iPhone13 Proのカメラ性能を楽しみたい! そんな貴方にBEASTGRIPの映像撮影用レンズマウント&カメラリグ。

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介!

今回は、「iPhoneも新調したので、何かにつけていろんなものを撮影。特にマクロ撮影が面白い。飼い猫の顔をドアップで撮影すると、なかなか不思議な写真が撮れます」という、編集部きってのストリートカルチャー通・ADちゃんがお届け!

BEASTGRIPの映像撮影用レンズマウント&カメラリグ

ビーストグリップは、2012年にアメリカ・イリノイ州シカゴにて設立された、ス
マートフォンなどモバイル端末向けの撮影用品メーカー。国内での実売価格は
1万9800円前後で入手可能。

先月発売されたiPhone13 Pro MAXに変えました(笑)。いままでiPhone XS Maxを使ってきた身としては、世間の評判通り新機種の性能アップは凄かった。

今までの機種だと普通に使っていると、朝の時点でバッテリー充電が100%でも、夜には残量20%を切るぐらいだった。でも最新機種はいつも通り使っても、夜の時点でバッテリー残量が80%も残っていることもしばしば。もうモバイルバッテリーなんて必要ないじゃんよ!

でね、もっと良かったのがカメラ性能。iPhone13 ProのTVCMでも謳っているように動画のシネマティックモードが面白い。もちろんスチル写真だって美しく撮れちゃいます。

そんなカメラ性能をもっと楽しむべく、今回入手したのがビーストグリップというカメラリグ。iPhone13 ProのTVCMでも使っている奴です。まるで外骨格フレームみたいで、思わず心躍っちゃいました。

このカメラリグを装着すると、両手で持ったときの安定感が半端じゃありません。そしてライトやマイク、スタンドなどのカメラ・ムービー機材が簡単に装着できるので、撮影が捗ります。

でもそれだったら一眼レフカメラを買えって話になるんだけど、編集者としていつもプロのカメラマンさんのお仕事を見ていると、私如きの撮影の腕前では手を出してはいけないシロモノって思っているので。

だから私の腕前をカバーしてくれるiPhone13 Proのカメラ性能が最高なんです。で、調子に乗っていろいろ周辺機器を買いだす沼に片足突っ込み中(笑)。

調子に乗って日本未発売のカメラグリップを米国ビーストグリップから輸入。やっぱりブランドを統一して使いたいじゃん(笑)
iPhone13 ProのTVCMのように、シンプルなスタイルでも使用可能。
本体を落とさぬよう、パラコードでハンドストラップを自作しました

外骨格フレームは、モジュール式デザインなので、簡単な三脚からフル装備まで幅広く対応。可動式クランプでスマホサイズも選ばない

【問い合わせ】
BEASTGRIP
https://beastgrip.com

(出典/「Lightning 2021年12月号 Vol.332」)