“あの時代”を知る「BUDDY」が憶う、俺の’90年代アメカジ!

いつの時代も歴史は繰り返されるものだが、今密かに’90年代が注目を集めつつある。アラフォー、アラフィフ世代にとって’90年代といえばアメカジ、いや“ 渋カジ” ブームど真ん中の時代。そんな時代からアメカジシーンに関わってきた「BUDDY」に’90年代アメカジスタイルを改めて学ぶ。

日本のアメカジシーンを支えるマストショップ「BUDDY」。

JR原宿駅から徒歩13分、原宿の外れにあるショップには小さいながらも定番からコラボ、オリジナルアイテムまで旧きよきアメリカンカジュアルの魅力が詰まっている。住所:東京都渋谷区神宮前2-20-12-1F TEL03-5848-8450 営業/12:00〜20:00 休み/なし http://www.buddy71.com

元祖アメカジブームといえば、1975年に発売された「MADE IN U.S.A. catalog」(読売新聞社)の頃だが、多くのLightning読者諸兄にとって
はその次世代になる1980年代後半から1990年代半ば頃まで一大ブームを巻き起こした “渋カジ”ブームだろう。

店の雰囲気からアメリカ古着のようにも見えるが、多くはアメリカの有名ブランドの別注や、望月さんがデザインしたオリジナルアイテムだ

全国の若者を熱狂させた渋カジブームはやがてヴィンテージジーンズの爆発的高騰と、キレカジ、ネイティブ系、モッズ、スケーター、デルカジ(モデルカジュアル)など細分化したことでそのブームは終焉を迎えた。だが、アメカジは元々古着がメインだったこともあり、時代に左右されないスタンダードなスタイルとしてジャンルを確立。現在は本国アメリカのみならず、国内ブランドも年々クオリティが高くなり、大小多数のブランドがしのぎを削る状況なのはご存知の通り。

「BUDDY」店長・望月忠宏さん|日本のアメカジシーンの創成期を担った「バックドロップ」出身で、独立後「BUDDY」をオープン。深い知識と温かい人柄にファンも多い

そんななか近年、世の中は密かに’90年代に注目が集まっているという。原宿を拠点に当時からほぼ変わらないスタイルでアメカジスタイルを提案し続ける「BUDDY」に、今アメカジの源流でもある’90年代スタイルを提案してもらった。アメカジのなかでも特にカレッジスやスポーツ系に強いだけあってラフなスタイルが多いが、今見ても全く旧さを感じさせない。やっぱりこれが我々の好きなアメカジど真ん中のスタイルなのだ。

上を見上げると多数のキャップ。モーター系を中心としたヴィンテージワッペンが付けられた一点ものを中心にオリジナルデザインのモノもある
アウターやパンツ類などキッズサイズのアイテムも充実。ポップな色使いやキャラモノなどはキッズにこそよく似合う。親子で楽しめるっていいね!

望月さんのアメカジ定番スタイル&アイテム!

アメカジのなかでもカレッジススタイルやスポーツ系スタイルが好きという望月さんにBUDDYでもイチ押しのアイテムを使ったアメカジの定番スタイルを教えてもらった。流行に左右されずさらには体型や年齢を問わず着られるスタイルはまさにスタンダード。

ショートパンツとシャツでラフすぎない仕上がりに。

トップス/ BUDDY オリジナル シャンブレーシャツ1万3970円、インナー/「SPRINGFORD」 BUDDY オリジナルポケットTシャツ4950円/BUDDYオリジナル6ポケットショートパンツ5390円、帽子/ワッペン付きデニムキャップ「FORD」4290円、ブーツ/ WHITE’S BOOTS(私物)、ソックス/Hanes3足組フルレングスラインソックス1100円

春夏に重宝するショートパンツだが、膝丈くらいの長さだとどうしてもラフになりがちなところに、足元にゴツいのホワイツのブーツ、トップスにシャンブレーシャツを合わせることで、爽やかにまとめるのがポイント。

下が太めのシルエットなら上はジャストなTシャツで!

トップス/ BUDDY 別注スヌーピー「JOE COOL」Tシャツ4290円、パンツ/ U.S.NAVYユーティリティーパンツ5940円、帽子/BUDDYオリジナルハンターカモベースボールキャップ4290円、スニーカー/コンバースオールスターHIレザー(私物)

使い勝手のいいU.S.NAVYのユーティリティパンツをボトムに。太めのシルエットがお気に入りなのだとか。ボトムに太めのシルエットを持ってきたので、メリハリを持たせるために上はジャストサイズのTシャツをチョイス。

定番の501を軸にしたベースボールスタイル。

トップス/BUDDY オリジナルベースボールTシャツ6490円、パンツ/リーバイス501(私物)、帽子/BUDDYオリジナル デニムベース ボールキャップ4290円、ブーツ/REDWING 877(私物)

アメカジの王道リーバイス501にベースボールキャップとベースボールTシャツ。ラフなスタイルながら「ベースボール」をテーマにすることで、全体的な統一感を持たせることができる。キャップの色落ちも楽しみなところ。

【DATA】
BUDDY
東京都渋谷区神宮前2-20-12-1F
TEL03-5848-8450
営業/12:00~20:00
休み/なし
http://www.buddy71.com

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning 2021年6月号 Vol.326」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。