケットの名作「M-1951 パーカ」の系譜。

2021年10月24日

7.「ビヨンド・クロージング」のコールドジャケット【A-7】。

BEYOND CLOTHING/A7/¥44,928/セプティズ 03-5481-8651

兵士からの支持も絶大だという米軍納入メーカー、ビヨンド クロージングが生み出した、ミルスペックに匹敵する設計で生産されたコールドジャケット。最近の米軍ウエアに取り入れられているレイヤードシステムの最終防寒「LEVEL 7」と同様のスペックを持ち、胸や腕のポケット、脇下のベンチレーションや裾サイドに設けられたジッパーなど機能面も充実。現代ミリタリーの最新技術の結晶といえる。

▼【A-7】と同様のスペックを持つ「LEVEL7」についてはこちらもチェック!

過酷な環境に! バイク乗りに!機能美の傑作「フライトジャケット」は“ゾーン”で選ぶ。

過酷な環境に! バイク乗りに!機能美の傑作「フライトジャケット」は“ゾーン”で選ぶ。

2023年01月23日

8.「ギーク」のミリタリーコート【M-47】。

GEEK/M-47 COAT/¥213,840/OXHB ジャパン 03-5643-3277

ミリタリーパーカーで最も有名なモッズコートの前身、【M-47】。それを基にしたコートは、胸部のハンドウォーマー、フラップ付きの腰ポケット、ウエストベルトなど、印象的なディテールを備えた、ファッション性の高いアイテム。ボディには天然色素と化学染料のブレンドで染めたナイロン素材を使用しており、独特な風合いとナチュラルなシワ感が楽しめる。ライナーは脱着式で単体でも着用可能。

9.「フィデリティ」のピーコート。

FIDELITY/PEA COAT ITEM ¥48,600 PRICE アイメックス 03-5291-7534

米軍納入経験のある老舗、フィデリティ。ブランドアイコンであるメイドインU.S.A. のピーコートは、ミルスペックまではいかないが、甲板で海兵たちを寒さから守った肉厚なメルトンウールに現代的なアップデートを加え、厚みと重さが抑えられタウンユースにもバッチリ。羽織ればミリタリーアイテムであることを忘れてしまうほどにスタイリッシュで品のある、永遠の定番コートだ。

▼ピーコートや【M-65】などを代表とする「USネイビー」のジャケットについてこちらもチェック!

【米海軍】「US NAVY(ネイビー)」のおすすめミリタリージャケット7選。

【米海軍】「US NAVY(ネイビー)」のおすすめミリタリージャケット7選。

2021年10月18日

10.「アナトミカ」の夏用フライトジャケット。

ANATOMICA/FLIGHT JACKET/¥34,560/アナトミカ 東京 03-5823-6186

1950 年代に実際に米海軍に支給されていた夏用のフライトジャケットをモチーフにつくられたジャケット。操縦士のためにデザインされたものなので軽量で動きやすく、収納性も高いため、小物は全部ポケットに入れて持ち運ぶ、なんてことも。素材にはメッシュに近いアーミークロスを使用しており、夏でも比較的涼しく着ることができる。品のいいミリタリースタイルにぜひ取り入れたい。

11.「アクアスキュータム」のトレンチコート。

Aquascutum/TRENCH COAT/¥183,600/レナウン プレスポート 03-4521-8190

第一次世界大戦時、英国陸軍が着用していたモデルが起源とされるトレンチコート。チンストラップや右肩の当て布はその名残り。極限の環境下において、各国が凌ぎを削ったスペックを搭載し、機能美として完成されたデザイン性を持ち合わせる。軍に納入経験があり、トレンチの最高峰として君臨するアクアスキュータムの大定番は、羽織ればどんなコーディネイトもサマになる渾身の一着だ。

▼英国ミリタリーも押さえておこう!

「Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)」で見る英国ミリタリーガーメンツの軌跡。

「Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)」で見る英国ミリタリーガーメンツの軌跡。

2021年10月18日

12.「ジョン・グラッコー」のオイルドジャケット“アースラーコート”。

JOHN GLUCKOW/OILED COTTON JACKET/¥73,440 /ジェラード 03-5784-9767

第二次大戦時、英国海軍の潜水艦艦長ジョージ・フィリップスが現場のニーズに合わせて作った、潜水艦「アースラ号」から名付けられたアースラーコート。ジョン・グラッコーがポケットのプリーツやエルボーパッチなど随所にデザイン性を加えた。ライニングを取り外した一枚仕立てで、コットン100%のツイル生地にしっかりしみ込んだオイルが雨をはじき、独特の経年変化を生む。

13.「アークエアー」のカモ柄ブルゾン。

ArkAir/BLOUSON/¥59,400 PRICE /グリニッジ ショールーム 03-5774-1662

軍や特殊部隊に納入していた実績は折紙付き、すべての工程をイギリスで行いメイドインU.K. にこだわるアークエアー。英国軍で使用されていたジャケットをデザインソースに、さすがはミルスペックといった機能素材を採用。軍で実際に使われていた3 種類のカモ柄がふんだんに詰め込まれたデザインで、前後左右で表情が異なるにぎやかなパターンがひと味違った主役級のインパクトを与える。

▼迷彩は迷彩でもウッドランド迷彩にも注目!

定番迷彩だからこそ活用したい! 今こそ「ウッドランド迷彩」とは?

定番迷彩だからこそ活用したい! 今こそ「ウッドランド迷彩」とは?

2021年11月01日

▼デッキジャケットについてはこちらをチェック!

ポストN-1 & A-2デッキジャケット!? アラミドデッキジャケットがいま熱い!

ポストN-1 & A-2デッキジャケット!? アラミドデッキジャケットがいま熱い!

2021年10月18日

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア