【遊びの達人たちに学ぶギア選び⑤モーターサイクルトライアル】自然を制する3Dスポーツ。

  • 2022.10.21 2022.03.26
  •              

例え遊びでも道具選びに気を抜きたくはない。かといって高価なものを選べばいいというわけでもない。使いやすく、どこかに自分なりのこだわりを持った特別な道具。そんな愛用のギアを、プロレベルの趣味の達人たちに見せてもらった。

「バディオート/スターディ ラゲッジ サプライ」代表・水野大册さん

31歳の時よりトライアルをはじめ、現在、MFJトライアル国際B級ライセンスを保持。2021年より自身がオーガナイズするレースチーム「BUDDYトライアルクラブ」を発足させ、トライアルに関するイベントやレースをプロデュースしている。

気に入ったモノに囲まれながら楽しむトライアル。

31歳の時にトライアルをはじめ、その魅力に憑りつかれたという水野大册さん。全日本選手権は年に7回開催され、精力的に参戦している。「乗り物で障害物を乗り越えたり、飛び降りたりする。こんなモータースポーツ、他にないですよ」

「通常モータースポーツというと、サーキットを走ったりという2次元の動きが多いですが、トライアルは、それに上下が加わる3次元なんです。だからこそ面白い」

ジープ・ワゴニア専門店「バディオート」や、バッグブランド「スターディ ラゲッジ サプライ」を手掛ける水野大册さんが、トライアルの世界に足を踏み入れたのは、17年前、31歳の時。知り合いのカーショップのガレージにトライアルバイクが置いてあり、誘われたのがきっかけだった。トライアルとは、岩場などの自然を利用したセクションを、専用バイクに乗って足をつかずにクリアしていく、ヨーロッパ発祥のモータースポーツ。水野さんが話すように、足場の悪い状況下で上下の動きが加わるため、絶妙なバランス感覚が必要となる。

自然の地形を利用した「セクション」と呼ばれる競技区間を、いかに上手に走れるかを減点方式で競うトライアル。正確なマシンコントロールと、バランス感が要求される

現在、MFJトライアル国際B級ライセンスを持つ腕前の水野さん。試合に勝つために、バイクやブーツなど、専用のタフなギアを使うのは当然だが、彼のモノ選びの哲学は、実はもっとほかのところにある。

「ストイックに勝ちにこだわるのもいいですが、僕はトライアルをもっと大きな遊びとして捉えたい。全国各地で開催される全日本選手権に出場する時は、いつもBCバーノンというモーターホームにバイクを積んでいきます。そうしたスタイルも含めて、気に入ったモノにいつも囲まれていたい。それが僕の遊び方だし、このスタイルを、もっと広めていきたいですね」

トライアルをもっと楽しくする、水野さんが選んだ周辺アイテム【厳選5】

1.B.C.バーノンのモーターホーム

全国各地で開催される全日本選手権に参戦する時は、いつも19ftのB.C.バーノンにバイクを積んでいく。ここがパドックであり、ホテルでもあるのだ。B.C.バーノンはカナダ製ながら、日本の道路事情に合ったサイズが魅力。「4月に九州に遠征した時は、2週間ほど旅をしました。モーターホームを使ったこうした楽しみ方も、僕にとってトライアルの魅力なんです」

2.Airohのヘルメット

スペインのアイロ—社製のトライアル専用ヘルメット。軽量で視野を広く確保しているほか、オブザーバーの声が聞こえるよう、周囲の音がよく聞こえるよう設計されている。

3.GAERNE(左)/ALPINESTARS(右)のブーツ

スターディで革を扱う水野さんだけに、オイルドレザーのトライアルブーツを使用。ステップの上でバランスをとるため、ヒールがなく、底がフラットなのが特徴だ。

4.CASIOのGショック

トライアルではタイムコントロールも非常に重要。そのためタフで視認性も高いGショックのガルフマンを使用。水野さんはサーフィンもやるため、タイドグラフも重宝する。

5.MarshallのBluetoothスピーカー

レース前夜などリラックスしたい時には、音楽は欠かせない。このマーシャルのスピーカーからお気に入りの曲を流し、モーターホームでゆったりとした時間を過ごす。

(出典/「Ligthning2021年9月号Vol.329」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア