子どもの成長とともに趣味に没頭できるアメリカンハウスを手に入れた!

アメリカの暮らしに憧れて、念願のアメリカンハウスを手に入れた中田さん。彼らの夢を実現したのは、GLホームだった。中田さんの暮らしぶりを見ながら、なぜGLホームを選んだのか、その理由を伺った。

映画やドラマで見たアメリカの家に憧れ、ラフ画にして持ち込んで実現した理想の我が家。

アメリカンハウスのようにシンメトリーのデザインとブルーグレーの自宅。手前には大きなガレージを置き、さらにプライベートの公園もDIYで制作

千葉県東部の内陸部。周辺には田畑が広がった、とてものどかな場所に突如アメリカンな雰囲気を醸し出している家がある。「すべては昔雑誌で見たアメリカ車から始まったんです」と話すのは、この家のオーナーである中田さん。映画やドラマに出てくるアメリカの家に憧れ、クルマいじりが大好きな彼が、どうしても建てたかったのがこの家だ。

家族が一番長時間過ごしているのがリビングスペース。ソファやローテーブルはクラッシュゲートで空間に合うものを購入した

「外観はシンメトリーで、オールドアメリカンな色。窓サッシも大きく開くタイプにして、カバードポーチは絶対に外せませんでした。住宅メーカーを探しているとき、自分の理想の家に近いものを手がけているGLホームが近隣にあったんです。自分が思い描く家をラフ画にして持ち込みました(笑)。最後まで僕たちの意見を聞いてくれ、この家が完成したんです」

入り口のフェンスや庭に植えられた大きなパームツリーは、ザルゲートガーデンで購入。カリフォルニアスタイルの住宅空間が完璧に再現されている。夜のライトアップもこだわりのポイントなのだとか

クルマの他にもDIYや釣り、BBQなど多趣味であるため、それを楽しむための道具やスペースにもかなりこだわった。奥さまは、リゾート地に行きたいと思わなくなったという。それは日常的にリラックスできて癒やしの空間がここにあるから。中田さん家族にとってかけがいのないものを手に入れたようだ。

カバードポーチは家づくりにおいての夢だったと中田さん。ここでのんびりと日光浴するのも気持ちがよさそうだ
DIYを趣味とする中田さんは、欲しいと思ったものはたいてい作ってしまう。 こちらはお手製のBBQ台。庭でのBBQタイムのクオリティが格段にアップ!
こちらは室外機カバー。木枠にペイントを施し、さらにステンシルで装飾。ナイスアイデア!
右が中田さんプロデュースのトイレ(2階)。左が奥さまがプロデュース(1階)。こうしてそれぞれの好みをトイレで発揮できるのも、注文住宅ならではであろう

GLホームの実例集をプレゼント

建築条件付き分譲地「ザ・パームテラス息栖」が誕生!

詳しくはhttps://www.glhome.lixil-jk.co.jp/palmterrace/をチェック。

【問い合わせ】
GLホーム
https://www.glhome.lixil-jk.co.jp

(出典/「Lightning 2022年5月号 Vol.337」)