アウトドアにも持って行ける、あると便利なスパイスボックスをDIY!

初心者でも簡単に作れるインテリアやギアをDIY するこの企画。今回はアウトドアにも持って行きたいポータプルタイプのスパイスボックスを作ってみた。

【今回教えてくれた先生は……】
DIYer(s)
DIYに特化したWEBサービス「DIYer(s)」。ショップの紹介やオリジナルDIYレシピを世界に発信&アーカイブしている。またDIYを通して暮らしを豊かにし、モノの価値を見直すことを提案。詳しくはこちらをチェック! http://diyers.co.jp

大小様々なスパイスや調味料の収納が可能なボックス。

仕様

サイズ:W210×H300×D170mm(1つ)
所要時間:約3時間
材料費:約1万円
難易度:★★★☆☆

昨今のアウトドアブームで、様々なギア登場する中、より自分が使いやすいようなギアを作ってみるのもいい。特にアウトドアの醍醐味のひとつである料理は、それなりにこだわりたいもの。そこで、アウトドア飯の楽しさをより演出してくれるであろう、ポータブルタイプのスパイスボックスを作ってみたいと思う。

調味料の容器の大きさは大小さまざまなので、背の高いボトルを入れられる1段タイプと、スパイスなどの小瓶を並べられるような2段タイプを合体させることにする。普段使っている調味料のボトルがあれば、その高さに合わせて大きさや段の位置を調整しよう。また持ち運びしたときに、ボトルが落ちないよう、支えの棒を設置するのもポイントだ。あとは、好みでペイントしたり、模様を描いたりとアレンジを加えてみてはいかがだろうか。

まずは、準備するものをご紹介。

1段用ラワン板

背板1枚(180×270mm)、サイド用2枚(300×70mm)、天地用2枚(180×100mm)をそれぞれ用意。

2段用ラワン板

背板1枚(180×2701mm)、サイド用2枚(300×70mm)、天地用2枚(180×100mm)、仕切り用(180×55mm)。1820×910mmで3000円

支え用の棒

スパイスを収納したときに飛び出さないようにするための支え。3本用意。100円

蝶番とぱっちん錠

観音開き用の蝶番を2個。箱を閉じるためのぱっちん錠を1個用意。各300円

塗料

今回はボディの半分に色づけを行う。好みの色の塗料を用意しよう。各1419円

オールドウッドワックス

上の塗料を塗る前に全体を古材風にする。今回はオールドウッドワックスを使用。3300円

ステンシルシート

ボックスの外側にステンシルで模様付け。クリアファイルに好みの模様をくり抜く。300円

持ち運びするためのハンドルとなる紐。今回は4mmのものを使用する。200円

今回使った道具はこちら!

ペンドライバー

コンパクトなペンタイプのドライバーは今回のような小型のものを作るときに便利。

電動サンダー

木材の表面を滑らかにする際に使用。塗料も染みこみやすくなる。ない場合は紙やすりでもOKだ。

早速やってみよう!

1.表面をサンディングする。

まずカットしたすべての木材の表面をサンディングする。コバ(サイド部分)も忘れずに行おう。

2.オールドウッドワックスを塗る。

布にオールドウッドワックスを少量取り、すべての木材に塗っていく。木目に沿って塗るのがポイントだ。

3.ボックスを組み立てる。

まず、設置部分を確認し、その面に木工用ボンドを塗って仮留めをする。ボンドが乾くまで待つ。

4.仕切りをつける。

2段用のものは中央に仕切りをつける。後で支えの棒を設置するので、1面は外す。

5.ビスで本留めをする。

ボンドが乾いたらビスで本留めをする。まず、ビスを打つ箇所に穴を開け、その後にビスを打つとうまくできる。

写真のように仮留めした板すべてに本留めのビスを打つ。板が薄いので打つ場所を確認しながら作業をしよう。

6.支えの棒を設置する。

棒を設置する箇所に、棒の太さと同じ大きさの穴を開ける。ビットの先端にマスキングテープで深さの目安を付ける。

外していた1面にも棒を差し込む穴を開たら、写真のように箱を完成させる。2段用は棒を2つ設置する。

7.蝶番を付ける。

箱の背になる部分には蝶番を2カ所、開け閉めを行う部分にはぱっちん錠をそれぞれ付ける。

8.ペイントを行う。

まず塗る部分の目安としてマスキングテープを貼る。好みの塗料を塗ってテープを剥がすときれいな仕上がりに。

9.ステンシルをする。

どちらかの面にステンシルをしてみる。好みの模様にくり抜いたクリアファイルをマスキングテープで貼り、塗料をスポンジでポンポンと塗る。

10.紐を付ける。

紐を付けたい部分に、紐の太さと同じ大きさの穴を開ける。内側から紐を通し、適度な長さにしたら内側で紐を結んで固定する。

完成!

使い勝手もよく、持ち運びもしやすい便利グッズ。自分好みに色付けしたり模様を付けたりすることで、愛着も湧くこと間違いなし。アウトドア飯づくりがもっと楽しくなるはずだ。

(出典/「Ligthning 2021年9月号Vol.329」)