防寒レイヤードスタイルの救世主!BUZZ RICKSON’S×JUNKY SPECIALの“C-2 SWEATER”登場

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 今回は、ライトニング2月号「青春のブーツ」特集にて、人生初となるレッド・ウィングの#8173をゲットし、黒いジッパーユニットを組み合わせて愛用中のミリタリー通・編集部のADちゃんがお届け!

 

「今年の冬はかなり寒い」というのが、私の素直な感想。若い頃は寒さなんて気にしなかったけど、四十路を越えた今、寒さが身に染みる。だから今年の寒い冬を乗り切るため、ダウンウエアなどを物色し、防寒対策に勤しむ今日この頃である。

そんな矢先、バズリクソンズのレザーフライトジャケット展の取材で訪れたジャンキースペシャルにて、「コレは!?」と思った逸品に遭遇したのでご紹介!

BUZZ RICKSON’S×JUNKY SPECIAL “C-2 SWEATER”

東洋エンタープライズ50周年記念モデルの「シュガーケーン×バズリクソンズ」のインディゴA-2に合わせてみた。うむ、色味もマッチして、嵩張らないから着脱もスムーズ! 各3万8500円(ジャンキースペシャル TEL03-3232-0850 http://junkyspecial.com)

こちらはジャンキースペシャルがバズリクソンズに特別オーダーしたタイプC-2セーター。従来はオリーブ単色のアイテムだが、よりファッショナブルなツートーン仕様となっているのが特徴だ。

スペシャルモデルとして製作されたタイプC-2セーターは、ファッショナブルなツートーン仕様が特徴。カラー展開はオリーブを基調とし たものと、ブラックを基調とした2種類を用意している

ちなみにタイプC-2は、気温の変化に対応するためフライトジャケットのインナーとして重ね着することができ、暖かさを保てる万能なセーターとして開発され、米陸軍航空隊が1940年代前半に採用したアイテム。見た目通りセーターなのだが、当時は何故か「ベスト」に分類されており、米軍のスペックシートには「ウールニット製の袖付き」と記載されていた。……うん、わかるけどもそこはセーターでしょ(笑)

ブラック基調のC-2にはシルバーのジッパーをデザイン。一方、オリーブ基調のC-2にはブラスジッパーが装着される

そんなウンチクはさておき、C-2は防寒性の低いA-2フライトジャケットのインナーとして着用することを前提にデザインされており、身体に張り付くようなすっきりとしたシルエットとなっている。ということは、A-2以外の、例えばライダースジャケットのインナーとしても重宝しそうだ。またフロントジッパーを開けて着用すればカーディガンとしても使える。

ジャンキースペシャルだけの特別モデルの証「PROPERTY JUNKY SPECIAL」ラベル。フライトジャケットの2重ラベル風だ

こんな薄めのウォームアイテムを一点着こなしに取り入れれば、室内でアウターを脱いだ場合でも、動きやすいこと間違いなしである。

【問い合わせ】
ジャンキースペシャル 
TEL03-3232-0850
http://junkyspecial.com

(出典/「Lightning 2021年2月号 Vol.322」)