機能性とカッコよさを併せ持つのが、軍用レザーフライトジャケットの魅力である!

  • 2023.01.02
  •              

革ジャンのジャンルのひとつに、その奥行の深さでどっぷりとハマってなかなか抜け出せないミリタリー物がある。特に第二次大戦前から朝鮮戦争あたりまで採用された“A-2”と“G-1”はその最たるものだ。その魅力をバズリクソンズの亀屋氏に教えてもらったぞ!

「バズリクソンズ」企画総括・亀屋康弘さん

本格的なフライトジャケットを再現するバズリクソンズを牽引する存在であり、日本が世界に誇るフライトジャケット研究家、そして本誌連載「魁!!フライトジャケット塾」の塾長も務めるプロフェッショナル!

米陸軍航空隊と米海軍航空隊は言わばライバル関係。そのため各軍が独自に開発しており、デザインの仕様は大幅に異なる
そういった部分の違いを知れば知るほど、革製フライトジャケットにハマっていくはずだ

使用される環境で異なる進化を遂げた、タイプA-1とタイプG-1。

世界規模で多くのミリタリーファンを魅了するアイテムが、米陸軍航空隊のタイプA-1と、米海軍航空隊のタイプG-1である。どちらも飛行服という性格を持ちながら、デザインにおいて全く異なる仕様を持っている。

「どちらも第二次世界大戦において活躍した代表的な革製のフライトジャケットです。その両者の最大の違いは使用される温度域が異なること。そのアプローチの違いから独自の進化を遂げていきました。また使用素材の違いもデザインに影響を与えています。A-2は馬革という大型の動物、一方のG-1は山羊革という小型の動物なので、革の裁断方法から異なり、それがデザインにも影響を与えているのが面白い所でもあります」

【Type G-1】運動性能が高いので、バイク乗りの方にもオススメです。

小動物である山羊革を使うG-1。そのため原皮はかなり小さい。そこで効率よく使うための裁断となり、プリーツや脇下の切り替えなど、見えない部分に工夫が見られる。その結果、着用時の運動性能向上に繋がるデザインとなった。

BuAer-U.S. NAVY Type G-1 A.PRITZKER &SONS., INC.

G-1のルーツを辿ると、M-422に始まり、M-422A、AN-6552(陸・海共通)、AN-J-3 ~ 3A(陸・海共通)を経て、55J14にて「G-1」の名が初めてラベルに記載される。とはいえM-422からそのデザインは大きく変わることなく、長きに渡りアビエイターたちの身を守り続けてきた。18万4800円

G-1の特徴は背中に設けられたアクションプリーツ。身体の部位で最もよく動かす肩回りの動きを妨げない機能は、バイクに乗ってハンドルを握る際の動作でも快適に行えるのだ

【Type A-2】端的に言えば、首周りの仕様で、着こなしの見え方が変わります。

米陸軍航空隊が採用し、革製フライトジャケットの代名詞となったタイプA-2。その種類を大別すれば、“台襟あり” と“台襟なし” に分けることができる。台襟ありならラフウエアが代表格。一方の台襟なしで人気なのがJ.A. デュボウだ。

ROUGH WEAR CLOTHING CO.[ラフウエア・クロージング・カンパニー]

A-2と言えばあまりにも有名なコントラクターがラフウエア社。その納入回数は計5回を数える。台襟の付いた大型の襟はラフウエア社らしい迫力のあるフォルムとなっている

J.A.DUBOW MFG. CO[ジェイ・エイ・デュボウ・マニファクチャリング・カンパニー]

計4回も納入を果たしたJ.A.デュボウ社。コントラクターの違いによって幾つか存在する台襟のないA-2のモデルの中でもひときわ目立つ存在。鋭角でシャープな襟が特徴だ

JACKET, FLYING, SUMMER Type A-2 CONTRACT No. W535 AC27752 BUZZ RICKSON CLOTHING. CO.

シンプルなカッコよさを持つタイプA-2。中でもラフウエア社と言えば、台襟付きらしく高い位置にある襟の形状。台襟の縫い合わせ部分が芯のように機能するため、着用時に襟がペタッとならず、凛々しい印象を与えてくれるデザインとなっている。19万5800円

JACKET, FLYING, SUMMER Type A-2 ORDER NO. 42-18775-P BUZZ RICKSON CLO. CO.

J.A.デュボウ社に代表される台襟なしのタイプA-2だが、その他にエアロレザー社も台襟なしのモデルを展開していたことで知られる。着用時に襟が開襟シャツのように低く広がるのですっきりとした印象だ。大戦当時のパイロットの様に襟を立てても着こなしやすい。18万4800円

【問い合わせ】
バズリクソンズ(東洋エンタープライズ)
TEL03-3632-2321
https://www.buzzricksons.jp/

※情報は取材当時のものです。

(出典/「Lightning2022年12月号 Vol.344」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア