ファーストアローズ直伝! 自分で作るペンダントカスタム講座。

シルバーアクセサリーの楽しさは、ファッションとして着けて楽しむだけじゃない。いろんなモチーフを組み合わせたり、ビーズをあしらったりヒモを変えたりと、シルバーアクセを自分仕様に作り上げる“カスタム”も、シルバーの魅力のひとつだ。

そこで、人気シルバーアクセサリーブランド「ファーストアローズ」による、誰でも簡単にできる“ペンダントカスタム”のハウツーを伝授する。いろいろチャレンジして、世界に一つだけのシルバーアクセサリーを作り上げてほしい。

用意するモノ。

今回挑戦するのは、フェザー2つとメディスンホイール、ビーズを組み合わせた、比較的スタンダードな革ヒモ仕様のペンダント。

さっそくカスタムスタート!

1.革ヒモを切る。

まずは革ヒモを25㎝と90㎝くらいに2つに切る。その際、ビーズを入れやすくするため両端を鋭角にカットする。通常は革切包丁でカットするが、もちろん家庭用のハサミで切っても問題なし。

こんな形にカットしよう

2.まずは、メディスンホイールから。

短い方のヒモの両側を、写真のようにメディスンホイールの後ろから、上部の穴に通す。

この状態にしよう

3.次に大きいフェザーを通す。

メディスンホイールの穴に通したら、メインとなる大きい方のフェザーを革ヒモに通す。

4.続いて小さなフェザーを通していく。

今度は小さい方のフェザーも通していく。3つのアイテムが並んで、だんだんカスタムっぽくなってきたでしょ?

5.もう一方の革ヒモにも通す。

フェザーを通していないヒモの逆側も2つのフェザーに通す。だんだん複雑になっていくけど、落ち着いてやれば怖くない!

この状態になればOK!

6.たるみをなくす。

5の状態から、ヒモをギューッと締めていく。たるみがあると、この後の工程がやりにくくなるのでちゃんと締めよう。

7.メディスンホイールの下の穴に通す。

メディスンホイールの下の穴(この段階ではまだ何も通ってない)に、前からそれぞれ入れていく。

8.たるみをなくす。

ヒモをギュッと締めて、たるみをなくしていく。写真は後ろから見た図。メディスンホイールの下の穴に前から入れたのが、この写真だとよくわかる。

9.固結びする。

ちゃんとたるみなく締めたら、解けないようにしっかり固結びを作る。

このくらいギュッとね。

10.ビーズを通していく。

ヒモの両端からビーズを入れていく。今回は王道の赤・銀・赤の3つで飾ることに。アナタならどんなふうに飾る?

11.バランスを見てビーズの位置を決める。

それぞれの側に3つのビーズを入れ、こんな感じに。カッコよく見せるポイントは、「フェザーの先端くらいの位置にビーズを置くこと」。

12.ビーズを固定する。

セットしたビーズが落ちないよう、革ヒモを結んでおく左右のバランスを見て、ビーズの位置が左右均等かもチェック。

13.余分な部分を切る。

自分の好みに合わせて、革ヒモの余剰分を切る。この際、あんまり切り過ぎて、ヒモの端がビーズぎりぎりになってしまうとカッコ悪いので注意。

これぞシルバーだけど黄金バランス。

14.長いヒモを通していく。

次は、長いヒモの一方をメディスンホイールの上部の穴(どちらでもいいが今回は右上の穴に通した)に、後ろから通す。

15.大きなフェザーに革ヒモを通す。

メディスンホイール上部の穴に後ろから通したヒモを、大きなフェザーに通していく。

16.メディスンホイールにも通す。

大きなフェザーに通したら、メディスンホイールのもう一方の上部の穴(今回は左上)に前から通す。

17.完成・・・?

完成……と言いたいところだが、何か物足りない感じ。もうちょいビーズで飾りたい。

18.ビーズを追加してみよう。

メディスンホイールの上を飾るようビーズを通してみた。下のビーズとのバランスもよくいい感じ。

かなり印象が変わってみえる。

19.“留め” 用ビーズを付ける。

アジャスター代わりの“留め” 用ビーズを付ける。革ヒモ2本を通すので大きめなビーズを使用する。

20.ビーズで飾り付け。

留めのビーズの後ろも、ビーズで飾り付け。ヒモからビーズが落ちないようそれぞれ縛っておく。

全体のバランスもよく、カッコよく仕上がった。

完成!!

どうですか、この完成度! シンプルながらビーズのおかげでゴージャスな感じに。慣れれば簡単にできるので、是非自分好みのアクセを作ってみてほしい。

(出典/別冊Lightning Vol.193「TOKYOシルバー」