書類、名刺、レシートなどすべてデータ化 リモートワークの必需品 ScanSnap iX1600

オープンイヤー型ヘッドフォンのShokzから、新型2種登場

  • 2024.05.10

Shokzから、オープンイヤー型完全ワイヤレスイヤフォン『OpenFit Air』と、耐水性に優れ水泳時にも使える骨伝導ワイヤレスイヤフォン『OpenSwim Pro』が発表された。発売は本日5月10日。価格はOpenFit Airが1万9880円、OpenSwim Proが2万5880円となっている。

OpenFitの快適さをさらにリーズナブルに展開したOpenFit Air

オープンイヤーヘッドフォンのリーディングカンパニーであるShokzのヘッドフォンは、2017年発売のTitaniumあたりから試用している(当時はAftershokzという社名だった)。当時は、『骨伝導の特殊なヘッドフォン』という感じだったが、そこからどんどん音質も、製品クオリティも向上し、『オープンイヤーヘッドフォン』という新たな市場を開拓した。

今や、大手家電量販店に行くと、ヘッドフォンコーナーに大きなShokzの試聴ブースがあることが多い。そこまでのブランドになったのである。

従来のヘッドフォンといえば、『耳を塞ぐもの』だったが、戸外を歩いたり、ジョギングしたりしたながら、音楽を聞きたいとか、話しかけられたら答えられる状態で通話したい……など、新しいニーズを開拓し、市場を創出した。左右分離タイプのOpenFit、ランニング用のOpenRun、水中でも使えるOpenSwim、ビジネスに使えるOpenComm、初心者用のOpenMoveなど、ラインナップも大きく広がっている。

今回発表されたのは、ひとつは左右分離タイプのOpenFitを少し廉価にしたOpenFit Air。

モデルを務めて下さったのはShokz国際事業部 アジア地域担当 Jean Yangさん。

価格が標準モデルのOpenFitより5000円安くなっただけでなく、より軽いストレスの少ない装着感を実現している。

会社での仕事時や家事をしている時などの日常使用、散歩、ジョギングなどにピッタリだ。

左がフォーカルポイントのマーケティング部部長の田中大士さん。右がタレントで睡眠改善インストラクターの西谷綾子さん。西谷さんはフルマラソン3時間1分32秒という記録を持つランナーでもある。

水中でもから日常使用まで万能なOpenSwim Pro

OpenSwim Proは、従来のOpenSwimの上位モデル。32GBの本体内ストレージに音楽を内蔵し、水泳中に聞くこともできる。また、OpenSwimと違って、Bluetooth接続も可能になったので、日常使用して、スマホ内の音楽を聞くこともできるようになった。

単に水泳時だけでなく、その防水性を活かして、ランニング時や日常使用にも使うことができる。

いずれの商品もお預かりしたので、試用して、近いうちにレポートをお届けしたい。

(村上タクタ)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部