ペイントで個性的に仕上げたコンプリートカスタム 。|スズキ・ジムニー【東京カーライフ】

  • 2023.02.21  2022.08.10

ショップや住宅、キャンプ場など様々な空間作りを手がけるティープラスターの看板車両として各地を走り回るジムニー。ポテンシャルを活かす実用性とルックスを両立するマルチなカスタムだ。

「ティープラスター」代表・水口泰基さん|内装プロデュースから家具製作まで、空間作りをトータルでサポートするティープラスターのボス。H-Dも所有する根っからのモーター好き

都会も山道も走る懐の広さがジムニーの真骨頂。

グリルやバンパーの交換によってガラリと印象が変わったフロントフェイスに加え、オフロードでヒットしやすいナンバーの移設やスタイリッシュなリアバンパーなどバックスタイルも抜かりなし

「都内の狭い道や悪路など、どこでも走れる営業車が欲しくてジムニーを選びました。ジムニーのスペシャリストであるアピオさんと、ペイントファクトリーさんにお願いしてカスタムしました」

水口さんの愛車であり、ティープラスターの営業車としても活躍するこのジムニーは、現行のJB64にアピオのコンプリートパッケージである“TS4”をベースとしたカスタムを施した1台。特徴的なグリルやバンパー、インテリアのカスタムに加え、現場仕事での実用性を考慮したキャリアを装備し、ラゲッジスペースには専用設計の木製棚を設置。そして長年の付き合いで気心知れたペイントファクトリーによるエイジングペイントでフィニッシュ。安心感のある現行ジムニーをベースに唯一無二の存在感に仕上げられている。

「マニュアルのジムニーは操作も楽しめるし、最近はキャンプ場のプロジェクトを進めているところなので、悪路の走破性の高さも約立っています。仕事にも遊びにも大活躍です。エイジングペイントをしているとちょっとした汚れが気にならないのも楽ですね(笑)」

「2021 SUZUKI JIMNY JB64」のディテールを拝見!

ステアリングはナルディのウッドタイプを採用。ヨーロッパのスポーツカーなど幅広くクルマを愛する水口さんのセンスが現れている。

一見赤錆に見える部分は実はペイントで表現されている。オフロードのイメージが強いジムニーだけにやれたペイントがよく似合う。

ボディにはチョーク風のレタリングがあしらわれている。マットブラックのペイントの上に様々な書体を採用して個性的な雰囲気に。

工具を収納する棚はJB64に合わせてティープラスターが製作したワンオフ。物流過程で発生したOSB材を使用したエコなプロダクツである。棚は愛車のラゲッジスペースに合わせて、箱のサイズや段数を指定するフルオーダーが可能だ。

タクティカルバンパーとセットで使える牽引用フックを前後に装備。万が一の際の実用性だけでなく、外観上のワイルドな印象を強調している。

(出典/「Lightning2022年7月号 Vol.339」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部