【LA】ファッション好き女子必見! ロサンゼルスで人気の古着屋が移転オープン。

  • 2021.10.26 2020.03.26
  •              

ロサンゼルスを拠点に活動するフォトグラファーMaikoがホットなスポットを紹介! 今回は、以前一度紹介したことのある(記事はこちら→http://www.clutchmagjapan.com/journal/1530690320)「Carny Couture(カーニークチュール)」を取り上げます。

倉庫の一角から、ウェストアダムズエリアに路面店を移転オープン!


これまではラ・ラ・ランドなどの映画の舞台として知られるグリフィス天文台近くのAtwater village(アトウォーター・ビレッジ)にある大きな倉庫の一角で営業していた「Carny Couture(カーニークチュール)」。他の店とスペースをシェアをして店を構えるスタイルだったが、この度お店を引っ越し。「Carny Couture」だけのショップがオープンした。場所はWest Adams(ウェストアダムズ)というエリアで、ダウンタウンの少し西にある。

住宅街を歩いていくと、大きな入り口で解放感のある新しくなった「Carny Couture」がそこにありました。誰もがふと足を踏み入れてしまうような、とてもオープンな雰囲気。手前は家具やインテリア雑貨がセンスよく並びます。

今回の来訪も笑顔で迎えてくれたオーナーのBrooke Ahana Baileyと、夫のJohnny。14歳になる看板犬のOpheliaも相変わらず可愛い!
「以前のお店ではほとんど洋服のみでしたが、今回の独立した店舗を持つことでスペースが広くなったので、前々から好きで集めていた家具やインテリア雑貨も置けるようになったんです。ライフスタイルを提案できるようになって、すごくうれしいですね」

店の奥には、セレクトされた70年代〜80年代の古着が並ぶ。


洋服のコレクションは、70年代〜80年代の古着を中心として幅広くセレクト。シンプルなデザインのものからユニークなものまで、さらにはナチュラルテイストでありながら少しドリーミーなものまで、見ているだけで楽しくなるようなラインナップです。しかも毎週新しいアイテムが入荷するというから、見逃せません!


入り口付近にも古着の一部が置かれています。こちらは、レースを使ったちょっとドリーミーなテイストのトップスやバッグが陳列。デニムや革ジャン、ブーツなどボーイッシュなアイテムと組み合わせると甘くなりすぎずにコーディネイトできそう。

こちらはウェスタンシャツや、革ジャン、ネイティブ柄のバッグなど、先ほどのラックとは打って変わってメンズライクなアイテムが並びます。いろいろなテイストのものが店内にそろっているので、ミックスするのが楽しくなりますね。

こんなシンプルなワンピースなどもあります。コーナーごとにセレクトが違うので見ていて飽きません!

Maikoのおすすめアイテムはこれ!

本当に素敵な店内で、どれもこれもおすすめしたいのですが、独断と偏見で気になったアイテムをどどーんと紹介していきますね!

マネキンが来ているワンピースは1900~1920年ごろのリネンのEuropean nightshirt 。パジャマでなくワンピースとして活躍しそう。

「Japanese boro workers jacket」。そう、日本で作業着として使われてきた「ボロ」を発見! 日本でも外国人からの人気が高く、探している人を良く見かける「ボロ」がおしゃれにディスプレイされてました。実はこれ、裏地。自由な発想が面白いですね。がま口のバッグは1920年代の布地を使ったもの。

と、日本のヴィンテージが置かれていると思いきや、こちらは「Campfire girls handmade costume dress」。カラフルな木製のビーズがかわいいですね。
そう、ビーズやウッドを使ったアフリカンなネックレスからネイティブアメリカンジュエリーも豊富なのが「Carny Couture」の魅力。ざっと、ジュエリーコーナーを紹介します!

ビーズのネックレス。

ネイティブアメリカンジュエリーも。

ディスプレイも素敵。

ヴィンテージのスカーフやバングルも。

貴重なジュエリーも。

家具やインテリア雑貨はミッドセンチュリーのもの中心。


古着も、シンプルなリネンやレースのものなど、アースカラーなどナチュラルなものを多くセレクトしていることもあり、家具もまたミッドセンチュリーモダンのシンプルでミニマリズムなテイストなものがセレクト。少しだけアール・デコ調がミックスされたようなものもセンスよく並びます。

木製の小さなスツールは1900~1950年代のもの。鉢植えなど置いてもよさそう。

参考にしたくなるレイアウトが随所にあります。

こちらは「Arabia Finland of Ruska Collection」。


非常に明るく、会う人みんなを笑顔にしてしまうBrooke。この日はここの常連だという女性が、会話を弾ませながらショッピングを楽しんでいました。

夢だった、自分だけのショップをオープンさせたBrooke。これまではフリーマーケットにも頻繁に出店していたのですが、これからはこちらの店に集中するんだそう。また、今後はキャンドルなど香りを提案できるようなプロダクトを作る予定とのことで、これからの展開も楽しみなショップです。ぜひ訪れてみてほしいです。
【DATA】
Carny Couture
4423 W Jefferson Blvd #104
Los Angeles, CA 90016
11:00~18:00、土日10:00~17:00
https://carnycouture.com
松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア