4気筒モデルで人気の旧車といえば、痛快な走りを予感させるセリカ

  • 2024.06.03

トヨタの4気筒モデルとして、旧車の人気も高いセリカ。特にこのLB(リフトバック)は、数あるセリカの中でも高く支持されている。アメリカのクルマから影響を受けたエクステリアは、やはりこの時代ならではの雰囲気を時を経た今でも感じることができるここで紹介するLBは、18R-G型DOHC直列4気筒の2000ccエンジンを搭載したフラッグシップモデルだ。

18R–Gを搭載した走りを意識したセリカ

’70年に登場したパーソナルクーペ、セリカ。ヤマハが開発したDOHCの2T-G型1600ccを搭載したホットバージョンの1600GTVを筆頭に豊富なラインナップを誇った。’73年にはセリカに3ドアのリフトバックが登場する。このリフトバックには18R-G型DOHC直列4気筒2000ccエンジンが搭載された2000GTと呼ばれるフラッグシップモデルが用意された。

テールエンドが跳ね上がったダックテール形状となるのがリフトバックモデルの特徴

4気筒ながら2リッターという車格から考えると、大排気量のエンジンを搭載したリフトバックは二代目モデルから 6気筒を搭載したXXシリーズが登場することを予感させるものだったといえるのではないだろうか。現にリフトバックは、ドイツのツーリングカー選手権に参戦するためにターボ化した18R-Gエンジンを搭載したセリカLBターボと呼ばれるレースカーとなり、レースでも活躍することとなる。

リフトバックモデルはクーペモデルに比べてよりルーフラインがスムースで空力的にも非常に優れていた。バンパーもボディに食い込んでフラッシュサーフェスマウントされていることがわかる

取材車両はプリンスガレージかとりが所有する’75年式の2000GT。ホイールが社外品に交換されているほか、ボディも一度リペイントを受けているが、ボディサイドのストライプは純正で、大きなカスタマイズを受けることなく往年の姿を今に残している。

フロントグリルのセリカエンブレム
ミラーはガンメタに塗装される
ボンネット左右のスリット。前期型は三連式となる
ドアハンドルはトヨタ2000GTに似たプル式を採用
リアピラーのベンチレーションスリット
当時のアメリカ車に大きく影響を受けたであろうテールランプ

テール中央の2000GTエンブレム部分を開けると給油口が隠れている。これもアメリカ車を参考とした手法と思われる
LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部