書類、名刺、レシートなどすべてデータ化 リモートワークの必需品 ScanSnap iX1600

秋公開watchOS 9のインターバルトレーニングで、Apple Watchが『鬼コーチ』になる【先行レビュー】

  • 2022.09.07 2022.08.19
  •              

Apple Watchのアクティビティ機能は年々高機能化している。秋公開のwatchOS 9とiOS 16では、アクティビティに関するデータをさらに詳細に閲覧することができるようになった。さらに、『インターバルトレーニング』という機能が追加されているので、試してみた……ら、大変しんどかった……という話。秋からApple Watchは鬼コーチになる。体育会系の人は、とっても嬉しいのではないだろうか?

※この記事は、秋公開のwatchOS 9、iOS 16のパブリックベータに基づいた記事です。Apple Beta Software Programで知り得た情報は、その内容について誰かに話したり、ウェブ記事にしたり、SNSに投稿したりすることは禁じられていますが、ThunderVoltは取材に基づく特別な許可を得て記事化しています。

アクティビティの表示データが増えた

秋公開のwatchOS 9とiOS 16では、アクティビティのデータ表示がより詳細になる。

どんなトレーニングをするにせよ、詳細なデータは助けになる。

最新のアクティビティでは、従来の表示データに加え、平均仕事率や、細かいスプリットタイム、上下動、接地時間、歩幅の長さ……などのグラフも表示される。

ちなみに、下の写真は過去のデータだが、スプリットタイムなど、ヘルスケアのデータの中に保存されているデータは過去のデータでも表示されるようだ。

最近走った時のデータによると、私が3km走った時のタイムは14分44秒。パワーは平均239W、ケイデンスは177SPM、上下動は8.2cm、接地時間は228ms、歩幅の長さは平均1.1mだった。

まだよく分からないが、いろんなペースやスタイルで走ってみて、上下動や歩幅を抑えた方がいいのか、大きくした方がいいのか……というような分析に使えるのだと思う。

400km×8は、3.2km……ではない

屋外ランニングのメニューを見ると、いつも走ってるルートが『コース』として自動認識され、『いつも走っている3kmのコース』『いつも走っている6kmのコース』などと表示されるようになったのには驚いた。いつものコースでタイムの比較などをしてくれるので、これは便利。

加えてインターバルトレーニングのメニューが追加された。

『400m×8本繰り返し』

「なるほど。400m×8ってことは3.2kmか。走ってみよう」……と思ったのが運の尽きだった。いや、マジ大変。

何それ、聞いてない

(ちなみに、ランニングの写真は、雰囲気を出すために入れていますが、別の場所で別の時に撮ったものです。あしからずご了承を)

まず、走り出して、「あれ?」と思った。『ウォーミングアップ800m』と表示されたのだ。何それ、聞いてない。

そして、『ワーク400m』の次に表示されたのは、『回復400m』の文字。

なんと、
400m×8=3.2km
ではなくて
800m(ウォーミングアップ)+(400m(ワーク)+400m(回復))×8+800m(クールダウン)=8km
なのだ。

折りしも8月のど真ん中、日中。この記事を書くために、3.2kmぐらいだったら……と思って走り出したが、8kmって、何それ、聞いてない。

なんと、終了してしまうミス。再チャレンジするや、否や?

さらに追い討ちをかけるようにミスが発生する。

この記事のために画面キャプチャを撮りながら走っていたのだが、なにぶん走りながらの操作なので、ボタン操作が上手くいかない。そして、ミスって『ランニングを終了』を押してしまったのだ。

この時点で3kmぐらい走っていたのだが、振り出しに戻る。

「いくらなんでも、ここから炎天下を8km走るのはヤバい。明日にしようか……」「でも、もう一回チャレンジするのは面倒。なんとか今日走ろうか……」
と逡巡する。このままでは、合わせて11kmのランニングになってしまう。

ともかく、水分を取って、東屋の日陰で休憩するが、10分経っても20分経っても心拍が100以下に下がらない。

「これが老いか……」
と思うが、ともかく30分ぐらい休んでランニングを再開することにした。

さすがに、足が重い!

