50代を共に過ごす相棒「Schott(ショット)」の503UST COLORED ONE STARを手に入れ、エポレットを切る。

  • 2022.11.07 2020.11.27
  •              

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 今回は、DIGNAで遠近両用メガネをゲットした日に、渋谷のグランドストアでこいつをゲットしたという革ジャン評論家・モヒカン小川がお届け! 嬉しくなって編集ADちゃんと飲みに行き、その後、酔い心地でエポレットを切ったというのは裏話。

俺、こいつで人生の第2ステージ迎えます。「Schott」の503UST COLORED ONE STAR

私、齢49を迎え、五十路イブを記念して、人生初のグリーンの革ジャンを手に入れました。「なぜグリーン?」と聞くのは、愚問である。カッコよかったからである。あまりに嬉しくて、さっそくその日にエポレットとベルトをハサミで切っちゃった。

ジオングを前にした“赤い彗星”シャア大佐が、整備兵に向かって「脚はついていないのか……」と呟いた際、その整備兵が「あんなものは飾りです。偉い人にはそれがわからんのです!」と言い放ったあの名シーン(知らない人、ごめんなさい)。たしかに宇宙(そら、と読みます)での戦闘において、脚は必要ない。

同様に、俺の地上における生活においても、エポレットとベルトはまったく必要ない。だから躊躇なく切った。マジで要らないんだもん。周囲から「ワンスターを切るなんて信じられない」とのお言葉をいただいたが、俺はワンスターを切ったのではなく、あくまでエポレットを切っただけ。ワンスターの“魂”まで、切ったわけではない。

深いグリーンの色味が魅力の、503USTカラードワンスター。定番の613USTワンスターをデザインベースに、「NEW NAKED」という、厚みがありながらも柔らかい牛革を採用した新感覚の革ジャン。本来はエポレットとベルトを装備するが、小川が切ってしまった。12万5400円(Schott Grand Store TOKYO TEL03-3464-1913 http://www.schott-nyc.jp)

まぁそれはいいとして、そもそも肩が張るように見えてしまうエポレットは好きではないが、特にこの503USTは、非常に柔らかい牛革を使っているので、肩をちょっと落とした感じで着るのもアリ。エポレットがあったら、そんな「いい意味で若干ルーズ」な雰囲気を、醸し出せなくなっちゃう。

この503USTを試着した際、ジャストサイズは38だったが、今回はあえて40を選んだ。フロントを閉めてもストレスは全く感じず、色もグリーンなので、ライダース特有の「頑張ってる感」もまったくない。50歳を前に、そんな“余裕”を持って、ライダースと向き合うのもいいかなと思ったわけ。気付けば半世紀も生きて、老眼も始まったけど、まだまだ人生楽しいぜ。

こちらが、エポレットとベルトを装備した 正しい姿。王道のダブルながら、カラーがグリーンなので印象がマイルドに
これぞワンスターのアイデンティティ……なのだが、モヒカン小川は、肩が張ったように見えるこのエポレットが苦手
首元には、メイド・イン・U.S.A.のタグが誇らしげに輝く。これぞダブルライダースのマスターピースであるワンスターの証だ

【問い合わせ】
Schott Grand Store TOKYO
TEL03-3464-1913
http://www.schott-nyc.jp

▼こちらの記事も合わせて読みたい!

「Schott(ショット)」のライダース“ワンスター”の何がスゴイ? デザインの変遷とサイズ感を徹底調査!

「Schott(ショット)」のライダース“ワンスター”の何がスゴイ? デザインの変遷とサイズ感を徹底調査!

2020年01月12日

革ジャンの王道であり原点! ライダースジャケットの選び方と人気ブランドのおすすめの1着。

革ジャンの王道であり原点! ライダースジャケットの選び方と人気ブランドのおすすめの1着。

2022年09月12日

一生モノの革ジャンを選ぶ時に知っておきたい7つのこと。-おすすめブランドからお手入れまで‐【保存版】

一生モノの革ジャンを選ぶ時に知っておきたい7つのこと。-おすすめブランドからお手入れまで‐【保存版】

2020年01月19日

(出典/「Lightning 2020年12月号 Vol.320」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア