フリースやボア人気は今シーズンも健在! おすすめ10選を紹介!

  • 2021.10.24 2021.01.05
  •              

ゆる〜い素材感がここ数年ずっと人気継続中の中、’90年代ブームも相まってフリースやボアが最注目の素材になっている。そんなわけで、この冬注目のモコモコ、フサフサなプロダクツを集めてみた。

1.HOUSTON/BOA FLEECE JACKET

凸凹したボアフリース生地が特徴のフリースジャケットは、空気の層を含むので保温性が高い。脇や前身頃裏にメッシュ生地を配し、通気性にも配慮している。1万4080円(ユニオンネットストア TEL048-643-5110)

2.Trophy Clothing/“MONOCHROME” LEVEL 3 FLEECE JACKET

保温性が高く軽量なアメリカ、インヴィスタ社の高機能合成繊維であるサーモライトボアを採用。デザインはミリタリーフリースにフロントポケットを追加して機能性をアップデートする。3万1900円(トロフィージェネラルストア TEL03-6805-1348)

3.GANGSTERVILLE/Rise Above_Pile Coat

ミリタリーのパイルライナーをデザインソースに、リバーシブルのノーカラーコートにアレンジ。気分や合わせるアイテムでA面のコットン側と、B面のボア側を使い分ければ、ファッションの幅も広がる。4万1800円(グラッドハンド コア TEL03-6438-9499)

4.WEIRDO/Hey Kids!_Ranch Jacket

ウエスタンジャケットとして生まれたウールボア付きスウェードジャケットにプリントでデコレート。ワークアイテムをファッションへと進化させたインパクトのある1着。8万7780円、サイズ2XLは9万3280円(グラッドハンド コア TEL03-6438-9499)

5.MOSSIR/CLIFF

高機能素材を贅沢に使い、ヴィンテージプロダクツをアップデートさせたアイテムで人気のモシール。クリフは、高い保温性と断熱性、心地よいストレッチ性を併せ持つポーラテックサーマルプロを使用した、汎用性の高いクルーネックタイプのスウェット。熱をウエア内に閉じ込め、汗は外に放出するので快適に着用できる。2万6950円(ファインクリークレザーズ TEL050-3390-2470)

6.JOHN GLUCKOW/C-2 FLEECE JACKET

インナー用として開発された1930年代の初期型C-2ニットをフリースに置き換え、再構築した一枚。保温性が高いためアウターとしても使え、化繊素材なので扱いやすいのも嬉しいポイント。ジッパーにはHOOKLESSを採用するなど、時代感に合わせたパーツチョイスも◎。4万9500円(ジェラード TEL03-3464-0557)

7.BUZZ RICKSON’S/GOLD TIGER CAMOUFLAGE PATTERN BOA JACKET

ベトナム戦争を代表する迷彩柄がタイガーストライプ。その虎縞模様をアウトドアでも使いやすいボアフリースでデザイン。軍用フリースをベースとしており機能性も抜群。4万2900円(バズリクソンズ TEL03-3632-2321)

8.STANDARD CALIFORNIA/SD Fleestretch Reversible Jacket

撥水性・伸縮性に優れたリップストップ生地とボアフリースによるリバーシブル仕様の1着。’90年代の名作モデルにインスパイアされており、好きな方ならその空気感も味わえるだろう。3万4980円(スタンダード カリフォルニア TEL03-3770-5733)

9.Calee/Fake Fur Pullover Shirt

フリース感覚で着たいのが、このフェイクファー素材のプルオーバーシャツ。生地表面にベロア加工が施され、オリジナルのバインダーテープによってアウトドアな風合いも演出。1万9800円(スチュワーズレーン東京 TEL03-6434-1278 https://calee.net)

10.JOE McCOY/Yeti Hooded Fur Coat

ヴィンテージでも稀少なリアルファーを使ったコートはかつてのアウトドアブランドでも最高峰のプロダクトとして君臨していた。その雰囲気をそのままにラビットファーで再構築したコートは圧巻の1着といえる。33万円(リアルマッコイズ東京 TEL03-6427-4300)

 

触り心地も温かさも最高なモコモコ系ウエア。寒さ厳しくなる冬本番に備えて1着プラスしてみてはいかがだろうか? このほかダウン、ニットなどアウトドアでも活躍する新作ファッションアイテムを特集した「Lightning 2021年1月号 Vol.321」をチェックしてみてほしい。

購入はこちらから

(出典/「Lightning 2021年1月号 Vol.321」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア