レーサーの血が騒ぐバイク「フラットトラッカー」って何だ?

  • 2021.10.24 2019.11.22
  •              

近年国内でもレースイベントが多く開催され、ストリートのみならず人気を集めているバイク「フラットトラッカー」。もちろん街乗り用のバイクもいいですが、せっかくバイク乗りなら風を切る感覚を味わってみたい、そんな方にオススメのバイクです。もしかしたら、あなたの中のレーサーの血が騒いじゃうかも!?

「フラットトラッカー」カスタムで人気のモデル

競技ではオーバル状のコースを左回りで走るため重心を偏らせつつ、バンク角も稼げる左出しのアップマフラーが基本形。また、ストレートでは上体を伏せるポジションになるため、腰を固定するためのシングルシートを装着し、ワイドハンドルや前後同径ホイールなどもフラットトラッカーを決定付ける要素。既にカスタムされた車両も含め、これらの要素を満たすモデルを抑えておこう。

1971 YAMAHA XS650

ヤマハの名車のひとつに数えられ、カスタムベースとしても人気が高い車両。

HARLEY-DAVIDSON XR750

1972年に発売されたモデルで、AMAフラットトラックで絶大な人気を誇った。現在も中古市場で人気の車両。

1974 HONDA ELSINORE MT250

ホンダ初の本格的2ストロークエンジンを搭載したモトクロス競技用モデル。70年代の発売当時、イメージキャラクターに俳優のスティーブ・マックイーンを起用していた。

「フラットトラッカー」の詳細をチェック

「フラットトラッカー」を知るには、レース・ストリート両方の観点を持つ専門家に聞くのが一番。1998年に創業以来、旧きよきアメリカのオフロードスタイルを提案してきたカスタムショップの名店「エム&エムズ モーターサイクル」が作る車両「1999 YAMAHA SR500」から詳細を確認しよう。

問い合わせ / M&M’s motorcycle TEL046-207-7059

ヤマハの代名詞であるSRだが、そんな車両を60年代後半のフラットトラッカーをストリート仕様に落とし込んだエム&エムズが得意とするカスタム。当時のカルチャーに造詣が深い同店がオリジナルで製作した外装を組み込んでいるだけあって雰囲気も抜群。

フロントフォークの剛性を高めつつ、クールなスタイリングも演出してくれるスタビライザーは、エム&エムズがオリジナルで製作したもの。

トラッカースタイルには欠かせないワイドハンドル。メーターもコンパクトで、レーサーのようなシンプルなハンドルまわりに。

クラシカルなトラッカースタイルを決定づける、高さを抑えたデザインのタンク。シンプルなカスタムペイントもヴィンテージ感があって◎

カウル一体型のシートもトラッカーならではのスタイル。縦タックロールや後端をチョップしたようなデザインも秀逸。

「フラットトラッカー」ラバーの愛車をチェック!

今回スナップに協力してくれた「フラットトラック」ラバーたちはレースシーンでも活躍している人ばかり。ストリートを駆け抜けるだけでなく、土臭いレース場で泥まみれになりながらバイクを楽しんでいる姿は、ぜひ参考にしたい。

2007 HONDA FTR223 / 山口昌男さん

「アイアンショベルヘッドでスライドするための練習用車両として購入したんです」と語る山口さんのFTRは、基本的な骨格は残しつつスプロケやハイカム、ビッグキャブなど細かくセッティングが施された本気仕様のマシン。

HONDA BENLY CD50 / BUDDY CUSTOM CYCLES 福田光佑さん

小学生の頃からフラットトラックで活躍している福田さん。愛車はCD50をベースにエンジンを載せ替え他車種の外装にペイントしたライトカスタム。

SUZUKI Grass Tracker / SHAKIN’ SPEED GRAPHIX 清水知巳さん

ペインターの清水さんの愛車はスズキ・グラストラッカーをベースとしたカスタム。シートカウルをワンオフで製作してホイールのリムと外装のカラーリングを統一。ベース車次第ではノーマルを活かしたままで十分フラットトラックを楽しめるのだ。

フラットトラックレース「HAVE FUN!!」が盛り上がっている!

ここ数年新たに注目を集めているフラットトラックレース。そして、今回は2018年の横浜ホットロッドカスタムショーにて注目を集めた「Have Fun!!」を紹介。カスタムビルダーが中心となり、あえて安価で低重心なコンプリートエンジンを使ったカスタムバイクで草レースを走る大会だ。

カスタムバイクを作るところからスタートした集まりだが、今では走るのが楽しくて毎月3、4回程度は集まってバイクで遊んでいるのだとか。ハブファンの練習風景はハイクオリティなカスタムを見ているだけでも面白いが、やっぱりバイクは乗って楽しむのが一番、ということを改めて感じさせてくれる。意外と身近なバイクでもライトカスタムで挑戦できるフラットトラックレースは、これから益々盛り上がる予感だ。

意外にもバイクはこうじゃなければいけないというスタイルはなく、軽くて操作性が高ければどんなバイクでもチャレンジできる。初心者はホンダのFTRなどから始めるのが値段的にも扱いやすさ的にもハードルが低いとか。

 

いかがでしたか? 自由自在にレース場を駆け抜ける「フラットトラッカー」かっこいいですよね。もちろん、公道では無茶な運転はできませんが、安全に心掛けながらバイカーライフを楽しんじゃってください!

▼こちらの記事もおすすめ!

いまストリートで乗りたいバイクは、「ダート」なこの4スタイル。

いまストリートで乗りたいバイクは、「ダート」なこの4スタイル。

2019年09月05日

(出典:「別冊Lightning BIKERS SNAP」「別冊Lightning VINTAGE MOTORCYCLES」「別冊Lightning VINTAGE BIKE FILE」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア