洒落者のサマートラッド術。「ファーストハンド」森畑優太さんの白シャツが主役の大人な着こなし。

王道のマドラスチェックを取り入れるアイビー巧者、セットアップのシアサッカーで軽やかさを演出するウェルドレッサー、レイヤードしづらい分、巧みに小物を取り入れる洒落者など三者三様のサマートラッドな着こなしから、そのノウハウを盗むべし! 今回は、「ファーストハンド」森畑優太さんのコーディネイトをチェック!!

爽やかな白シャツが光る大人なサマートラッド。

「ファーストハンド」森畑優太|93 年生まれ。徳島県出身。学生時代より大手セレク トショップで働き、卒業後にデイトナ・インターナ ショナルに入社。昨年より現職に就任した

注目の若手バイヤーのひとりである森畑さん。自らに独自のルールを課したサマートラッドスタイルは、シンプルだが奥深い。

「基本的にTシャツにショーツというスタイルは真夏でもしませ
ん。できる限り長袖を着ていて、ホワイトを基軸とした色か、シアサッカーやリネンで季節感を取り入れるのがマイルール。どうしても暑くなったら、Tシャツ代わりにコットンニットを着ていますね。夏場はどうしてもシンプルになってしまうので、メッシュベルトやスカーフなどで、うまくニュアンスを出すのも好みです」

  • シャツ/ブリエンヌ パリ ディス(ファーストハンド レイヤード ミヤシタパーク☎03-6805-1828)、スラックス/ベルナールザンス、シューズ/ジェイエムウエストン
足元はJ.M. ウエストンの名作である180 ローファー。あえてブラックのスウェード を選ぶことで、カジュアルかつこなれた印 象に。シングル仕上げの丈も絶妙である
リネン素材のノーカラーシャツは、ブリエ ンヌ パリ ディス。襟がないので、リラッ クスした印象を与えられる。あえてインナ ーにはクルーネックTを着用した

「ファーストハンド」森畑優太さんのサマートラッドな愛用品。

1.ウティのバスクシャツ

ブランドのアイコンとなるオーバーサイズのバスクシャツ。「配色とシルエットが絶妙な名作です。ネックが広いので重ね着しても◎」1万9800 円(アーセンス☎ 03-6258-1785)

2.ジェイアンドエムデヴィッドソン

「メッシュベルトの名作なので、ベーシックな色を2 本買いしました」と語る森畑さん。定番として名高いメッシュベルトは、剣先に付いたシルバーパーツがさり気ないアクセントになっている。

3.半袖のコットンニット

茶系のボーダーはマルセルラサンス、無地はすべてジョンスメドレーのコットンニット。「基本的に自宅以外でT シャツ1枚にならないので、コットンニットがその代わりを果たしてくれます」

4.ファーストハンドのスラックス

涼し気なトロピカルウールのスラックス。「もちろんコットンも好きですが、夏場は季節感を出したいので、トロピカルウールやリネンの素材を使ったものが主軸。シルエットは太めが最適です」

夏でもトラッドスタイルな着こなしができたら、それはもう洒落者の仲間入り。秋冬なら簡単に想像がつくトラッドだが、夏となるとどう取り入れればいい? そんな迷子なあなたは、サマートラッドな着こなしサンプルが盛りだくさんの2ndの本誌をチェックしよう。

(出典/「2nd 2022年7月号 Vol.184」)