ポルシェのオフローダー⁉ 個性的なビジュアルが最高にカワイイ!

四角くてゴツゴツしたオフロード車が定番のなか、走破性もスピードも楽しみたい人が選んだのはなんとポルシェ。リフトアップと肉厚タイヤで武装すれば、都会派オフ車が完成する。ロサンゼルスで見つけた、ちょっと風変わりでカワイイ、オフローダーなポルシェを紹介!

1987 Porsche911|ポルシェをベースにオフロード仕様にカスタムされた異形モデル。

オフロードやアウトドアスタイルのクルマの代表格といえばいわゆる4WDやSUV、ピックアップやバンといったと
ころが定番。でもアメリカにはもっと自由な発想があった。

ここで紹介するマットの愛車はポルシェをベースにオフロード仕様にカスタムされた異形モデル。ロードカーのイメージが強いポルシェだけど、ポルシェ自身も過去にラリーなどに出場していた歴史もあるだけに、実は非常に縁が深い。でも多くの人は車高を下げて、エアロパーツや大径ホイールにロープロファイルのタイヤなどでカスタムするだけに、このスタイルは斬新。

オーナーのマットはクルマ関係のライターをしていると聞いて納得。多くのクルマを見てきたからこそたどり着いたのがこのスタイルだった。だから一般的ではなく、玄人好みなチョイスになるってわけだ

「ロサンジェルスは意外と路面が傷んでいるところがあるから、こういうクルマがうってつけ。あくまでデイリーユースのクルマとして手に入れたんだ」という。

カスタム先進国のアメリカらしい自由な発想のオフローダーだ。

カスタムをチェック!

これはプロレーサー、レー・キーンのプロジェクトとして生まれたサファリ仕様のカスタム911。ポルシェが’84年に20台だけ生産したラリー仕様の911 SC/RSをイメージしている。日本ではあまり馴染みのないスタイルかもしれないが、アメリカやヨーロッパではポルシェをベースとしたサファリスタイルのカスタムには濃いファンが存在する。

肉厚なタイヤを装備しているだけでなく、ショックによって4インチのリフトアップをしているので、いわゆるポルシェとは明らかに違うイメージになっている。ジープなどのオフロードカーほどスパルタンではなく、本来のスポーツカーとしてのイメージを残しているので、走破性を高めつつもしっかりとスピードも楽しめるイイトコ取りのスタイル。リアビューはウイングを装備しているが、タイヤハウスにマッドガードを装着してオフロード車のイメージを高めている。

アルミのスキッドガードや4連のフォグランプなど、フロント周りはラリーカーの出で立ち。いわゆるポルシェ然としたフロントマスクの印象は皆無。

ホイールは16インチで、フロントが7J、リアが8Jとレーシングカー並み。装着するタイヤは扁平率60のBFグッドリッチのオールテレーンをチョイス。

エンジンは250馬力を発生する3.2L空冷フラット6。ファンをボディカラー同色のカシスレッドに塗るなど見えない部分もディテールアップしている。

レー・キーンのサインが入ったプロジェクトのプレートが付く。内装はシティバスにも使われる耐水性、耐久性の高い素材で張り替えられている。

6連ゲージを装備するインパネはポルシェのアイデンティティ。ステアリングはレーシーなモモのプロトティーポに換装したやる気仕様である。

サイドミラーはボディ同色の小さなタイプに換装してスポーティなルックスに。多少視認性が悪くなるけれど、実用よりも見た目でチョイスする。

(出典/「Lightning 2019年6月号 Vol.302」)