浅草の街に溶け込む、ノルウェー発のコーヒーショップ「フグレン」。

  • 2023.11.21

ノルウェー発のコーヒーショップ「フグレン」。ノルディック・ローストと呼ばれる日本では珍しいスタイルを提案しヴィンテージの北欧家具が置かれた上質な空間は、歴史ある浅草の街に溶け込んでいた。北欧のコーヒー文化が生んだノルディック・ローストが下町・浅草で味わえるのだ。

上質な豆しか使わないのがノルディック・ロースト。

浅草名所である浅草寺と花やしきの間に位置するフグレン・アサクサ。外国人観光客も多いだけに、店内はまるで海外のカフェのよう

フグレンの本拠地は、北欧ノルウェーの首都オスロ。現地でも高い人気を誇るコーヒーショップだが、なんと海外初進出の拠点となったのがここ日本だった。国内第一号店は、東京のコーヒー激戦区ともいえる奥渋谷に’12年に出店。そして’182号店としてオープンしたのは、日本文化が色濃く残る浅草だった。

海外の観光客が多い街だけに、店内も外国人利用客が目立つ。またソファやテーブルなどのインテリアは主にノルウェー製ヴィンテージで構成された空間となっているのも同店の特徴のひとつ。

‘18年9月に完成したビルに店舗を構えるフグレン。上の階はツーリストのための宿泊施設になっているため朝は外国人で賑わうという

そんなノルウェー発のロースタリーだけに焙煎スタイルも特徴的だ。伝統的なノルディック・ローストと呼ばれる焙煎で、個性を際立たせるため、すべての豆が浅煎りとなっている。しかも高品質なコーヒー豆でしか素材が持つ味が出せないため豆選びも慎重を期すのだ。

また高品質の豆の味を知ってもらいたいという理由で、現在はシングルオリジンに絞っている潔さも好印象だ。しかも浅煎りだからといって酸味が強調されているわけではなく、甘さやコクも引き出されているのがノルディック・ローストの特徴。浅煎りが苦手という人にこそ、ぜひ飲んでもらいたい。

店内には希少なノルウェー製のヴィンテージ家具が置かれた席もある。現行品もノルディック・デザインをチョイスしているこだわりっぷりだ
カクテルも同店のコンセプトのひとつ。夜まで営業しているので、コーヒーだけでなくお酒も楽しめる
コーヒーは豆の詳細が書かれたカードが添えられるのも嬉しいポイント

人気のコーヒー豆を紹介!

マネージャー・高橋圭也さん

[豆の種類]
シングルオリジン 35種類
上質な浅煎りの豆を使ったノルディック・ローストで、メニューはシングルオリジンのみ

[抽出方法]
ペーパードリップ/エアロプレス/エスプレッソ

[焙煎機]
LORING SMART ROASTER/熱風/35kg Recommend

【シングルオリジン】サルデミナス・サンタルチア農園

 

フグレンでは主にエスプレッソで使用する専用豆。そのためブラウンシュガーのような甘さが際立ったものを使用している。ミルクとの相性もいいのでラテなどで飲みたい。

産地:ブラジル
焙煎:浅煎り
焙煎方法:ナチュラル
香り:ダークチョコ
酸味:トロピカル
コク:なめらか
後味:長く続く

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部