玄関を空けたら、そこはショップ? 膨大なトイコレクションが収まったガレージハウス。

本来ならバイクなどを収納するためのガレージスペースだが、そこをコレクションルームとして活用しているオーナーがいる。TOYコレクターが羨む、1階がガレージで2階が住居というスタイルのガレージハウスの内部を紹介しよう! もやはこれはお店と言っても過言ではない充実ぶりだ。

オーナー/野沢優輝さん

小学4年生の時にゴジラの限定ソフビを抽選で入手したのがコレクションを始めるキッカケだったと語る若手コレクター。

ガレージハウスの中に広がる膨大なトイコレクション。

ここは東京の中野ブロードウェイのホビーショップ……ではなく、個人のコレクション部屋。この部屋の主である野沢さんは、増え続けるコレクションを保管するためガレージハウスに引っ越しを決意。大家はバイクガレージとして使われることを想定していたようだが、野沢さんは写真のように、まるでショップと見まがうようなギャラリーを完成させた。

この空間で野沢さんが収集しているのはゴジラとスターウォーズ。

「ゴジラのフィギュアは同じ作品でもメーカーによって千差万別で、リアル系・レトロ系・玩具系とあり、どれも違った魅力があります。スターウォーズは主要人物だけでなく、通行人レベルのキャラクターまで平等にグッズ展開されていてるところです。グッズでキャラの名前を知るなんてこともあります」

約800点のゴジラ系フィギュア&グッズを陳列。パッケージを開けて飾るのが野沢流のコレクションスタイル。様々なゴジラがズラリと並ぶ様はとにかく圧巻!
ゴジラの向かい側はスターウォーズのコレクション。約1200点のアイテムを並べる。黒いガラス扉のショーケースはイケアで購入したもの

現在、1階をコレクションルーム、2階をリビングとダイニング、そして地下1階をホームシアターとして使用している。

地下室はホームシアターとして使用。プロジェクターで壁に映像を投影し、大画面で楽しんでいる

「専有面積(40.62㎡)が広く、間仕切りが少ないので、自分好みにカスタマイズできる点が気に入っています。イマイチなのはベランダがないことくらいですね」

すでにコレクションスペースは埋まりつつあるが、今後はどのように収納していくのかを最後に聞いた。

「そろそろコレクションのみのセカンドハウスを検討しなければならないのかなぁと思ったりしています(笑)」

1階を丸々コレクションギャラリーに。コレクションの一部を拝見!

DIYで製作したゴジラ用のディスプレイラック。人型のフィギュアと違い、尻尾の部分が壁に当たってしまうため、左写真のように壁と棚の間に隙間を開けているのがポイント。

野沢さんが好きなキャラのひとつがメカゴジラ。

「ゴジラより強い怪獣は結局ゴジラという発想・設定に惹かれます」

トイショップで「店頭に出していないものもあるけど見る?」といわれ、その中に偶然混ざっていたマーミットのイベント限定デスゴジ。見つけた瞬間、手が震えたという。

ブリスターパックを開けずにコレクションしているものは、トイショップ風にフックに引っ掛けて並べている。このラックも野沢さんのDIYによるものでサイズもピッタリだが、そろそろ収納できるキャパがオーバーしそうな雰囲気……。

スターウォーズのヴィンテージトイの定番、ケナーのフィギュア。

野沢さんは和物の収集にも力を入れている。これは明治チョコレートの当時物のオマケシール。まだコンプリートできていないので、コツコツと収集中。

(出典/「Lightning 2021年9月号 Vol.329」)