“履くこと”だけが価値ではない! 加水分解しても欲しいスニーカーとは。

ハイテクスニーカーの宿命である加水分解。ソールなどに使われているポリウレタンやEVA素材が、空気中の水分で化学反応を起こし、劣化してしまう現象だ。そんな悲しい現象に多くのスニーカーファンたちが落胆してきたが、近年スニーカーブームで一部の光明が見えたかもしれない。捨てるのでなく飾る。これは新たなサスティナブルか!?

「スキット」代表・鎌本勝茂さん

1978年生まれ。青森県出身。学生時代にバスケットボールを始めたことでスニーカーに興味を持つ。18歳で上京し、22歳の若さでスニーカーショップ『SKIT』をオープンした。

リペアパーツとして活用する人もいる!

ヴァルカナイズ製法のローテクスニーカーから、機能性を求めて、各スポーツシューズメーカーは最先端のテクノロジーを駆使してハイテク化していった。競技で使うには機能性や耐久性は大きく向上したが、ファッション目線だと加水分解という問題に直面する。

こちらはオリジナルでなく、2000年頃のエアジョーダン6の復刻。デッドストックであったが、加水分解でバラバラになってしまった

スニーカーファンであれば、誰もが経験したことがあると思うが、ソールなどに使われているポリウレタンやEVA素材が、空気中の水分で化学反応を起こし、劣化してしまうのだ。メーカーそれぞれで見解は異なるが、早ければ3~5年程度で加水分解が起きてしまうと言われている。捨てる以外の選択肢はないと思っていたが、ここ数年で変化があったとスニーカー専門店スキットの鎌本さんは語る。

「一部のコアなファンの間では、加水分解してしまったスニーカーを飾ったり、SNSで紹介したり、リペアする際のパーツ取りとして密かに需要があるんです。その中でも人気なのが、これまで復刻されていないモデル。しばらく復刻されていないモデルも人気が高く、すぐに売れしまいます。当初は30~40代の方々が多かったのですが、リアルタイムで知らない若い世代の方にも人気が高まってます」

このように様々なモデルでソールユニットを共有していたため、リペアする際のパーツとして買っていく人もいるというから驚きだ

履けないけれど飾りたい、未復刻モデル6選。

1.ナイキ/エアマックス95

今も定期的に復刻されているエアマックス95だが、このオリジナルカラーはしばらく再販されていないため、人気を呼んでいるそう

2.ナイキ/エアズームサイズミック

1999年にナイキアルファプロジェクトからリリースされたナイキ・エアズームサイズミックはいままで復刻されていない。これは日本企画の色

3.ナイキ/エアジョーダン

一見、きれいなデッドストックかと思いきや、ソールに亀裂が入っているのでアウト。ただジョーダンシリーズは人気が高い。1999年の復刻

4.ナイキ/エアバースト

少し前のダッズスニーカーブームにピッタリなナイキ・エアバースト。フットロッカー企画のため、これまで復刻されたことがない

5.ナイキ/エアフォースⅢ

こちらもデッドストックだが、ソールがダメになってしまったナイキ・エアフォースⅢ。1988年に発売され、これは2005年の復刻モデル

6.ニューバランス/996

ニューバランスの名作996。品番によってはメーカーでリペアすることができるため、修理前提で購入するユーザーが非常に多いそうだ

【DATA】
スニーカーショップスキット吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-18-1 D-ASSET吉祥寺1F
TEL0422-47-6671
営業/11:00〜20:00

(出典/「Lightning2022年3月号 Vol.335」)