再び、走り始める。

まず、ゆっくり『ウォーミングアップ800m』。そして、「ピピッ」という音とともにペースを上げて『ワーク400m』。といってもこちとら53歳のオッサンである。それほどペースが上がるわけではない。

ランニングを終了させてしまう前の1回目のワークでは400mを1分40秒を切るぐらいで走れたのに、体力が回復していないから1分50秒ぐらいがやっと。ブルーの帯の『残り○○メートル』というのと、インターバル時間をチラチラ見ながら一生懸命走る。

ワーク400m、回復400mと繰り返す。インターバルランといっても、53歳、体重70kgのオッサンである。それほど速度が出せるわけではない。下手すれば、ワークも回復も似たような速度になってしまう(笑)

とりあえず、ワークを頑張るが1分50秒ぐらいは掛かってしまう。メリハリをつけるために回復は極端にゆっくり走る。3分ぐらいかけて。

しかし、先に無駄に3km走ったから、いきなりしんどい。暑い。1サイクルごとに水道で水を飲んで走る。

Jay Blahnik氏の笑顔が、脳裏に

4サイクル目ぐらいから、今が何サイクル目か分からなくなった。ワークか回復かは音声で言ってくれるが、ワークなのか、回復なのか、何サイクル目なのか、大きく表示して欲しい。こちとら老眼なのだから、細かい文字で表示されても見えない。

あと、途中で、「エクササイズリングが完成しました」とか、別の通知を入れるのは止めて欲しい。混乱する。ワークが終わったのかと思って、走るのを止めてしまう。

今、自宅で画面キャプチャを見ているから、画像左上に『WU』(ウォームアップ)、『W』(ワーク)、『R』(リカバリー)、『CD』(クールダウン)とあるのに気付いたが、走ってる時には分からなかった。

5サイクル目からは、トータルの距離を計算して何サイクル目か考えるしかなかった。たとえば、5サイクル目が終われば800m+800m×5 で、4.8kmだ。

頑張って走ってると、目の前にホワホワしたモノが浮いてきて、手の先がチリチリした感覚になってくる。中学生の頃の部活を思い出す。あの頃も炎天下を走らされていた。

6サイクル目で、5.6km。

青学の原監督でも、「お前は山の神だ! 出し切れ〜!」とか言って、声かけしてくれればいいんだけど、誰もいないので無言で黙々と走る。あ、でも、音楽は聞いている。Shokzの骨伝導ヘッドフォンOpenRun Proで、Apple Watchに入れてある音楽を聞く。

7サイクル目で、6.4km。

もう一踏ん張り。ワークの時間のタイムは依然落ちてなくて1分50前後。でも、回復時の落ち込みがひどい。ほとんど歩いているみたいになる。

そうそう、そう言えば、アップルのJay Blahnik氏も、めっちゃハードなトレーニングの時に、めっちゃ笑顔で「ラスト1周! ペース上げて、限界まで出し切れ!」とか言いそうだなぁ……。

などと思っているうちに8サイクル目。今、見たら、8/8と小さな字で書いてある。老眼の筆者が走ってたら、こんな小さい字は絶対に見えない。

ともかく、8サイクル目の回復を走ってクールダウン。本当にかなり、よろよろにペースは遅くなっている。

鬼コーチのしごきに耐えて見事完走!

いや、Apple WatchのwatchOS 9はマジで鬼コーチ。しんどい。

ヘッドフォンはShokzの骨伝導、OpenRun Pro。

もちろん、インターバルランなんてやらなきゃいいのだが、まるで挑戦状のようなプリセットが用意されているのがヤバい。この他に用意されているのは、800m×6本、1マイルの繰り返し、1分間のヒルの繰り返し、5分×5分……と鬼のようなメニューが並ぶ。

他にも、100kcalとか、5kmを30分で走るぺーサーとか、実にいろいろなメニューが用意されている。やっぱり、Jay Blahnik氏が鬼なのかもしれない(笑顔の)。

今回のランニングのタイムはご覧の通り。

まぁ、走る人からしたら遅いんだけど、53歳70kgのおっさんなりに頑張っている。

1回、走ってしまうと、次はもっとタイムを上げようと思ってしまうから不思議だ。

心拍はご覧のような表示になっている。

ゾーンごとに色分けされていて、負荷をかけて、回復して……というサイクルになっているのがよく分かる。

watchOS 9に搭載された鬼コーチ

それにしても、watchOS 9のインターバルトレーニングはハードだ。

トレーニング好きなみなさんには、人気を博するのではないかと思う。

ちなみに、この日は、疲れ過ぎて夕方までゴロゴロしておりました。インターバルトレーニングは、もうちょっと涼しくなってからにしようと思います。

(村上タクタ)

 

 

 

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア