最初が肝心! 新品ジーンズ(デニム)と2回目以降の洗濯機を使った正しい洗い方。

最終更新日 2022.07.21 公開日 2019.12.07

新品のリジッドデニムを買ったら、まず一度水洗いをする。そうして糊を落としてから履くことでジーンズ本来の色落ちを楽しむことができる。それと、履く前に洗うことで生地の収縮が終わるのでレングスを合わせるのに失敗しない。履きこんでいくうちに色落ちが進むが、2回目の洗濯時に色の落ち方がほぼ決まるのだ。3回目以降は全体的に色が落ちていき、アタリの部分だけ色が落ちるということはない。

ジーンズの最初の洗い方。

1.まずは水洗い。

買ったばかりのジーンズは汚れもついていないので洗剤なしでOK。糊を落とすために洗濯機で通常コースで普通に洗う。

2.裏返して洗濯機にイン。

ボタンを締めて裏返したジーンズを洗濯機に入れる。水温など特に気にせずジャブジャブ洗ってしまおう。

3.洗濯後にレングスを合わせる。

糊を落とすほかにも一度洗うことで縮ませる目的もある。乾燥後にレングスを合わせれば失敗しない。

ジーンズの2回目以降の洗い方。

1.洗剤を使う。

1度目の洗濯後、履きこむことでアタリが出てくる。色落ち部分とのバランスを見極めたら二回目の洗濯を決行。

2.3回目以降は汚れ具合と相談して。

日常生活を共に過ごしたジーンズは当然汚れが付着しているので、洗剤を使った方が好ましい。

Before⇒After

左)これから自分色に染めていく新品デニム。色の落ち方にライフスタイルが反映される。右)この洗濯で仕上げてきた1本。色の残った部分とヒゲやアタリのコントラストはこのまま変わらない

押さえておきたい、メンテナンス3つのポイント。

  1. 2回目の洗濯をするタイミングでコントラストが決まる。
  2. 洗剤はなんでもいい。
  3. 乾燥機は使わない。

基本のジーンズの洗濯の仕方としては、上記の3つのポイントがあげられる。もちろん、洗剤にこだわることもできるが、最初はこの3つのカギを押さえておけばOK。さあ、早速トライしてみよう!

▼仕上がりに差が出る? おすすめジーンズ用洗剤はこれだ!

ジーンズを洗濯するのにおすすめなデニム用洗剤9選。

ジーンズを洗濯するのにおすすめなデニム用洗剤9選。

2019年12月04日

ジーンズの染み抜きはプロにお任せ!

ジーンズついてしまったシミを抜いたり、自分ではどうにもならないダメージはプロに頼むという手もある。デニム・クリーニングに定評のある店を紹介する。

1.クリーニングショップカミヤ

ジーンズの色止めなどの独自のスキルを有するクリーニングショップカミヤ。シミ抜きやドライクリーニングの仕上がりはもちろん、衣替え時に気づいたシミや、ウエア全体の黄ばみを元に戻す復元加工も人気の理由。愛着のあるジーンズをクリーニングに出すのなら、絶対ここがオススメだ。

【DATA】
東京都世田谷区下馬2-4-5
TEL03-3422-4937
営業/7:30〜20:30
休み/日祝
http://www.setagaya-sentaku.com/

2.いせ山クリーニング

神奈川県は藤沢に店を構える老舗クリーニング店、いせ山。30年以上もの長きにわたってブランド品から着物に至るまで、ありとあらゆるウエアの色移りやシミを修復してきた。特にシミ抜きの技術に関してはずば抜けていて、ほとんどのシミを何もなかったかのように修復してくれる。他店からの依頼も殺到する染み抜きのエキスパート。

【DATA】
神奈川県藤沢市鵠沼5-10-9
TEL0466-22-1511
営業/10:00~19:00
休み/火曜(相談のみ受付)、日祝、第1・3月曜 ※変更になっている場合があります。HPでご確認ください。
http://cl-iseyama.com/

クリーニングではケアしきれない、リペア(修理・補修)が必要な場合は、こちらの記事を読んでみよう!

穴の開いたジーンズを、自分でおしゃれにリペア(修理・補修)する方法。

穴の開いたジーンズを、自分でおしゃれにリペア(修理・補修)する方法。

2020年03月20日

▼こちらも記事もおすすめ!

「リジッドデニム」を、自分に合った縮みと色落ちに育てて長く愛そう!

「リジッドデニム」を、自分に合った縮みと色落ちに育てて長く愛そう!

2017年03月02日

(出典/Lightning ZERO DENIM ISSUE)