定番迷彩だからこそ活用したい! 今こそ「ウッドランド迷彩」とは?

最終更新日 2021.11.01 公開日 2019.01.23

ミリタリー由来のヘビーデューティギアを探すと、必ず見つかるのが迷彩モノ。その中でも定番といえるのが、’81年に米軍が採用したウッドランド迷彩。「ザ・ミリタリー」を地で行くこの存在感は、改めて見るとカッコいい。

アメリカ全軍が採用していたM81迷彩「ウッドランド迷彩」。

数多くの“柄”が存在するが、世の中で「迷彩柄」ほど受け入れられている柄はない。有名なデザイナーが生み出したわけでもなく、いわばアノニマスデザインともいえる迷彩柄は、リアルなミリタリーシーンだけでなく、ファッションの世界で多く使われている存在だ。

その迷彩柄の中でも一般的によく知られ、軍装品だけでなく、民間品の様々なプロダクツの柄にも使われているのが、1981年から2006年までアメリカ全軍が採用していたM81迷彩、別名ウッドランド迷彩である。その迷彩模様のルーツは、ERDL(米陸軍技術研究開発試験所)が開発し、’67年初頭に米軍が採用しERDL迷彩にある。そのパターンを拡大し模様の境界線を不規則に改めて、ハイコントラストの4色(サンド、ブラウン、グリーン、ブラック)で構成されたのがウッドランド迷彩なのだ。

そのウッドランド迷彩を使ったヘビーデューティギアでもっともメジャーなプロダクツといえば、やはりECWCS(拡張式寒冷地被服システム)の第一世代として開発されたコールドウェザーパーカー、通称ゴアテックスパーカであろう。防風・防水性に優れ、ファッションからモーターサイクルシーンまで幅広く着こなせるアイテムだ。

【ECWCS Gen.1 GORE-TEX® PARKA】ファッションから野外活動まで、実用度ナンバーワン!

037

M-65フィールドジャケットの後継モデルとして、’80年代に米軍が採用したゴアテックスパーカー。その第一世代のモデルは大振りなフードと、ナイロンライニングを装備。特にナイロンライニングがあることで、ゴアテックスシーム部分が擦れにくくダメージが及びにくい構造となる。

その最大の特徴はゴアテックスファブリックならではの「完全防水なのに蒸れない」こと。まさにシーンを選ばず使えるヘビーデューティギアなのだ。2万3544円(US 三軒茶屋 TEL03-57797908)

【ECWCS Gen.1 GORE-TEX® PANTS】バイク乗りに! セットアップで着こなせば、全天候対応の優れモノ。

036

ゴアテックスパーカーとセットで入手しておきたいのが、米軍で支給されていたゴアテックスパンツ。両サイドに裾からウエストまでオープンにできるジッパーを装備しているため脱ぎ履きしやすい。6264円(セカンドブーム TEL03-3462-1721)

状態の良いものが枯渇してきている現状を踏まえると、早々に手に入れておきたい迷彩。キレイ目アイテムと合わせたり、ミリタリーコーデにしなくともかっこよく着こなしてみてもらいたい。

▼ミリタリーファッションについてはこちらの記事もチェック!

ミリタリージャケットの定番おすすめ10選~フライトジャケットからフィールドジャケットまで~

ミリタリージャケットの定番おすすめ10選~フライトジャケットからフィールドジャケットまで~

2020年04月22日

(出典/「Lightning 2019年2月号 Vol.298」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。