経年変化も楽しめる、超長綿の着心地サイコーなTシャツ。

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 

今回は、最近はちょっと大きめサイズが気分なので、昔から所有していたヴィンテージのTシャツはほぼ壊滅状態……(泣)という、編集部随一の古着の知識を誇るランボルギーニ三浦がお届け!

東大阪繊維研究所 HOFI-007 歯車プリントTシャツ

私は、自分が取材したものは、なるべく買うようにしている。それは、記事を紹介する以上、自分でもそれを体感、実感しておきたいと思うからだ。だから、以前Tシャツ特集でお邪魔した、東大阪にあるエップヤーンのオリジナルブランド、東大阪繊維研究所(HOFI)のTシャツも当然購入した。

どんな風に仕上がっていくのか。これからガンガン着用するのが楽しみだ。 9350円

私のようにヴィンテージプロダクツを軸にしてきた者にとって、洗うと縮んで斜行するTシャツは、至って当たり前のもの。その歪みはむしろ“味”として前向きにとらえている。しかし、一般的に良いTシャツとは、縮まず斜行しないもの。いかに経年変化しないか、それが重要だ。

そこでこのHOFIのTシャツはというと、経年変化して抜群の風合いになるのに、ほぼ縮まず全く斜行もしないという。しかも肉厚なのに超長綿を使い、抜群の着心地も担保したというのだからビックリだ。私たちの価値観と、一般的に良いTシャツの条件がミックスした、まさに“全部盛り”状態。これは試してみない手はない。

さらに、個人的に惹かれたのが、胸にある歯車のプリント。これは、エップヤーンの筒井社長が自社の撚糸機で使っている歯車を描き、それをシルクスクリーンでハンドプリントしたもの。実は筒井社長は、芸大に合格したほどの腕の持ち主で、他に自身で描いたウルトラマンのイラストを使い、円谷プロダクション公認のTシャツも展開しているというから驚かされる。

左袖にネームラベルが付いているのだが、私はこれを取り外して着用中。この歯車の絵がキャッチーなので、必ず「どこのTシャツ?」と聞かれるのだが、これがまた面白いのである。

霜降りとは異なる独特のミックス感が 特徴。デニムをイメージして紡績段階からこだわり、それを撚糸にして編み上げることで実現させた
この繊細なイラストを見ていただきた い。う〜ん、イイ! さりげなくプリン トの中にある「epp」は会社名であるエップヤーンのことだ
着用するとこんな感じ。174cm・ 72kgでサイズLを着用。この撮影の後、 袖のネームラベルは取り外した。私はクルマ の様々なエンブレムも外すタイプ。一見何かわからない。その状態が好きなのだ

【問い合わせ】
エップヤーン
TEL072-968-8615
https://www.eppyarn.co.jp

(出典/「Lightning 2021年8月号 Vol.328」)