天神ワークスプレゼンツ!冬のバイカーのためのキップレザー。

  • 2022.12.01
  •              

レザー業界に旋風を巻き起こしつつある、天神ワークスの「オイルドキップレザー」。しなやかで強靭、限りなく薄く漉けるということもあって、革ジャンの可能性を一気に広げている。コーチジャケット、フィッシュテールパーカなどなど、およそ革では再現不可能と思われていたアイテムを、オイルドキップを使って次々とリリースしているのは周知のとおり。そして、オイルドキップだからこそ実現しえた新たなるモデル、それがC’ MAN CREW JACKET:FJ01。

ベースは、言わずと知れたA-2デッキジャケット。革の持つ遮風性とA-2 デッキの防寒性を両立させた、まさに「真冬の相棒」と呼ぶに相応しいモデルだ。真冬でも寒さに負けずにストリートを疾駆するバイカー諸君よ。貴方にこそ、この珠玉のジャケットを着ていただきたい。

C’MAN CREW JACKET:FJ01|オリジナルより確実に暖かい最強のデッキジャケット!

ドローコード部分の皺の入り方や、全体のふっくら感など、オリジナルのA-2デッキを見事に革で表現したFJ01。ベジタブルタンニンで鞣した生後6カ月〜2年の仔牛の革(キップレザー)にオイルを多く含ませることで、心地よい手触りや質感、エイジングを存分に楽しめる風合いを実現した「オイルドキップ」。それをさらに0.8㎜に漉くことで、デッキジャケットならではのふんわりとした佇まいを忠実に再現した。ライニングのアクリルボアは、レーヨンを混ぜることで、擦れへの強度を増している。18万7000円〜(カラーオーダー別途)

[ORIGINAL]

前身のN-1デッキジャケットの後継モデルとして1960年代に採用された、アメリカ海軍の艦艇乗組員用ジャケット。インナーリブ仕様でライニングはアクリルボアを採用。前期/後期モデルが存在し、胸ポケットのフラップのデザインが異なるほか、前期はコットン100%、後期はコットンとポリエステルの混紡となる。写真は前期型。

FJ01とORIGINALのディテールを比較してみよう。

スラッシュポケットは玉縁を逆開に作ることにより、中身が落ちない仕様にモディファイした。

立ててもサマになるよう、襟は小ぶりな仕様となっている。N-1デッキのチンストラップを採用。

オリジナルでは胸ポケはパッチポケットだが、耐久性を持たせるためにフラップポケットに変更。

FJ01では、アジャスターベルトはレザー製に換装される。こうした細やかなモディファイも嬉しい。

へたらないよう袖のリブを強くし、また袖裏の裏地もレザーというダブルフェイス仕様に。

オリジナルには存在しないが、FJ01では便利な内ポケットを追加。こういう配慮も嬉しいかぎり。

ボタンホールは、耐久性を高めるために玉縁ボタンホールを採用。すべて職人のハンドメイドだ。

C’MAN CREW JACKETを使ったスタイリングサンプルを紹介。

8色のカラーから選べるFJ01だけに、カラーを変えるだけで様々なスタイルが楽しめる。オリジナルに近いオリーブを選ぶもよし、ブルーを選べば、よりカジュアルにコーディネイトを構築できるぞ。

[BLACK]ブラックのFJ01ならどんなスタイルにもよく似合う!

ブラックのFJ01に王道のデニムを合わせ、ジャケットのインナーで遊んだ好例。ストライプシャツなど、柄系を合わせるのもアリ。カーディガンを1枚入れることで落ち着いた雰囲気に。

[COBALT BLUE]コバルトブルーならデニムジャケットの感じで着られるぞ。

コバルトブルーなら、カバーオールやGジャンと同じようにラフに着こなすのが正解。スウェットにチノパンも、ご覧の通りのベストマッチ。足元に同系色を持ってくるのもお約束です。

[TAN]軽快さを演出するならタンカラーで決まりだろ。

一見難しそうだが、実はコーデの幅が広いタンカラー。今回はコーデュロイパンツにTシャツを合わせ、アクティブな大人カジュアルを表現した。ブーツのオリーブも効いている。

FJ01コーデに取り入れたいアイテム3選。

FJ01を着るバイカーに是非ともおすすめなのがC’MAN ENGINEER BOOTS。足元をきりりと引き締めてくれるはず。10 万7800円

冬に何かと重宝するキップレザー製グローブも、FJ01との相性よし。ブラックの他、タンとブラウンもある。CG01 / 2万350円

有機的なデザインが美しいナプロンバッグは、モーターサイクリストの強い味方。体にもフィットし、収納力も十分。6万4900円〜

今年の周年ウォレットもすごいぞ。

毎年、周年ウォレットをリリースし、ファンを喜ばせてくれる天神ワークスだが、今期の周年モデルはなんとサメ革。数量限定のため、12月10日〜末まで応募期間とし、1月のA-1GPの表彰式で当選者を発表する予定だ。価格は未定(詳細は天神webサイトをチェック!) この機会に是非サメ革をゲットせよ!

【問い合わせ】
天神ワークス
TEL03-3870-8658
http://www.tenjinworks.com

(出典/「Lightning 2023年1月号 Vol.345」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア