希少カラーのコードバンを贅沢に使用した、Makers×2nd別注チャッカブーツ完全受注販売で登場!

“コードバンの達人”メイカーズをご存じだろうか。東京・浅草に工房を構える2009年設立のシューズブランドで、代名詞である「コードバンライン」は現在14型×8色という圧倒的なバリエーションを誇り、素材の特性を知り尽くした物づくりで知られる。そんなメイカーズと飛び切りホットなコラボが今回実現した。

購入はこちらから!

バーボンカラーで作れる歓び。

今回の別注のキッカケとなったのは、今年3月に発売した「2nd」のコードバン特集号。誌面作りを行うなかで、改めてコードバンの圧倒的存
在感に編集部は心底やられてしまった。表紙を飾った某老舗ブランドの一足は、15年以上履き込んでいるという見事なエイジング。

アッパーに大きくうねりをあげて刻まれたシワを見た瞬間、「やっぱりコードバンの魅力を存分に味わうならチャッカブーツしかない」。そんなことをメイカーズのデザイナー手嶋氏に興奮気味に話していると、手嶋氏からひと言、「ちょうどバーボンのコードバンがウチに入ったんだけど、これでチャッカブーツ作ってみる?」。

バーボンのコードバンと言えば、滅多にお目にかかることのできない希少カラー。「え、いいんですか? 是非、やりたいです!」。こんなふたつ返事で別注は決まった。

聞くところによると、革靴好きの間で神格化されている〝ウイスキーコードバン〞は、現在ホーウィン社では作られてないそうで、バーボンがそれに限りなく近い色だそう。薄い色は傷や色ムラが目立ちやすいため、圧倒的に供給量が少なく、次回いつ入手できるかも未定だ。本当に運よくバーボンカラーで作ることが叶ったこの一足。どんなエイジングをするか、今から楽しみで仕方ない。

BOURBON CORDOVAN CHUKKA(バーボンコードバンチャッカ)

ホーウィン社製のバーボンカラーコードバンを使用。独自の木型でボリュームが出すぎない流麗なフォルム、3穴にすることでエレガントに仕上げられた。これならジーパンからウールスラックスまで、パンツを選ばないので汎用性も良好だ。

“乗せ甲” で釣り込まれたアッパーは横から見ると甲部分がやや盛り上がっている。日本人の足型に合わせるためだが、これによりコードバンの躍動感ある大きな皺を生み出すことができる。

土踏まず部分が大きくくびれた木型は履き心地がよく、アッパーに流麗なフォルムを描く。レザーソールにビルトライトのインペリアルヒールを搭載。

“棒市” と呼ばれるヒール部分に縫われた帯状のレザーパーツはアメリカ靴の特徴。程よいカジュアル感を演出する、休日スタイルには不可欠なディテールだ。

リゾルト林さんも太鼓判!!

リゾルト デザイナー・林 芳亨さん

ジーパンに革靴と言えば林さんしかいない。リゾルトの中では太めシルエットである[711]とチャッカの程よいボリュームが抜群の相性。2nd最新号でははメイカーズのデザイナー手嶋氏との特別対談も掲載しているので要チェックだ。

一生モノにしたいバーボンの芳醇な輝きを手に入れろ! 10月20日(水)~受注開始!!

購入はこちらから!

【価格】
12万5000円( 消費税、送料込み)

【カラー展開】
バーボン、ブラック

【サイズ展開】
US4(22㎝相当)~US10(28cm相当)

【完全受注発注・ご購入スケジュール】
購入応募期間/2021年10月20日(水)12:00~11月30日(土)19:00
※材料に限りがあるため一定数を超えた場合、販売を終了する可能性がございます。
ご配送/2022年2月上旬予定
※制作都合によりお届けが遅れる場合があることをご了承ください。

お問合せ/株式会社ヘリテージ 2nd 営業部 03-3708-6053