洒落者のサマートラッド術。「ビームス プラス 有楽町」鈴木太二さんのポイントで魅せる王道トラッド。

王道のマドラスチェックを取り入れるアイビー巧者、セットアップのシアサッカーで軽やかさを演出するウェルドレッサー、レイヤードしづらい分、巧みに小物を取り入れる洒落者など三者三様のサマートラッドな着こなしから、そのノウハウを盗むべし! 今回は、「ビームス プラス 有楽町」鈴木太二さんのコーディネイトをチェック!! 

王道を行くお手本トラッドにちょい足し要素で個性をプラス。

「ビームス プラス 有楽町」鈴木太二|ビームス プラス 有楽町の名物店長。普段の柔和な語り口やスタイルからは想像できないほど、アメトラに対しては高い熱量を持ち、当然探究心も青天井だ

ウール、リネン、シルクを混紡したダブルブレストのサマージャケットは、ニューポートタイプのアメトラ仕様。カジュアルな素材感に対する細いピークドラペルがドレッシーさを引き立てます。さらにシアサッカー×ホワイトバックスという王道コンビに、サマーニットで色を差し、古き良きアイビースタイルに。

「清涼感のある素材を中心に色味で遊び、サマートラッドを表現しました。リラックス感のあるゆったりとしたサイジングで着たいですね」

  • ジャケット3 万5200 円、パンツ1 万7600 円、シャツ1 万3200 円、ニット1 万3200 円、タイ8800 円/すべてビームスプラス(ビームス プラス 有楽町) シューズ/ビームス プラス、メガネ/モスコット
ホワイトバックスのプレーントゥとシアサッカーのスラックスという王道を行く足元。スタンダードでありながらしっかりと個性が浮かび上がる裾丈は真似たいところだ
アクセサリー的な存在と思われがちなサマーニットも、しっかり着用を見越してセレクト。飾りとして終始させるのではなく、 実用できてこそ説得力を帯びるアイテムだ

「ビームス プラス 有楽町」鈴木太二さんのサマートラッドな愛用品。 

ビームス プラスのジャケット

職人がシルクスクリーンした風合い豊かなブロックプリントのジャケットは夏の定番アイテム。「一枚仕立てのシャツカフなので、夏場でもサラッと羽織れます」2万6400円(ビームス プラス 有楽町)

ビームス プラスのニットポロ

近年の夏のベストセラーでありスタッフも全員所有するというニットポロ。「地厚のコットンニットなので、型崩れしづらく、快適な着心地がおすすめです」各1 万3200 円(ビームス プラス 有楽町)

ビームス プラスのグルカショーツ

ワイドシルエットのグルカショーツは脱着を容易にするため、両サイドにウエストバンドとゴムリブを配備。「お洒落したおじさんに優しいグルカシ
ョーツです」各1万8480円(ビームス プラス 有楽町)

ランコートのレザースリッポン

いまなおアメリカ国内の工房で職人がハンドソーンにて製作する伝統的なスリッポン。「ビームス プラス最初期から制作を依頼しているシンボリックな一足です」3万8500円(ビームス プラス 有楽町)

 

夏でもトラッドスタイルな着こなしができたら、それはもう洒落者の仲間入り。秋冬なら簡単に想像がつくトラッドだが、夏となるとどう取り入れればいい? そんな迷子なあなたは、サマートラッドな着こなしサンプルが盛りだくさんの2ndの本誌をチェックしよう。 

(出典/「2nd 2022年7月号 Vol.184」)