キャロルシェルビーが関わった、ACコブラともうひとつのV8搭載英国車。

  • 2021.10.24 2020.12.05
  •              

軽量なイギリス製のロードスターにアメリカ製のV8エンジンを搭載したモデルというと、真っ先に思い浮かべるのがACコブラだろう。そんなコブラ誕生に関わったキャロル・シェルビーが、もう一台プロデュースしていたV8搭載の英国車が、このサンビーム・タイガーなのだ。

▼ACコブラについてはこちらの記事をチェック!

1962~’67年の短命だったACコブラを復元した、カーカム社の「コブラ289」に注目!

1962~’67年の短命だったACコブラを復元した、カーカム社の「コブラ289」に注目!

2021年10月24日

フォードのV8を積んだ1965 SUNBEAM TIGER(サンビーム/タイガー)

当時イギリスのルーツグループに属していたサンビームのアルパインというロードスターにフォード製260ciV8を搭載。トランスミッションは4速マニュアルで、軽快なハンドリングとパフォーマンスから、多くのクルマがコブラ同様レースで活躍したのだ。

シンプルかつ軽量なオープンボディをベースに、当時のレース仕様をお手本に、バンパーレス化&ショートシールド化し、サーキット仕様にモディファイしてある。タイガーは’64年から’67年までに約7000台が製造されたが、サーキットなどで使用されているケースが多く、現存台数はかなり少ない。このクルマは日本国内では数少ない動態保存された個体だ

撮影車両は、オリジナルの’65年式をベースに、当時アメリカでレースをしていたレースカーをモチーフに、オーナーの手によってバンパーレス化やショートスクリーン化などのモディファイが施されている。足回りもHDショックやスタビライザーなどが装着され、今でも年に数回のサーキット走行を楽しんでいるという、走って楽しい仕様となっているのだとか。

ショートスクリーンは、元々MG用だったものを譲り受けたもの。ボディのカーブ形状がピッタリだったため、ほとんど加工することなく装着できたそうだ。
ステアリングはモトリタのウッドで、珍しいスロットタイプ。ダッシュにはメーターやスイッチ類が整然と並ぶ。ウインドシールドへの反射 を嫌ってか、ダッシュはブラックとなる
ミッションは当時のハイパフォーマンスカーが好んでチョイスしたフォード製トップローダー4速マニュアル。シフトノブの下にあるトリガ ーを引くとリバースロックが解除される仕組み
ボディサイドのレタリングは実際にアメリカにあるショップ名をスポンサー風に描いている。ショートスクリーン化することで全高が驚くほど低く見える
ホイールはオーナーの好みでミニライトへと交換されている。前後共に15インチのリム幅6.5インチで、街乗りではフロント195/50、リアに205/50を履く
フロントフード先端の前にSUNBEAMのロゴが入る。ラジエターグリル中央に横に伸びるクロームのグリルバーに装着されるエンブレムも SUNBEAMの紋章をかたどったもの
フロントグリルにはエアスクープが備わる。オリジナルではないが、当時のレース車両にはキャブレターにフレッシュエアを導入するスクープが好んで装着された
色褪せてだいぶ見づらくなってきているが、ボンネット内に残るコーションプレートが残る。その下には各部の諸元やメンテナンスデータが記載されている
ローバックのバケットシートに4点 のシートベルトが備わる他、運転席のみ頭部を保護するためのロールバーが備わる
テールフィンのよ うに真っ直ぐに伸びたリアフェンダ ー後端に備わる ールライトは、レッド一色ではなく、アンバー/レッドのコンビネーションとなる
サイドモールの途中に“Tiger” の文字が入るスタイリッシュなデザイン。その下にはフォード製V8が搭載されたモデルであることを表すエンブレムが備わる
エンジンはフォード製260ci(約42 00㏄)のV8が搭載される。可能な限りフロントミッドシップに搭載されていることが判る
フロント、リア共にバンパーを外し、サーキット 走行に必要な牽引フックを備えている。シート後 方にはソフトトップなどが収まるスペースがある が、トノカバーで覆われている

取材車のスペックを紹介!

SUNBEAM/TIGER

  • エンジン:水冷4ストロークV型8気筒
  • 総排気量:4264㏄(260ci)
  • 最高出力:164hp/4400rpm
  • 最大トルク:350Nm/2200rpm
  • トランスミッション:トップローダー4速マニュアル
  • カラー: レッド
  • ホイール:ミニライト6.5J-15(フロント/リア)
  • タイヤサイズ:195/50-15(フロント),205/50-15(リア)

(出典/「別冊Lightning Vol.165 VINTAGE CARS」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア