【保存版】ホワイツブーツ WHITE’S BOOTS の定番からカスタムオーダー、コーデまで大公開!

  • 2021.10.18 2020.05.03
  •              

ワシントン州スポケーンに拠点を置くホワイツは、オレゴン州にあるウエスコと並んで業界を牽引する最高峰ブランドのひとつだ。創業は南北戦争以前に遡るというから実に18世紀半ば。150余年という歴史あるブランドであり、今でも昔ながらのハンドメイド製法を守り、メイド・イン・USAで生産され続ける名門である。

まずは知りたい「ホワイツブーツ」とは?

ワークブーツの王様と称され、世界屈指の品質を誇るホワイツブーツ。その歴史は古く、18世紀半ばの南北戦争以前まで遡る。創業者のオット・ホワイト氏がアメリカ北西でロガーマン達へハンドメイドブーツを提供したのが始まり。厳選した上質なマテリアルを用い熟練の職人が丁寧に織りなす同製品は、マスプロにはない堅牢さと美しい機能美が宿り、誕生から1世紀以上たった現在では、ワーカーだけに留まらず、ファッションアイテムとしても輝き続けている。今現在も頑固なまでにハンドクラフト製法の伝統を守り続けている数少ないカンパニーだ。

特徴は厳選されたレザーのみを使用すること、アッパーレザーとインソールを縫う糸にアイリッシュ・リネンと呼ばれる太い糸を使用すること、そしてハンドクラフトによるグッドイヤーウェルト製法にある。中底とアッパー、コバの三つをすくい縫いしたあと、ウェルトにアウトソールを出し縫いするこの製法により、他社では実現できない柔軟性と快適性を生み出し、細部にわたるこだわりが外からの浸透を完璧に防御、世界最高峰と呼ばれる強度を作り出した。

しかし、これは手間やコストがかかる製法で限られた足数しか作れないため、ここまで手作業にこだわっているブランドはアメリカでもほとんどない。それでも「一人一人の顧客ニーズに柔軟に対応出来るシステムと品質を永く維持することが最も大事」という理念のもと、頑なに昔ながらの製法を守り高品質なブーツを作り続けているからこそ、ファンの心を掴んで離さない。

ホワイツブーツは、ワークブーツらしい堅牢さに加えて、フォーマルウェアにも似合う上品さを併せ持つのも人気の由縁。セミオーダーもメイド・イン・USAで作られ、ファンならずともブーツ好きには憧れの存在になっている。そんな、ホワイツブーツにはどんなモデルがあるのか、定番7モデルを紹介していこう。

【ホワイツブーツの定番モデル①】10” SMOKE JUMPER スモークジャンパー

10” SMOKE JUMPER

創業以来、製造の根源を変えることなく生産され続けるホワイツの代表モデル。“森林消防パラシュート降下部隊員” 用に開発されたスモークジャンパーは、ブランドの顔役的な存在。「森林火災の消火にあたる消防隊員が飛行機から降下して現場に赴く」様からスモークジャンパーという名に。過酷な労働条件の中で働くワーカーたちの足元をしっかりとサポートする独自設計のアーチ・イース構造が特徴的だ。ヘビーデューティな作りはまさに一生モノだ! オイルレザーに#100ソール搭載で強度はもちろん耐火性にも優れるため、現役消防士やワーカーたちの愛用者も多い。

10インチスモークジャンパーのディテールをチェック!

脂分を含んだオイルレザーは頑丈だがしなやかで足の馴染みもいい。

ソールはワークブーツの定番ビブラム#100の耐火・耐油の上級モデル。高いグリップ力を持ちながら柔らかいので動きやすい。

ハトメはブラス製。細かい部分の縫製まで美しい。

ハンドクラフトによるグッドイヤーウエルト製法で防水性も抜群。かつ他にはない柔軟性と快適性を生み出す。

森林消防パラシュート降下部隊員が愛用するスモークジャンパーには、NFPA(米国防火協会)の厳しい基準をクリアした証の、認証タグが付けられている。

くたびれた革の表情から、森林消防パラシュート降下部隊員の過酷さが分かる。

森林消防パラシュート降下部隊員が愛用するモデルは、NFPA(米国防火協会)が認める耐火性能の基準を満たした認証タグが付けられており、それはリビルド(修理)時の保証書ともなる。ちなみに同モデルは、安全靴でありながらトゥ部分に鉄板が施されていない。それは、高温の場所で足元の火傷を防ぐためなのだとか。

▼日本の消防士もスモークジャンパーがお気に入り!

現役消防士もホワイツブーツのスモークジャンパーを愛用中。

現役消防士もホワイツブーツのスモークジャンパーを愛用中。

2020年08月01日

【ホワイツブーツの定番モデル②】6” SMOKE JUMPER スモークジャンパー

もう少しボリュームを落としたい。そんな要望にもピッタリなブラック。クロムエクセルレザーでよりドレッシーに。10万2300円

100年を優に超える歴史において、製法の根源を変えることなく生産され続けるブランドの看板モデル、スモークジャンパー。そこにオックスフォードに見られるつま先の反り、ドレス感を醸し出すスタンダードなレースアップ、足長効果が期待できる1/4ヒールアップを加え、ゴツさだけではない新たな魅力を引き出したモデル。

厚みもありながら油分も豊富に含み、自然なムラや表情がわかるホーウィン社のブリティッシュタンレザーを使用。10万2300円

6インチスモークジャンパーのディテールをチェック!

シャフトからこのヒールにかけての曲線が足首にフィット。ドレッシーなビブラム#269ソールとの相性も抜群で造形的にも美しい。

足を出し入れする履き口には、レザーを二重に縫い付けて強度をアップさせている。見えない部分にも細かなこだわりが満載。

【ホワイツブーツの定番モデル③】SEMI-DRESS SDL セミドレス

SEMI-DRESS SDL

タウンユースメインという人に人気が高いのがドレスシューズのような上品さを醸し出す「セミドレス」。専用のセミドレスレザーを使用したシャープなプレーントゥスタイルは、幅広いシーンで活躍してくれるはず。ソールはスマートながら高いグリップ力を誇るビブラム#700。履きやすい5インチハイトだ。

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア