洒落者のサマートラッド術。「ムロフィス」中室太輔さんの極意は、伝統だけでなくモダンなツイストを利かすこと!

王道のマドラスチェックを取り入れるアイビー巧者、セットアップのシアサッカーで軽やかさを演出するウェルドレッサー、レイヤードしづらい分、巧みに小物を取り入れる洒落者など三者三様のサマートラッドな着こなしから、そのノウハウを盗むべし! 今回は、「ムロフィス」中室太輔さんのコーディネイトをチェック!!

トラッド= 単純な伝統にあらず! 要所でモダンなツイストを利かせる。

「ムロフィス」中室太輔|グレゴリーやテアトラ他、多数のブランドPRを手掛けるムロフィスの顔。ソックスブランド「クルールン」を立ち上げるなど、その活動は多岐にわたる

色使いを楽しむのが中室さん流のサマースタイル。愛用品には淡色アイテムを挙げてくれたが、反面、年齢を重ねるにつれ「白」が気になり始めている。

「白Tにリーバイス501を合わせた白洲次郎が自分にとってのザ・サマートラッド。その上に大柄のマドラスを羽織りました。でも、パンツは501でなく505で、この東海岸寄りにモディファイしたテーパード具合が土臭さから脱却させてくれます。白Tもサイズ感がモダンなレショップのオリジナル。原則そのまんまでなく、ひと捻り利かせたくなるんです」

  • メガネ4 万7000 円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ☎03-3409-7285)、ブルゾン/キャプテンサンシャイン、Tシャツ/エルイー、パンツ/リーバイス、シューズ/クロケット&ジョーンズ
ヴァンヂャケットが牽引したアイビー勃興期の潔さが染みる年齢になってきた今日この頃。「戸惑いなく白のソックスを穿くようになったのも、その表れかと思います」
腕まくりの小技を利かせて、軽快なスタイリングに。まくり方はラフに2つ折りがお約束。ちなみに腕時計はアクセサリー感覚で沼にハマって畜集している「スウォッチ」

「ムロフィス」中室太輔さんのサマートラッドな愛用品。

1.E5 アイヴァンのサングラス

爽やかなクリアピンクのフレームが特徴。「マスクとの兼ね合いで、レンズも薄いタイプに。さらに『ツァイス』社の曇り止めを愛用しています」。4万6000 円(アイヴァンPR☎03-6450-5300)

2.デサントディーディーディーのシアサッカーシャツ

「シアサッカーですが、実は化繊素材。とにかく抜群に涼しいです。オーセンティックになり過ぎない、このひと捻りは意識しています」1 万4300円(デサント ブラン 代官山☎03-6416-5989)

3.クルールンのリブソックス

「ドレス寄りのソックスに色で遊べるアイテムが少なかったから」と立ち上げた自身のソックスブランド。エジプト綿の微光沢が夏にマッチする。各3520 円(ムロフィス[email protected]

4.プロダクトトゥエルブのパンツ

「最近、白のパンツをてらいなく穿けるようになりました。2タックなのでボリュームを出せ、Tイチでもサマになります」。3 万7400 円(プロダクトトゥエルブ [email protected]

夏でもトラッドスタイルな着こなしができたら、それはもう洒落者の仲間入り。秋冬なら簡単に想像がつくトラッドだが、夏となるとどう取り入れればいい? そんな迷子なあなたは、サマートラッドな着こなしサンプルが盛りだくさんの2ndの本誌をチェックしよう。

(出典/「2nd 2022年7月号 Vol.184」)