マウンパが再燃の兆し。狙い目のアイテムを紹介!

ヘビーデューティアイテムの筆頭、マウンテンパーカ。しばらく爆発的な流行が続いていて最近は落ち着いてた気もするけど、今季も魅力的なマウンパが目白押しで、「あぁ、やっぱりクラシックアウトドアの座は譲らない気だな」と改めて実感。今季はもう一枚上にアウターを羽織ってみたり、新たな気分で着てみてもいいかもしれない。あと、〝マウンパ〞って愛称もいいんだよね。

1.THE NORTH FACE

丈夫なゴアテックスR謹製ながらゴワつかない2層構造。 さらに防水性を高めるダブルフラップ仕様のフロントジッ プに、インナーと連結可能なジップインジップと、懐かしの名デザインを踏襲しつつ中身は抜群に進化。3万9600円

【問い合わせ】
ゴールドウイン カスタマ ーサービスセンター
TEL0120- 307-560

2.Rocky Mountain Featherbed

当時の素材に敬意を表しつつ、それを超えるナイ ロンを目指し辿り着いたコットン調に仕上げたナイロン生地。レザーヨー ク同様風合いはそのままに機能面を向上させ、背後に内にと配したポケットで収納面も充実。7万7000円

【問い合わせ】
アール 柳橋
TEL080-7024-4090

3.Battenwear

ハイキングやアウトドアシー ンではもちろん都会でもスタイリッシュな印象を与えるシルエット。耐風性、耐水性を兼ね備え、これからの時期重宝するアイテムだ。7万7440円

【問い合わせ】
アリガインターナショナル
TEL03-6659-4126

4.SIERRA DESIGNS SHIPS

大柄なマチ付きポケット、 革のドローコードストッパー、通称“レザークッ キー”、そして、ブラン ドの代名詞でもあるUSメイドの“ロクヨン” クロス。らしさはそこかしこに見られるも、別注でインラインにないモダンな配色へ変更。4万9500円

【問い合わせ】
シップス 渋谷
TEL03- 3496-0481

5.ts(s)

表はウール混のメランジ、裏はツイル柄をインクジェットプリントで。そんな二面性のあるイタリア生地は軽量で色味も美しい。防寒も視野に着丈を長めに設定し腰ひもでシルエットの調整も自在。8万3600円

【問い合わせ】
ティーエスエス 代官山 ストア
TEL03-5939-8090

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「2nd 2022年1月号 Vol.178」)