老若男女SNAP! 革ジャンの着こなしは身近なファッショニスタから学べ。

  • 2022.12.22
  •              

袖を通した瞬間から皮膚の一部のような感覚が味わえる革ジャン。最初はゴワつく革も使うほど自分に寄り添ってくれる。手入れをすれば、呼応するように味わい深く育っていく。その過程を経ることで唯一無二となる自分だけの相棒が完成していくのだ。そんな美しいエイジングの表情に育て上げた革ジャンの着こなしは、Lightning本誌でお馴染みの身近なファッショニスタたちから学ぶのが一番参考になるはず。

と、いうわけで革ジャン沼にハマり、昼夜問わず没頭して、もはや抜け出せない“革ジャンLOVE”な読者諸兄姉へ送る、突撃! 隣の革ジャンSNAPのスタートです♪

1.「Trophy General Store」代表・江川真樹さん

タンニンなめしをオリーブ色で丘染めしたオリジナルホースハイドを用いた、トロフィークロージングのハミングバードジャケット。ヴィンテージで存在しないこのオリーブカラーは、オリジナルで製作した刻印入り扇型ジッパーと、装飾を入れた鉄製サイドバックルがポイント。ワークとバイクの要素をミックスしたコーディネイトもお見事。

2.「GLADHAND」橋本佑さん

橋本さんが着たホースハイドを使った30sのカーコートをモチーフにしたジャケットは、ギャングスターヴィルの新作。背面にはアジャスターベルトが付き、さり気ないアクセントになっている。シンプルにTシャツや5ポケットパンツをコーディネイトしつつ、足元はドレッシーな印象のウィングチップシューズにしているのも注目したい。

3.「SMART CLOTHING STORE」マネージャー・姫野賢次さん

フェローズの中で圧倒的人気を誇る万能シングルモデルのSJ88はおよそ3年着込んだ代物。渋なめしで仕上げられたホースハイドレザーを贅沢に使用しているので、着込むほどに風合いを増す。クラシ
ックなボールチェーンのディテールと、裾部分はラウンドになっているため、インナーにシャツなどを持ってきてもコーディネイトしやすい。

4.「Hummingbirds’ hill shop」PR・小林直人さん

同じディアホーンスミスとハミングバーズヒルの1stタイプでも、色味がブラウンになるだけで印象はガラッと変わる。レザーの中でも特にしなやかで軽い着用感のディアスキンは、着用を始めた瞬間から身体に馴染んでくれる素材。王道アメカジスタイルはもちろん、ボタンダウンシャツにタイドアップなどキレイ目コーディネイトもオススメ。

5.「JUNKY SPECIAL」WEB ショップマネージャー・西徹さん

レザージャケットにデニムというド定番のお手本コーディネイト。およそ6年間着用しているシュガーケーンのホースハイドダブルアビエータージャケットは、ダブルのジャケットではあまり見ない背中のジャックナイフプリーツが特徴。 着始めてから特に何もしていません(笑)。着ることが最高のメインテナンスだとは本人の談。

6.「GLADHAND CORE」ショップスタッフ・山城涼さん

名物スタッフの山城さんは、子供っぽくなりがちなアワードジャケットは、レザーを選ぶのが正解のひとつだと教えてくれるようなスタイリングを披露。ジャケットは、ブランドロゴがアクセントになったウィアード。インナーにニットを合わせたり、足元をローファーにしたりと、あえてスポーツアイテムを合わせないのも◎

7.「SMART CLOTHING STORE」店長・吉岡操乃さん

約10年着用し、着込んだそのままの自然な風合いが魅力のフェローズGX72モデルをベースに、ハードなイメージになりすぎないようコーディネイト。シングルでもダブルでもないオリジナルデザインで、独特な襟の形状により両スタイルを楽しめるのが特徴。裏地はコットン&キュプラで着用しやすく、内ポケットが配されている。

8.「Schott Grand Store TOKYO」後藤颯馬さん

5年着用したショットの613UST。使えば使うほどに表情を変えてくれるステアハイドは、ブランドの定番であり、かなりのお気に入り。最初は堅かったものの、今ではすっかりに馴染み、いつの間にかマイスタンダードに。週一のブラッシングや3カ月に一度のオイルアップなど、ケアをしながらこれから成長を見るのが楽しみとのこと。

9.「LEWIS LEATHERS TOKYO」スタッフ・安田慶太さん

ルイスレザーズのショップスタッフになる前に、カスタムオーダーしたという思い出のジャケットで登場してくれた安田さん。赤いホースハイドを使った名作サイクロンで、サイズオーダーしているため、見事なまでのジャストサイズ。ボトムスにはスリムフィットなルイスレザーズのデニムをセレクトし、足元はエンジニア。

(出典/「Lightning2022年12月号 Vol.344」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア