BESSの「LOGWAY」は ライフスタイルの“見本帳”だ。|BESS

個性豊かなログハウスで人気のBESS。今回は、埼玉県・熊谷にあるLOGWAY BESS熊谷にお邪魔した。広々とした敷地にBESSの人気モデルが並び、まるで“木の家のテーマパーク” のような楽しさ。家の中のディスプレイも作り込まれており、実際に自分が住んだ時の暮らしをイメージすることができるのだ。BESSのどのモデルに住んで、どんなライフスタイルを楽しむのか……あれこれ思い悩むのも楽しいぜ!

BESSのLOGWAY は広々とした空間が広がり、ゆったりとBESSの世界観を体感できる。受付などが入るオフィ ス棟にはBESSドームを使用。中に入ると、ドームならではの開放的な空間が広がる。
庭にはBBQグリルや薪割り機などが置かれ、BESSでの暮らしが直感的にイメージできるディスプレイとなっている

1.【程々の家】大きな甲羅屋根が風格を感じさせる“和モダン”モデル。

BESSのラインナップの中で、最も和テイストを感じることができる「程々の家」。印象的なのが、どっしりと低く構えた佇まいを演出する大きな甲羅屋根。日本家屋の特長を取り入れたモダンなデザインで、上質な雰囲気を醸し出している。一歩家の中に入ると、木の温もりに溢れた、落ち着いた空間が広がる。文豪・谷崎潤一郎の名随筆『陰影礼賛』を彷彿させるような、光と影が織りなす日本らしく奥ゆかしい室内には、ゆったりとした時間が流れている。

こちらが1階リビング。和であり、洋でもあり……見事に「程々」のバランスが取れた落ち着いた空間だ。リラックスした時間を過ごせる
家の内と外が繋がる「広縁」。ここでゆったりティータイムも悪くない。屋根もあるので、雨の日も広縁でくつろぐことができる
リビング横には、畳の部屋。書斎に使ってもよし、茶室にしてもお洒落かも。本誌モヒカン小川も、正座して書道を楽しむ。畳っていいよね
階段を上がると、そこには広いスペースが。机を置いて、趣味の空間として使うのも面白い。ここをどう使うか、住み手の感性が問われる

程々の家をさらに知る

2.G-LOG|風に吹かれながらゆったり読書も悪くない!

大きな勾配をもつシャープな三角屋根が目を引くG-LOG。アメリカンな可愛らしい外観が魅力だ。三角屋根のおかげで室内の天井も高く、開放感のある空間が魅力だ。G-LOGの特長は、何と言っても大きなベランダ空間「NIDO(ニド)」。ただ洗濯物を干すだけに使うのはもったいない。ここをどう活用するか、あれこれ考えるのも楽しい。

G-LOGのアイデンティティともいえる大型のベラン ダ空間「NIDO」。大口径のオープンサッシュを開け放てば、家の内と外が繋がる、さらに大きな空間に早変わり。アナタならどう使う?
こんなアウトドアで読書するのも最高だ

G-LOGをさらに知る

3.COUNTRY LOG|土間空間を自分仕様に作り上げたい!

アメリカのカントリーサイドに建っていそうなデザインで人気のモデル、「COUNTRY LOG」。エントランスを入ると、そこに広がるのは大きな土間空間。木に囲まれたこの土間空間を趣味に使う人も多く、アウトドアギアのメンテや自転車の整備、ヨガに使うのもいいかも。

大きな土間空間と吹き抜けで、実際以上に広く感じるCOUNTRY LOGの室内
冬になれば、薪ストーブが家の中を優しく暖めてくれる

COUNTRY LOGをさらに知る

4.WONDER DEVICE|大きな窓から日光が降り注いで気持ちいい!

BESSのラインナップの中でも、最も遊び心に溢れたモデルがこの「WONDER DEVICE」。ガルバリウムとウッドの織りなすスタイリッシュなデザインは、自然の中はもちろん、街中でもマッチする。リビングのオープンサッシュを開け放てば、リビングとウッドデッキが繋がり、大人数のパーティにも対応できる大きな空間が生まれる。ガレージ風に家の中を飾るもよし、落ち着いた雰囲気に仕上げるもよし。住み手のライフスタイルに応じて、どんなふうにでも作り上げられるのが魅力なのだ。

1階リビング。奥にはキッチンが設けられ、料理を作りながら、リビングの様子が一望できる。採光も十分で、室内も明るい
1階リビングの横には、もう一部屋完備。必要にして十分な広さで、趣味部屋や書斎、子供部屋としても活用できる。夢が広がる空間だ
こちらは2階リビング。十分な広さを持ち、使い方も自由自在だ。ハンモックを吊り下げて、のんびり昼寝を楽しむのも悪くない

WONDER DEVICEをさらに知る

【問い合わせ】
「住む」より「楽しむ」BESSの家
TEL03-3462-7000
http://www.bess.jp

●全国のBESS LOGWAYはこちら

●BESSについてもっと知るにはこちら

(出典/「Lightning 2022年6月号 Vol.338」)