海を感じながら暮らす丘の上のビーチハウス。|BESS

三浦半島に位置し、海を望む風光明媚な場所として知られる神奈川県葉山町。そこに、BESS(ベス)の家で理想の暮らしを手に入れた素敵なご家族がいる。丘の上から海を眺め、時にはサーフィンに出かけ、週末はウッドデッキでBBQを楽しむ。海を心から愛する小黒さんご一家の、“丘の上のビーチハウス” にお邪魔させてもらった。

自分らしくカスタムできるのが、BESSの魅力。

BESS COUNTRY-LOG|丸太を組み合わせたような、ログハウス然とした外観が人気のカントリーログ。家の中は木の温もりに溢れた空間が広がり、ゆったりとリラックスした時間を過ごすことができる。愛車である’79シェビーバンも、ばっちり似合っている

「結婚して、海が近いところに住みたくて、最初は横浜、その後鎌倉に住んでいたんです。そろそろ家を建てたいなと思っていた時に、BESSの家と出会いました」

そう話すのは、美容室を営む小黒高志さん。若い頃からサーフィンを嗜み、またアメリカ車も大好きという趣味人だ。友人に「面白い展示場がある」と聞き、訪れたのがBESSの展示場だった。

「ログハウス然としたカントリーログに一目惚れしてしまいました。展示場で見た、家の中のディスプレイにもハマりましたね。自分が住んだ時のイメージが湧きました」

天気のいい日は、ウッドデッキに設置したテーブルでゆっくり読書。「休日はここで家族とBBQをします。BESSの家にいると、毎日がキャンプ気分で楽しいんです」
土間リビングに面した窓を開け放てば、気持ちのいい風が室内を通り抜ける。「ここでゆったりとした時間を過ごすことも多いですね」と小黒さん

小黒さんにとってのBESSの家の魅力、それは「自分らしく仕上げられる」ところだという。

「穴を開けても全然気にならないので、とにかくDIYがしやすいのが嬉しいです。1階部分の土間空間を広くとったのですが、ここもお気に入りです」とご満悦の様子。ベランダからは湘南の海も見え、遂には家の裏に小屋も立てた。「ここからは江の島が見えるんです。最高ですよ」

海と共にあるBESSの暮らし。なんとも羨ましい限りだ。

小黒邸は、急勾配の坂を上った小高い丘の上に建つ。そのため、下界(?)に下りる時の足は、もっぱら電動自転車「スーパー73」だとか
カントリーログの前には、シェビー バンの他に’77ノバも鎮座。こちらは小黒さんの愛車で、通勤やサーフィンに行く時も使用している

こだわりの詰まった、BESSの家の内部を拝見!

奥様の大のお気に入りというキッチン。壁のレンガは、友人に貼ってもらったという。レンガは油を吸ってくれるため、キッチン特有の油汚れになることもなく、拭き掃除をしなくてもいつもサラサラ。

2階の子供部屋。三角屋根の傾斜で屋根裏部屋のような雰囲気だが、窓からは陽射しが降り注ぎ、室内はとても明るい。すべてが木に囲まれた贅沢な空間。

1階にある小黒さんの書斎兼趣味部屋。ここにはサーフィングッズやギター、カメラなど小黒さんの大好きなものがディスプレイされる。

家の裏に作った「海の見える小屋」。

3年ほど前に、奄美大島のステンドグラス職人の友人が建てたという小屋。大きな窓からは日光が入り、とても明るい空間になっている。ここで友人とお酒を飲むことも多いとか。

天気が良ければ、小屋の窓から江の島がはっきり見える。夜になれば、灯台の光が見えて、とてもきれいだという。「この小屋を建てて本当によかったです!」

家の裏に設置された薪棚。薪は近所の方からもらっている。冬場になれば定期的に薪割をする。これもまた楽しいイベントなのだ。

小屋を外から見るとこんな感じ。高床式になっていて、ツリーハウスのような佇まいも◎。BESSのカントリーログの雰囲気とも絶妙にマッチしている。

COUNTRY LOGをさらに知る

▼ほかのCOUNTRY LOGオーナーの暮らしを見る

バイクをイジっていても、家族との一体感がある土間リビングのある暮らし。|BESS

バイクをイジっていても、家族との一体感がある土間リビングのある暮らし。|BESS

2020年12月14日

家も趣味も同じ! 手をかけてカスタムするのが楽しいんです。|BESS

家も趣味も同じ! 手をかけてカスタムするのが楽しいんです。|BESS

2020年08月07日

【問い合わせ】
「住む」より「楽しむ」BESSの家
TEL03-3462-7000
http://www.bess.jp

●全国のBESS LOGWAYはこちら

●BESSについてもっと知るにはこちら

(出典/「Lightning 2021年12月号 Vol.332」)