僕らを虜にするカレッジ系スウェット&Tシャツは、2021年も魅力的。

アメカジの定番アイテムであるスウェットとTシャツ。無地も大人っぽくていいけど、僕らがついつい惹かれてしまうのがプリントもの。その中でも不動の人気を誇るのが、大学や高校で実際に使われてきたカレッジ系。その本丸NCAARが日本に上陸を果たした!

古着ブームのなか、注目したい「NCAA®」。

古着でカレッジプリントのアイテムを探してみると、有名大学から無名のハイスクールまで無数のバリエーションが存在する。それもそのはず、アメリカには4000を超える大学があり、高校も含めるとその数は膨大。それぞれの学校でスクール名やマスコットを入れたTシャツやスウェットを作っていて、各スポーツのチームでデザインを微妙に変えることもあるので、このような状況になるのは納得。

今回ピックアップしているNCAA®には、アメリカの大学スポーツ協会で、1000を超えるカレッジが所属している1906年に設立され、1000校を超える大学が所属している巨大な協会だ。正式名称はナショナル・カレッジエイト・アスレチック・アソシエーション。実はオフィシャルアイテムを展開しており、各有名大学のロゴやマスコット、スクールカラーが使えて、今っぽいデザインも組み合わせされているため、いい塩梅となっている。

またキャップやスニーカーなどの小物類も充実していて、アメカジ好きであれば、物欲を刺激するものばかり。サイズ感もよく、プライスもこなれているので、早くも人気を集めている!

スクールカラー×マスコットの王道プリントからシンプルなものまでNCAA®アイテムを紹介!

マイケル・ジョーダンが所属していたことでも有名なノースカロライナ大学のTシャツ。エアジョーダン1やダンクでも展開されていたノースカロライナブルー×ホワイトがスクールカラーである。3850円

フロリダ大学のマスコットキャラクターは、現地に生息するアリゲーター。ニックネームはゲイターズだ。3850円

ニューヨーク大学のスクールカラーはバイオレット×ホワイト。名門私立だけあって、どこか気品溢れる。3850円

ニューヨークのマンハッタンにある名門私立であるニューヨーク大学のプリントは、パープルが象徴的。5390円

カレッジバスケットボールの名門であるゴンザガ大学のスウェットは、スクールカラーを中央で切り替えた。5390円

袖にプリントの入った今っぽいジップアップパーカー。もっとも歴史のある公立校であるミシガン大学。6490円

NCAA®エンブレムの入ったベースボールキャップ。シンプルなデザインのため着こなしの幅が広いはず。2530円

【問い合わせ】
ダイワボウアドバンス株式会社
TEL03-4332-5230
http://www.daiwaboadvance.co.jp

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning 2021年6月号 Vol.326」)