ネイティブ柄とワークスタイルのマリアージュが楽しめる一着“ローンウルフ”。

最終更新日 2021.10.24 公開日 2020.03.08

どうも最近柄モノに弱い私。それぞれを合わせたらケンカしてしまいそうなのがタマに傷だけど、シャツやらジャケットやら柄モノを最近購入しがちである。無地ばかりをチョイスしていると正反対のモノが欲しくなるのか、柄モノを堂々と着こなせる年齢になったのかは知らないが、気分って変わるモノである。

「スティーブンソンオーバーオールズ」のローンウルフ

パッチポケットをあしらったシンプルなワークジャケットのデザインもネイティブ柄で仕上げることで、しっかりと主張してくれる1 着になるという好例。ありそうでなかった発想。4万3780円(トパンガ TEL03-6805-0870 http://www.soc-la.com)

そんな昨今の個人的な柄モノブームのなかで手に入れたのが「スティーブンソンオーバーオールズ」のローンウルフなるジャケット。

これはアメリカンカルチャーにおける柄の定番ともいえるネイティブ柄がなんといっても特徴。ネイティブアメリカンの伝統柄ならまだしも、オリジナルで柄を起こすとなると、これがまたセンスが重要になってくるもの。

柄のパターンや大きさ、それに配色など、ちょっとした違いで自分のなかでアリとナシが分かれやすい。そんな超個人的な、ある種偏ったものさしで見てもアリだと思わせてくれたのがこれだったってわけ。不思議なのは一見、派手に見えて敬遠されがちだけど、袖を通してみると、それほど派手にも見えず、真冬はコートのインナーとしてチラ見せするにもちょうどいい。

柄モノなので、極めてシンプルなデザインで仕上げているのも好印象。コイツは春先まで活躍してくれそうな予感。

モデルの良し悪しはさておき(笑)、着てみると単体で見たときほどの派手さはなく、しっくりとくるでしょ。ジャス
トサイズは36だけど、私はあえて38をちょっとゆったり目で着とります
ジャカード織りで表現されたネイティブ 柄に起毛をかけることで、柄のエッジを 柔らかにするひと手間がうれしい。ポケ ットの柄合わせも完璧な仕上がりだ
ボタンはヴィンテージのモルガンコイン を加工したコンチョタイプを使うという ぜいたくな仕様。ワークジャケットのデ ザインながら、高級感がしっかりとある

【問い合わせ】
トパンガ
TEL03-6805-0870
http://www.soc-la.com

(出典/「Lightning 2020年3月号 Vol.311」)