“夏酒”の元祖、日本酒アレンジを楽しもう!

  • 2022.08.22
  •              

本来“夏酒”とは、日本の蒸し暑い夏に冷え冷えにして飲むと美味しい日本酒のことをさすようだ。アルコール度数を低くして軽快な飲み口にしているらしいが、実はその定義はないに等しい。ということで、日本酒の種類に関わらず、夏にぴったりな飲み口や味になるよう、勝手にアレンジして提案したいと思う。ロックからグレープフルーツ割りまで、これが意外とイケる! 普段日本酒はあまり飲まないという方にもおすすめだ。固定概念にとらわれない日本酒を楽しもうじゃないか。

日本酒にもいろいろな種類があるんです。

ご存じのように日本酒には米の磨き具合や使う麹によって種類が異なる。そこで、日本酒の種類をちょっとおさらい。金沢の福光屋ブランドでキリッと飲める辛口のセットを購入して、アレンジを楽しんでみることにした。またちょっと珍しいどぶろくアレンジにも挑戦してみる。

加賀鳶 純米大吟醸

キレのよい辛口タイプの純米大吟醸。酸味に特徴があるすっきりとした味わい。冷やしてグイッといきたい一本。

黒帯 悠々

キレのよい芳醇な旨みを持つ辛口仕上げ。蔵内でじっくりと熟成させているため、辛口だけれど辛さを感じないのが特徴。

福正宗 純米辛口 生詰

熟発酵によるみずみずしい香りとクエン酸の爽やかな酸味を感じる一本。ドライな後味で食中酒としても秀逸な仕上がり。

風よ水よ人よ 爽麗仕込み 純米

独自の酵母による爽麗仕込みの純米酒。フルーツ酸の爽やかな風味とアルコール度数12度なので、みぞれ酒にぴったり。

福正宗 氷温生貯蔵酒 辛口ドライ

厳寒の酒蔵で仕込んだ純生酒を生のまま氷温で貯蔵した超辛口な一本。しぼりたての生の風味が生きた軽やかさが特徴。

福正宗 銀ラベル

お米と水だけで仕上げた純米酒。さらりとした後味で、どんな食事にもぴったりだ。冷やしてもよし、お燗にしてもよし。

どぶろく

純米100%で仕込み、もろみなどを濾過せずそのまま瓶詰めした昔ながらの酒。隠し酒とも言われる伝統製法の日本酒。

超簡単! 日本酒ロックの作り方。

ロック酒のいいところは氷を入れて日本酒を注ぐだけで簡単にできること。だったら冷や酒でいいじゃない? と思うかもしれないが、氷が少しずつ溶け出すことで、味変を楽しむことができるのだ。さらにアルコール度数が徐々に低くなるため、最後はすっきりとした味わいになる。ぜひ試してみてほしい。

グラスを冷やし大きめの氷を入れる
冷やした日本酒をそそぐだけなので、いつでも簡単に冷え冷えの日本酒を楽しめる

柑橘フルーツのソーダ割りの作り方。

日本酒の辛口と柑橘系フルーツはとても相性がいい。特に暑い夏には、日本酒に少し加えるだけでも後味がすっきりする。さらにソーダで割ることでより爽やかになること請け合い。日本酒が苦手な人でも、スイスイ飲めるのでおすすめだ。今回はライムを使ったが、レモンやカボス、スダチなどを使っても風味が変わるので、いろいろ楽しんでみよう。

1.ライムを絞る。

ライム1/2分をあらかじめ絞っておく。フレッシュなライムを使うことで香りが強まる。

2.日本酒をそそぐ。

冷やしたグラスに冷えた日本酒を1/2ほど入れる。

3.ライムを入れる。

そこに絞ったライムを入れる。

4.ソーダを入れて混ぜる。

さらにソーダを入れて軽くかき混ぜる。

5.完成。

ライムを添えれば完成。

日本酒をシャーベットにした“みぞれ酒”の作り方。

日本酒の夏酒の代表といえば「みぞれ酒」。完全に凍らせるのではなく、シャーベット状にしたデザートのような飲み方だ。飲みやすいので、次から次へと口に運んでしまう魅惑酒で、この季節にはもってこい。作り方のコツは、瓶ごと冷凍庫に入れるのではなく、容器を入れ変えると時短になる。

冷凍庫に90分ほど入れておくと、シャーベット状になる
キンキンに冷えている上、デザートのように飲めてしまう“危険な”みぞれ酒。ミントを添えるよより爽やかに

どぶろくとグレープフルーツのまさかのコラボ!

発酵させて漉さない伝統的な製法で作られるどぶろくは、とろりと少し甘みがありながら口の中で弾けるようなお酒。どぶろくと合わせるのは、甘さと酸っぱさが合わさったグレープフルーツ。どぶろくが酸味を和らげ、グレープフルーツがどぶろくを飲みやすくする。加えて米とグレープフルーツの粒の食感がまた楽しい。目から鱗の組み合わせだが、一度飲んだらヤミツキになるぞ。

氷はブロックでもクラッシュでもOK。グラスはあらかじめ冷やしておく
どぶろくをグラスの1/3ほど入れたら、グレープフルーツの果汁か100%ジュースをそそぐ
分離しているので、よくかき混ぜてからいただこう
グレープフルーツの代わりにシークァーサーもおすすめ。お試しあれ

(出典/「Lightning2022年9月号 Vol.341」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア