“履くこと”だけが価値ではない! 加水分解しても欲しいスニーカーとは。

  • 2022.05.15
  •              

ハイテクスニーカーの宿命である加水分解。ソールなどに使われているポリウレタンやEVA素材が、空気中の水分で化学反応を起こし、劣化してしまう現象だ。そんな悲しい現象に多くのスニーカーファンたちが落胆してきたが、近年スニーカーブームで一部の光明が見えたかもしれない。捨てるのでなく飾る。これは新たなサスティナブルか!?

「スキット」代表・鎌本勝茂さん

1978年生まれ。青森県出身。学生時代にバスケットボールを始めたことでスニーカーに興味を持つ。18歳で上京し、22歳の若さでスニーカーショップ『SKIT』をオープンした。

リペアパーツとして活用する人もいる!

ヴァルカナイズ製法のローテクスニーカーから、機能性を求めて、各スポーツシューズメーカーは最先端のテクノロジーを駆使してハイテク化していった。競技で使うには機能性や耐久性は大きく向上したが、ファッション目線だと加水分解という問題に直面する。

こちらはオリジナルでなく、2000年頃のエアジョーダン6の復刻。デッドストックであったが、加水分解でバラバラになってしまった

スニーカーファンであれば、誰もが経験したことがあると思うが、ソールなどに使われているポリウレタンやEVA素材が、空気中の水分で化学反応を起こし、劣化してしまうのだ。メーカーそれぞれで見解は異なるが、早ければ3~5年程度で加水分解が起きてしまうと言われている。捨てる以外の選択肢はないと思っていたが、ここ数年で変化があったとスニーカー専門店スキットの鎌本さんは語る。

「一部のコアなファンの間では、加水分解してしまったスニーカーを飾ったり、SNSで紹介したり、リペアする際のパーツ取りとして密かに需要があるんです。その中でも人気なのが、これまで復刻されていないモデル。しばらく復刻されていないモデルも人気が高く、すぐに売れしまいます。当初は30~40代の方々が多かったのですが、リアルタイムで知らない若い世代の方にも人気が高まってます」

このように様々なモデルでソールユニットを共有していたため、リペアする際のパーツとして買っていく人もいるというから驚きだ

履けないけれど飾りたい、未復刻モデル6選。

1.ナイキ/エアマックス95

今も定期的に復刻されているエアマックス95だが、このオリジナルカラーはしばらく再販されていないため、人気を呼んでいるそう

2.ナイキ/エアズームサイズミック

1999年にナイキアルファプロジェクトからリリースされたナイキ・エアズームサイズミックはいままで復刻されていない。これは日本企画の色

3.ナイキ/エアジョーダン

一見、きれいなデッドストックかと思いきや、ソールに亀裂が入っているのでアウト。ただジョーダンシリーズは人気が高い。1999年の復刻

4.ナイキ/エアバースト

少し前のダッズスニーカーブームにピッタリなナイキ・エアバースト。フットロッカー企画のため、これまで復刻されたことがない

5.ナイキ/エアフォースⅢ

こちらもデッドストックだが、ソールがダメになってしまったナイキ・エアフォースⅢ。1988年に発売され、これは2005年の復刻モデル

6.ニューバランス/996

ニューバランスの名作996。品番によってはメーカーでリペアすることができるため、修理前提で購入するユーザーが非常に多いそうだ

【DATA】
スニーカーショップスキット吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-18-1 D-ASSET吉祥寺1F
TEL0422-47-6671
営業/11:00〜20:00

(出典/「Lightning2022年3月号 Vol.335」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア