書類、名刺、レシートなどすべてデータ化 リモートワークの必需品 ScanSnap iX1600

合計約2万円安! iPad(第10世代)周辺機器はアップル純正より、ロジクール製がお勧め!

  • 2023.01.12
  •              

ロジクールとアップルは協力関係にあり、ロジクールには他のメーカーより優先して、アップルの新製品に関するデータが渡っているようである。

昨年10月に発売されたiPad(第10世代)の周辺機器も、純正とほぼ同等、しかしリーズナブルな製品がロジクールから発売された。ここまでくると、アップル周辺機器のセカンドラインといってもいいかもしれない。

特にiPad(第10世代)の場合、文教用途として低価格でないといけない商品なのに、ボディ形状変更、円安のダブルパンチで、特に日本においては価格が上がってしまっている。だから、安価なスタイラス、キーボードの提供は非常に重要だ。

というわけで、Crayonに続いてロジクールから発売されたSlim FolioとCombo Touchをご紹介しよう。

アップル純正Magic Keyboard Folioは素敵だが、高価

まずは、iPad(第10世代)について、ご説明しょう。

iPad(第10世代)は文教用、エントリー用として今後重要な位置づけとなるiPadだ。しかし、ボディ形状変更、円安から、64GBのWi-Fiモデルでも6万8800円(税込・以下同)、256GBのセルラーモデルにいたっては11万6800円となってしまっている。これでは、子供用でなくても周辺機器の価格をできるだけ抑えたくなる。

ちなみに、純正のApple Pencil(第1世代)は1万4880円、Magic Keyboard Folioは3万8800円となっている。優れた製品ではあるが、ひと昔前ならiPad本体が買えてしまいそうな価格である。

しかし、ロジクールのCrayonは1万0780円。Slim Folioは1万8700円。Combo Touchは2万4750円と、以前よりは円安の影響を受けてるとはいえ、かなりリーズナブル。

表にまとめると、こんな感じ。ロジクール製品で固めると、かなり出費を抑制できる。

では、それぞれの特徴を説明しよう。

Crayonに関しては、以前に公開したこちらの記事をご参照いただきたい。

iPad(第10世代)に最適! USB-C充電でき、Apple Pencil(第1世代)より4100円安い! ロジクールCrayon

iPad(第10世代)に最適! USB-C充電でき、Apple Pencil(第1世代)より4100円安い! ロジクールCrayon

2023年01月11日

Combo Touchはリーズナブルなのにトラックパッド付き

純正のMagic Keyboard Folioの特徴は、打鍵感の優れたセパレート型のキートップであると同時に、トラックパッドが付いていることにある。また、サイド部分に移動したSmart Connectorを利用して接続するので、Bluetoothなどのワイヤレスの設定が不要だ。

Smart Connectorは銀行や役所など、情報漏洩を防ぐためにワイヤレス接続が制限されている場所でも使えるように設計された仕組みだが、設定の手間がない、バッテリーが不要……などのメリットもある。

Combo Touchは、これらMagic Keyboard Folioの美点を多く引き継いでいる。トラックパッドを持ち、Smart Connector経由で接続できるからBluetoothなどの設定が不要だ。

ロジクール Combo Touch
https://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/ipad-keyboards/combo-touch.html

Magic Keyboard Folioとの大きな違いは、ケースとしてのプロテクション機能を持っているかどうかだろう。Magic Keyboard Folioはサイドがむき出しだ。本体の美しいカラーを楽しめるようにという配慮だろうが、もし落としてしまったりした時には、確実に本体の角が凹んでしまう。

対してCombo Touchはプロテクション性能を持つケースとなっているので、万が一の落下時にも比較的安心だ。子供に持たせるなら、なおのことその方がいいだろう。また、Apple PencilやCrayonを取り付けられるホルダーがあるのも嬉しい(Crayonだと少しタイトだが)。

また、Magic Keyboard Folioと同じく、キーボード部分を取り外すことができる。ワイヤレス接続ではないので、取り外すとキーボードとしては機能しないが、映像を楽しむ時などにキーボード部分を取り外して、シンプルなスタンドとして利用することもできる。

プロテクション性能も高く、安価なキーボード。お勧め!

Slim Folioはよりシンプルなキーボード付きケース。従来からロジクールが提供してたタイプ。こちらは、トラックパッドを持たず、Smart ConnectorではなくBluetoothで接続する。1万8700円と安価だし、サイド部分も守られていて、ケースとしての安全性も高い。子供に持たせるなら、これがベストなチョイスだろう。

ロジクール Slim Folio
https://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/ipad-keyboards/slim-folio-ipad-keyboard-case.html

CrayonとSlim Folioを合わせて2万9480円。本体の6万8800円と合わせると、9万8280円と、なんとか10万円を切る価格に抑えることができる。それでも安いとは言い難いが、円安の間は、なんとかロジクールの製品を活用してしのぐしかないだろう。

iPad(第10世代)と一緒に使うなら、純正以上にお勧めできる良い製品だ。

(村上タクタ)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア