洒落者のサマートラッド術。「ボンビュー」大島拓身さんは“個性的レイヤード”で決める!

王道のマドラスチェックを取り入れるアイビー巧者、セットアップのシアサッカーで軽やかさを演出するウェルドレッサー、レイヤードしづらい分、巧みに小物を取り入れる洒落者など三者三様のサマートラッドな着こなしから、そのノウハウを盗むべし! 今回は、「ボンビュー」の大島拓身さんのコーディネイトをチェック!!

マドラスチェックを重ねた個性的なレイヤード。

「ボンビュー」大島拓身|79 年生まれ。大手セレクトショップでVMDなどを 経て、現在はヴィンテージショップ『ボンビュー』 を手掛けている。業界屈指のインフルエンサーだ

ユーチューバーとしても活躍するウェルドレッサーである大島さん。定番アイテムを使い、ベーシックなサイズ感でもしっかりと個性的に仕上げるセンスや着こなしは多方面から支持を得ている。そんな大島さんのサマートラッドスタイルとは?

「Tシャツをほとんど着ることはなく、真夏でもできる限り、長袖を着ています。ただ暑苦しい印象を与えたくないので、マドラスチェックやリネンなどの素材で清涼感を出すのが自分のサマートラッドの解釈ですね。あとはレイヤードを楽しむのも大事です」

  • ジャケット、ベスト/ラルフローレン、シャツ/ギットマンブラザーズ、パンツ/リーバイス、タイ/ジョンコンフォート、シューズ/ランコート
なんと言っても見どころはチェック同士のレイヤード術。あえてストライプシャツを合わせたのもお見事。ここが無地だと逆に浮いてしまうので、これが正解なのだ
足元は春夏の定番であるモカシンのボートシューズをチョイス。間隔の広いリブソックスは、インターナショナルビームスのオリジナル。複数色所有しているそう

「ボンビュー」大島拓身さんのサマートラッドな愛用品。

1.ビームスFのタイ

夏場でもサマートラッドに欠かせないタイは素材感が大切。「タイもしっかりと季節感を出したいのでリネンを愛用。チェックの大きさとカラーリングが気に入っています。軽さが出て◎」

2.ベルナールザンスのスラックス

ビームスFで開催されたオーダー会にて、ファブリックを特別オーダーした代物。「定番のスラックスに、ブラック×オリーブのシアサッカーで頼みました。暗めのトーンでも清涼感があります」

3.アイクベーハーのBDシャツ

定番のBDシャツは、あえてプルオーバー仕様を狙う。カラーリングと生地感も夏にぴったりだ。「年代は不明ですが、優しいカラーリングとコットン生地が購入の決め手でした」

4.ラコステのポロシャツ

T シャツを着ないため、その代役として活躍するのがポロシャツ。「フランス製のラコステを多く所有しています。柔らかな生地感が好みですし、多くのカラバリがあるので探すのも楽しいです」

夏でもトラッドスタイルな着こなしができたら、それはもう洒落者の仲間入り。秋冬なら簡単に想像がつくトラッドだが、夏となるとどう取り入れればいい? そんな迷子なあなたは、サマートラッドな着こなしサンプルが盛りだくさんの2ndの本誌をチェックしよう。

(出典/「2nd 2022年7月号 Vol.184」)