一生モノを作り出す「リアルマッコイズ」の本社には、お宝が眠っていた!

  • 2022.10.03 2022.10.01
  •              

神戸のベイエリアにある本社オフィスを訪れた。ここには、モノづくりに不可欠なありとあらゆる要素が詰まっている。普段はなかなか見ることができないリアルマッコイズの根幹をお見せしよう。

リアルマッコイズの根幹。

ちょうどヴィンテージブームからのアメカジブームを契機に、一気に知名度を上げたこともあり、リアルマッコイズ=ヴィンテージの復刻ブランドと思っていた方は、少なくないかもしれない。特に直営店だった『ナイロン』が、’90年代にアメリカのヴィンテージ古着の超人気店として名を轟かせた影響も大きいだろう。しかし、そのリアルマッコイズのプロダクツを一度でも身にまとうと、そのイメージは間違っていたとすぐに気付くはずだ。そう、このブランドのプロダクツは、ヴィンテージとは似て非なるものなのである。

そのプロダクツは、ヴィンテージ古着の顔付きでありながら、ハイブランドに勝るとも劣らない品格と着心地を兼ね備える。まさに世界基準の“洋服”だ。そのため、素材や部材にもとことん執着する。最高峰の素材を使い、一生モノと呼べるプロダクツに仕立てるための手段は厭わない。そうして生まれたプロダクツだからこそ、とことんエイジングも楽しめるのだ。ここで、ちょっと面白い話がある。素晴らしイエイジングについてファンの間では語り草になっているが、実はブランド側としては、エイジングは結果論なので、打ち出していないという。

根本にはあるのは、「着る者がカッコよくなければならない」という考え方。その最高の引き立て役が、リアルマッコイズである、というわけなのだ。

リアルマッコイズの本社オフィスに佇むヴィンテージ品。

撮影時は大規模なリニューアル工事中ということもあり、ヴィンテージ古着がオフィス周辺に置かれていたが、実はアーカイブルームも存在する。ここにあるのはフライトジャケット系が中心。

いまでは貴重な存在になった1940 ~ ’70年代のフランネルシャツも膨大な数をストックする。チェック柄には法則があるが、やはり実物をもとに検証をするためだ。

第二次世界大戦期のミリタリーウエアやフライトジャケットがアーカイブの中心かと思いきや、デニムを使ったワークウエアからランチウエア、王道のリーバイス501まで、とにかくヴィンテージ古着のストック数は半端ではない。501に至っては、数千本という単位だ。これらのアーカイブが、インスピレーションの源になっている。

素材、部材に対する妥協なき姿勢が感じられる圧巻のストックルーム。

ボタンやジッパー、バックル、リベットなどのあらゆる部材は、ヴィンテージの未使用品からオリジナル品までストックされている。ファッションの世界に身を置く者ほど、「こんなものまで作っているのか……」とため息が出るだろう。なぜなら、型から起こして作るための最低ロット数を知っているからだ。例えば100着作るために、必要ならば何万個ものボタンも型から作る。妥協は一切ない。圧巻の光景だ。

最高峰を追求するためにオリジナルの作った生地のサンプルと、使用した残反。ヴィンテージ古着をもとにしつつも、その味わい深い風合いはそのままに、どこまでクオリティを上げられるか。何度も試行錯誤を繰り返しながら、その素材の最高峰に辿り着くのだ。

(出典/「Lightning2022年9月号 Vol.341」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア