1枚は必須! トラッドコーデの基本は「ブルックスブラザーズ」のシャツから。

  • 2022.08.27
  •              

セカンドが定義するトラッドに欠かせない“10の名品”を主役のひとつ「ブルックスブラザーズ」のシャツを使った、業界の洒落者たちのコーディネイトを紹介! シンプルだからこそ個性が光る、シャツの着こなしのヒントを4人の着こなしから探ってみよう。

▼トラッドに欠かせない10の名品はこちら!

トラッドに欠かせない、10アイテム。今こそ手に入れたい超名品。

トラッドに欠かせない、10アイテム。今こそ手に入れたい超名品。

2022年08月25日

1.ボトムスにディテールがあるものを持ってくるのが正攻法です。|「ディストリクト ユナイテッドアローズ」森山真司さん

パンツ2万7900円/ハンドルーム、シューズ8万1400円/ジョセフ チーニー(ともにディストリクト ユナイテッドアローズ  03-5464-2715)

ボタンダウンシャツ自体はシンプルなデザインなので、コーディネートする際はボトムスにデザインが効いたものを持ってくれるのがセオリー。

「ブルックスブラザーズのポロカラーシャツは、マディソンフィットという昔ながらの大きめのシルエットのものを好んで着ています。もちろんメイドインUSAで、これが廃盤になるという噂を聞きつけ、急いで複数買いしたのはいい思い出です ()。このゆったりとしたシルエットを活かしたいので、全体のバランスも考慮していますね」

2.フロントボタンの数で着方を変えるツウな着こなしでカジュアルにもドレスにも。|「チルローブ」島倉弘光さん

ベスト/ポストオーバーオールズ、ショーツ/ Vin-tage US ARMY、シューズ/ビルケンシュトック、キャップ/ダブルアールエル、ソックス/エル・エル・ビーン、ウォッチ/エル・エル・ビーン×ハミルトン(すべて本人私物)

USAメイドにこだわり何枚もストックして いるというBDシャツ。着こなしの最大の特徴はボタンの数によって使い分けているところ。現行を含め7ボタンというスタイルが定着しているブルックスブラザーズのBDシャツだが、古いものだと6ボタンも存在する。

「襟の空き具合が全然違ってくるので、当然コーデにも差が出てきます。ラフに第一ボタンを開けて中のTシャツを見せる着こなしの時は6ボタンを。逆にタイドアップするなど少しかしこまったスタイルの時は7個ボタンを、と使い分けています」

3.タックインをして小物類で遊び心を入れる。|「GMT」三浦由貴さん

ローファー2万5300円/ GHバス(ジーエ ムティー  03-5453- 0033)、チノパン/ク ラス(本人私物)

定番だけに様々なカラーリングが存在するが、まず基本的なホワイトを押さえるのが大切。「このポロカラーシャツはメイドインUSAのもので、8090年代頃のものだと思います。今の時期なら1枚で着られますし、インナーとしても万能なんです。

ただ普通にコーディネートするとシンプルになりすぎるので、タックインして正統派な着こなしをしながらも、カジュアルなベルトだったり、遊びのあるパンツでバランスを取りました。足元はアメトラ定番のペニーローファーで締めました」

4.スタンダードカラーであるピンクに魅せられ引き立つ着こなしを提案。|「ユーソニアン グッズストア」早野海さん

パンツ/ワイスニューヨーク、ベルト/マキシマムヘンリー、シューズ/ランコート(すべてユーソニアン グッズストア03- 5410-1776)、メガネ/オリバーゴールドスミス(本人私物)

「企画の参考になる」ということからブルックスブラザーズのシャツも20枚以上所有しているという早野さん。インディビジュアライズドシャツとの差に関して「インディビはあくまでもファクトリーブランドであるのに対してブルックスはスタイルそのものを提案する総合ウエアブランド。華がありますよね」と語る。

中でもピンクがお気に入りカラーとのことで、コットンリネンのチノを合わせ、色味を引き立てるコーディネートを披露。足元にキャンプモックを合わせアメリカらしさを演出している。

(出典:「2nd 20229月号 vol.186」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア