街乗り最強! いま買うべき原付2種はこの2台だ!!

  • 2022.05.29
  •              

いま小排気量のバイクが再評価されている。ビギナーにやさしいのはもちろんのこと、ベテランなら思いっきりエンジンを回せるという小さいバイクならではの楽しみ方もあるのだ。今回は、まさにそんな楽しみ方ができる2台を紹介しよう。

ファッション性も求めたい人におすすめの、原付2種を紹介!

コロナ禍で密になることが避けられている昨今、バイクが再び注目を集めている。特に維持費も安く、気軽に乗れることから原付2種が大人気だ。通勤やちょっとした移動にも使え、タンデムだって可能とする。だからこそリターンライダーや女性といったビギナーにこそオススメしたい。もちろん中型以上の車両を持っている人のセカンドバイクとしても使えるため、いま最も熱いジャンルのひとつといってもいいだろう。

ただし原付2種のカテゴリーはスクーターなどデイリーユースな車両も多く、ファッション性を求めたい人にはちょっと物足りないのも事実。そんな人のためにライトニングが厳選した2台の原付二種を紹介しよう。

まずはスウェーデンを発祥とする「ハスクバーナ・モーターサイクルズ」のスヴァルトピレン。スポーティなスタイルとデザイン性に富んだ外装が美しく、見るからに走りに特化した佇まいだが、実はスクランブラーに近い位置付け。

もう一台は英国発の気鋭バイクブランド「マット」のヒルツ。ハスクバーナ・モーターサイクルズとは対象的なクラシカルなスクランブラースタイルで、既にカスタムされたようなルックスは万人に受けるストリートバイクだ。

1.Husqvarna Motorcycles Svartpilen125|全てを使い切れる楽しさが味わえる新解釈スクランブラー。

正直125のバイクと思ってタカを括っていたが、こんな面白い125は初めてだった。シフトアップで高回転を維持する感覚は、なんだか2ストロークを彷彿させる乗り味。ただエンジンパワーが小さいからこそ楽しめるのも魅力で、軽量な車体と剛性感のあるボディだけに、コーナリングでいつもより車体を寝かせても怖くない。もちろん高品質なサスペンションやブレーキが装着しているからこそ安心して走れるというわけだ。そのため普段より“乗れてる感” が味わえるのがこのバイクの最大の魅力である。

Svartpilen125の細部をチェック!

シンプルながらデザイン性の高いLEDヘッドライト。北欧らしい機能美に溢れた移しいデザインが至るところに散りばめられる。

特徴的なタンク形状でトップにはキャリアベースも付く。タンクバッグの装着も容易なのでツーリングにももってこい。

エンジンは15馬力で1万回転まで引っ張れる高回転型。ミッションは6速もあるためスポーティな走りが楽しめる。

信頼性の高いWP製のサスを前後に装着。ブレーキはブレンボが小排気量向けに展開するBYBRE製を装着している。

【スペック】

  • シート高:835mm
  • 車両重量:146kg(燃料除く)
  • 排気量:125cc
  • 最高出力:11 kW(15PS)/9,500rpm
  • 最大トルク:12Nm/7,500rpm
  • 価格:56 万9000 円〜

【問い合わせ】
ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン 
https://www.husqvarna-motorcycles.com

2.MUTT MOTORCYCLES HILTS 125 GREEN|王道のスクランブラーを地で行く最もクールな4ミニバイク。

マットモーターサイクルズは2016年に英国で創業したばかりの気鋭バイクメーカー。そのラインナップも面白く125ccと250ccのエンジンを使いレトロかつストリート感あふれるスタイリングの車種を展開。

今回紹介するヒルツ125は映画『大脱走』に着想を得たデザインで、純正ながらカスタムが施したかのようなルックスが魅力。他ラインナップに比べても土の匂いが強めのスクランブラーなのだ。わずか約100キロの軽い車体は125ccのエンジン特性を最大限に発揮。まさに街中を駆け抜けるために生まれたバイクと言えるだろう。

HILTS 125 GREENの細部をチェック!

ヘッドライトはメッシュガードを装備しオフロード感を強調している。ヘビーデューティな装備が男心をくすぐるポイントだ。

味わい深い質感のタックロールシートもヒルツの純正装備。もはやカスタムするとこがないぐらい完成度は高い。

ブラックに塗装された125ccの単気筒エンジン。トコトコっと小さく感じる鼓動感を楽しみながら乗りたいコンパクトなスクランブラーだ。

大粒のブロックタイヤを履かせたフロント周り。また安全なコンビブレーキを採用した初心者にも嬉しい装備だ。

【スペック】

  • 全長:1950mm
  • 全幅:790mm
  • 全高:1050m
  • シート高:790mm
  • 車両重量:105kg
  • 排気量:124cc
  • 最高出力:12hp
  • 最大トルク:10Nm
  • 価格:57 万2000 円

同じスクランブラーでも全く個性が異なる車両だが、バイクの楽しさが詰まっていてライトニングとしても自身を持って太鼓判を押せるこの2台。ストリートでも少ないため、今のうちに押さえておきたいバイクである。

【問い合わせ】
MUTT TOKYO ショールーム
TEL03-5941-7444
http://www.muttmotorcycles.jp

(出典/「Ligthning 2021年8月号Vol.328」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア