「戦争批判」を意味する過激な柄にノックアウト。アフガニスタン製のWAR RUG

最終更新日 2021.10.18 公開日 2019.12.30

この前、金曜ロードショーで『風立ちぬ』を見た。スタジオジブリ製作の映画である。この映画を製作するに至るエピソードに興味深い理由があった。それは「戦闘機や戦艦を好む一方で戦争反対を主張する」という宮崎監督の矛盾だという。その矛盾の答えを出すべく映画が製作されたそうだ。

私もミリタリー好きと公言しているけど、「戦争」には反対だ。でもミリタリーウエアや装備とかを純粋にカッコいいと思う心はどうしようもなく、宮崎監督のような矛盾を持っている。とはいえ好きなモノは好きなのだからしょうがない、と割り切っているが。

そんな私のミリタリー好きの魂に響いたアイテムを紹介したい。

アフガニスタン製のWAR RUG

トルクメン族によって手織りされる絨毯など、織物産業で有名なアフガニスタン。その伝統の 織物技術を落とし込み織られたウォーラグ。国内での流通量は少なく気に入る柄に巡り会いに くい。でもネットで「War Rug」と検索すればeBayなど海外サイトで購入できるはず

それは「ウォーラグ」と呼ばれるアフガニスタン製の手織りラグ。モチーフは突撃銃や戦車などの兵器、戦争の事象など。このラグが誕生したきっかけは、ソ連軍によるアフガニスタン侵攻がきっかけだという。でもこれは戦争賛美の織物ではなく、むしろ戦争を批判するために、織られたもの。

ウォーラグの中でもインパクトのある「9 ・ 11 」モチーフ。旅客機が突っ込んだツイ ンタワーが描かれ、アメリカ国旗や空母、 戦闘機などが織られている

手織りならではの耐久性の高いラグに過激なメッセージを織り込むことで、それを製作した人々の、平和を望む願いを永きに残す、という意味が込められている。と、生半可な気持ちでは使えないウォーラグだが、これを手にすることで、政情不安のアフガニスタンに暮らす人々の、少しでも経済的な支援に繋がればいいなと思っている。

こちらはソ連が生んだアサルトライフル のAk-47が織られたウォーラグ。その周りにはヘリコプターや装輪装甲車などの兵器がデザインされている

ちなみに海外ではウォーラグのコレクターも存在し、旧い年代に織られたラグは、ミリタリーアートとしての価値を持っているという。

ウール100%で織られたウォーラグ。 手織りによるしっかりとした厚みのある質感で、細かな織模様など非常に手が込んでいる。ちなみに織り手によって色や柄など、織りの細部が異なってくる

情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning 2019年月6号

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。