アメリカンカルチャーを代表するビール「パブストブルーリボン」が日本上陸!

アメリカではバドワイザーやミラー、コロナと並んで有名なビール「パブストブルーリボン」。180年近い歴史を持つアメリカンビールだが、これまで一般的に流通しておらず、日本での知名度はアメリカンカルチャー好きなどに限定されていた。それがこの夏、日本での代理店が決定したことにより、日本全国のダイナーやレストラン、ECサイトを通じて飲むことができるようになったのだ。

パブストブルーリボンがアメリカンカルチャーのアイコンである理由。

8月末に開催されたローンチパーティにはシークレットゲストとして気鋭のバイリンガルラッパー、MIYACHIが登場。日米双方のシーンで活躍するラッパーのサプライズパフォーマンスで会場は熱気に包み込まれた

1844年にウィスコンシン州ミルウォーキーで設立された「Pabst Blue Ribbon」。アメリカにおいては低価格帯で安定した味のビール造りにより、ブルーカラーを中心に広く浸透し、現在のアメリカ国内でのトップクラスの販売数をキープし続けている。

そして、スケートブランドやストリートブランドがロゴをサンプリングした例も多く、スケートデッキや時計などにも多くデザインをされたこともあって、アメリカンカルチャーには欠かせないコアなビールとして知られるように。また、アメリカ国内ではフェスの主催、シアターの運営など、カルチャーやファッションと密接な関係を築き上げてきた。

そんな異色の経歴によってブルーカラーだけでなく、今ではストリートの若者をはじめ、ミュージシャンやアーティストなど、様々な層からアメリカを象徴するビールの一つとして支持されている。日本においても、そういったアメリカンカルチャー好きなショップや飲食店では、すでに知られた存在になっていた。

ところで、「パブストブルーリボン」はどんな味?

原宿のアパレル関係者からメディア関係者、ミュージシャンやアーティスト、モデル、スケーターやバイク乗りまで、様々なバックボーンを持つ人種が集ったのもPabst Blue Ribbonのパーティならではの光景

スタイルはアメリカンラガーだが、日本のビールメーカーのラガービールに比べ、軽くスッキリとした口当たりが特徴。キャンプやBBQ をはじめとしたアウトドアのレジャーやフェスなどにもぴったりのビールだ。日本全国のダイナーやパブ、バーなどで取り扱われる他、amazon にて缶とボトルの2パッケージで手に入るので、アメリカンカルチャー好きならとりあえず飲んでおこう。

【問い合わせ】
Pabst Blue Ribbon
https://pabstblueribbon.jp/

(出典/「Lightning 9月号」)